生涯学習部門

 学生時代より医師は、“一生勉強し続けなければならない。”と言われ、このことは実際に医療現場に立った現在でも強く実感しているところです。それではどういったことが勉強したいかを考えると、それぞれの置かれた立場によって異なるものと思いますが、大きく分けると知識、技能、態度といった医学部教育の基礎を更に発展させたもの、とくに最新の試みといったものにわけられるものと思います。その中で知識は各種学会、医師会主催の講演会、各種研究会などを通して、更にはITを利用しても医療情報が簡単に手に入る環境になっています。態度についても同様のツールを用いて情報は得られやすく成っております。しかしながら技能の習得に関しては、いくつかの学会で行なわれていますが、機会は多くありません。
 そこで生涯学習部門では、皆様の要望に添うような情報の提供のみならず技能の習得あるいはブラッシュアップする機会を広げ広げていきたいと考えています。

稲葉 宗通(埼玉医科大学病院 内分泌・糖尿病内科)
杉山  聰(埼玉医科大学総合医療センター 高度救命救急センター)
伊藤 彰紀(埼玉医科大学病院 神経耳科)
浅川 典子(埼玉医科大学 保健医療学部 看護学科)
鈴木 將夫(ゆずの木台クリニック)

稲葉宗通

部門長 稲葉 宗通