遺伝子治療部門
概要
研究概要
 

 ヒトゲノム全塩基配列が決定され、数多くの病因遺伝子が同定されるに伴い,ゲノム情報を利用した治療戦略の1つとして「遺伝子治療」が注目されるようになりました。さらに近年、染色体を自由に操作する「ゲノム編集」技術が開発され、遺伝子治療への応用が期待されています。私達は、アデノウイルスベクター上から全てのウイルス遺伝子を除いた、ヘルパー依存型アデノウイルスベクターを開発し、このベクターが単なる遺伝子導入だけでなくゲノム編集にも優れたベクターである事を示してきました。これらのベクター系を遺伝子治療と再生医療に広く応用するための基礎研究を行っています。

図1

 
図2
スタッフ
スタッフ
■教 授(部門長)  三谷 幸之介
■助 教  太田 尚志
■特任技術員  岩長 ゆずる
■特別協力研究員  清水 英明, 松島 勇紀
■特任研究補助員  松本 郁子
■共同研究員  田代 浄
テーマ
研究テーマ
1)ヒト多能性幹細胞における効率の高いゲノム編集法の開発
 

 ヒト多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)は、難病に対する再生医療への応用ならびに創薬のための薬剤スクリーニングに用いる細胞のソースとして注目されています。しかし、遺伝子導入、特に相同組換えによるノックアウト・ノックインが困難であり、研究を進める上での障害となっています。そこで、ヒトES/iPS細胞を用いて、アデノウイルス、アデノ随伴ウイルス、レンチウイルス等のベクターを用いた遺伝子発現法ならびにゲノム編集法の高効率化を検討しています。また、この研究の過程で、ヘルパー依存型アデノウイルスベクターを用いた場合に相同組換えの頻度が特に高いことが明らかになったので、その機構の解明を目指しています。

2)遺伝子修復を利用した造血系遺伝病の安全な治療法の開発
 

 重症複合免疫不全症に対するレトロウイルスベクターを用いた遺伝子治療において、治療効果の見られた患者の一部にベクターの癌遺伝子への挿入変異を原因とする白血病が発症し、大きな問題となりました。造血幹細胞を標的とした安全で安定した遺伝子治療を目指し、ファンコニ貧血やSCID-X1をモデルとして、ヒト造血細胞における効率の高いゲノム編集による遺伝子修復法の開発に取り組んでいます。

3)アデノウイルスの増殖特性の解析
 

 ヒトアデノウイルスは現在60種以上の血清型が同定され、塩基配列の類似性や臨床症状によって6つのグループに分類されます。その中では5型ウイルスが主な研究対象ですが、その他の血清型についての研究は遅れています。そこで、主に下痢症患患者より単離されたウイルス株を対象として、培養細胞におけるウイルス増殖機構の特性の解明を目指しています。

文献 主要文献
Yamamoto H, Ishimura M, Ochiai M, Takada H, Kusuhara K, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Mitani K, Hara T.BTK gene targeting by homologous recombination using a helper-dependent adenovirus/adeno-associated virus hybrid vector. Gene Ther. 23:205-13, (2016).
[PMID: 26280081]

Yoshida T, Ozawa Y, Suzuki K, Yuki K, Ohyama M, Akamatsu W, Matsuzaki Y, Shimmura S, Mitani K, Tsubota K, Okano H. The use of induced pluripotent stem cells to reveal pathogenic gene mutations and explore treatments for retinitis pigmentosa. Mol Brain (2014).
[PMID: 24935155]

Mitani K. Gene targeting in human-induced pluripotent stem cells with adenoviral vectors. Methods Mol Biol 1114:163-7, (2014).
[PMID: 24557902]

Matsushima Y, Shimizu H, Kano A, Nakajima E, Ishimaru Y, Dey SK, Watanabe Y, Adachi F, Mitani K, Fujimoto T, Phan TG, Ushijima H. Genome sequence of a novel virus of the species human adenovirus d associated with acute gastroenteritis. Genome Announc 1. pii: e00068-12, (2013).
[PMID: 23405334]

Umeda K, Suzuki K, Yamazoe T, Shiraki N, Higuchi Y, Tokieda K, Kume K, Mitani K, Kume S.Albumin gene targeting in human embryonic stem cells and induced pluripotent stem cells with helper-dependent adenoviral vector to monitor hepatic differentiation. Stem Cell Res 10:179-94, (2013).
[PMID: 23276698]
Matsushima Y, Shimizu H, Kano A, Nakajima E, Ishimaru Y, Dey SK, Watanabe Y, Adachi F, Suzuki K, Mitani K, Fujimoto T, Phan TG, Ushijima H.Novel human adenovirus strain, Bangladesh. merg Infect Dis 18:846-8, (2012).
[PMID: 22515955]
Aizawa E, Hirabayashi Y, Iwanaga Y, Suzuki K, Sakurai K, Shimoji M, Aiba K, Wada T, Tooi N, Kawase E, Suemori H, Nakatsuji N, Mitani K.Efficient and accurate homologous recombination in hESCs and hiPSCs using helper-dependent adenoviral vectors. MolTher 20:424-31, (2012).
[PMID: 22146343]
Mitsui K, Suzuki K, Aizawa E, Kawase E, Suemori H, Nakatsuji N, Mitani K.Gene targeting in human pluripotent stem cells with adeno-associated virus vectors. BiochemBiophys Res Commun 388:711-7, (2009).
[PMID: 19695233]
Paiboonsukwong K, Ohbayashi F, Shiiba H, Aizawa E, Yamashita T, Mitani K.Correction of mutant Fanconi anemia gene by homologous recombination in human hematopoietic cells using adeno-associated virus vector. J Gene Med 11:1012-9, (2009).
[PMID: 19653252]
Adachi K, Mitani K.Insufficient accumulation of viral late mRNAs restricts the replicative cycle of human adenovirus type 37 in A549 cells. Arch Virol 154:1401-7, (2009).
[PMID: 19609636]
Suzuki K, Mitsui K, Aizawa E, Hasegawa K, Kawase E, Yamagishi T, Shimizu Y, Suemori H, Nakatsuji N, Mitani K.Highly efficient transient gene expression and gene targeting in primate embryonic stem cells with helper-dependent adenoviral vectors. ProcNatlAcadSci U S A 105:13781-6, (2008).
[PMID: 18768795]
TOP > 遺伝子治療部門
TOPアクセスmail

 

英文