受験生の方へ

学校推薦型選抜出願資格・書類

2023年度(令和5年度)学校推薦型選抜の出願資格は以下の通りです。

指定校枠

a.本学医学部が指定する高等学校又は中等教育学校(指定校)の在校生若しくは卒業生で、次の条件を満たし、かつ学校長から推薦された者

  1. 2022 年3 月卒業又は2023 年3 月卒業見込みの者
  2. 全体の学習成績の状況が3.8 以上で、数学・理科・外国語の学習成績の状況がそれぞれ3.8 以上の者。ただし、2023 年3 月卒業見込みの者については、高等学校又は中等教育学校の最終学年1学期までの学習成績の状況を用いる。
  3. 合格した場合に入学を確約できる者(合格した場合に入学を辞退することはできません)

b.学校長が推薦できる人数は4 名までとする。

一般公募枠

a.高等学校又は中等教育学校の在校生若しくは卒業生で、次の条件を満たし、かつ学校長から推薦された者

  1. 2022 年3 月卒業又は2023 年3 月卒業見込みの者
  2. 全体の学習成績の状況が4.0 以上で、数学・理科・外国語の学習成績の状況がそれぞれ4.0 以上の者。ただし、2023 年3 月卒業見込みの者については、高等学校又は中等教育学校の最終学年1学期までの学習成績の状況を用いる。
  3. 合格した場合に入学を確約できる者(合格した場合に入学を辞退することはできません)

b.学校長が推薦できる人数は2 名までとする。

埼玉県地域枠 ※

a.高等学校又は中等教育学校の在校生若しくは卒業生で、次の条件を満たし、かつ学校長から推薦された者

  1. 2022 年3 月卒業又は2023 年3 月卒業見込みの者
  2. 全体の学習成績の状況が4.0 以上で、数学・理科・外国語の学習成績の状況がそれぞれ4.0 以上の者。指定校出身者については、全体の学習成績の状況が3.8 以上で、数学・理科・外国語の学習成績の状況がそれぞれ3.8 以上 の者。ただし、2023 年3 月卒業見込みの者については、高等学校又は中等教育学校の最終学年1 学期までの学習成績の状況を用いる。
  3. 合格した場合に入学を確約できる者(合格した場合に入学を辞退することはできません)

b.学校長が推薦できる人数は2 名とする。ただし、指定校の学校長は4 名まで推薦できるものとする。

c.「埼玉県地域枠医学生奨学金」の貸与を受け、卒業後、埼玉県並びに本学が指定する医療機関又は特定診療科に医師として勤務することが誓約できる者

詳細は募集要項「奨学金制度と特待生制度」をご覧ください。
※臨時定員増(地域枠19名)を文部科学省へ認可申請予定

特別枠

a.高等学校又は中等教育学校の在校生若しくは卒業生で、次の条件を満たし、かつ学校長から推薦された者

  1. 2022 年3 月卒業又は2023 年3 月卒業見込みの者
  2. 英語資格検定試験の好成績取得者【英検1級、TOEFL(ITP・PBT)600 以上、TOEFL iBT 100 以上、TOEFL CBT 250 以上、TOEIC 900 以上、IELTS(アカデミック・モジュール) 7.0 以上など】、あるいは科学オリンピックなどに参加し好成績を収めた者【日本数学オリンピックの予選合格者、全国物理コンテスト(物理チャレンジ)の1次合格者、化学グランプリの1次合格者、日本情報オリンピックの予選合格者、日本生物学オリンピックの予選合格者、日本地学オリンピックの予選合格者、高校生科学技術チャレンジの入賞者、日本学生科学賞の入賞者】又はそれらと同等の入賞実績のある者
  3. 合格した場合に入学を確約できる者(合格した場合に入学を辞退することはできません)

b.学校長が推薦できる人数に制限は設けない。

2023年度(令和5年度) 学校推薦型選抜必要書類

【指定校枠・一般公募枠・特別枠】 推薦書・自己推薦文(PDF)

【埼玉県地域枠】 推薦書・自己推薦文・(参考)奨学金誓約書(PDF)
※ 中等教育学校・高等学校の先生方へ
  推薦書をパソコンで作成される場合には、推薦書(Word版)をご使用ください。

ページトップへ戻る