This Page
トップページ
診療センター
アレルギーセンター

診療部門のご案内

アレルギーセンター

診療内容・専門分野

「アレルギーセンター」では、地域のアレルギー性疾患の患者さんのニーズに応えるため、呼吸器内科と小児科を基盤に、皮膚科、耳鼻科外来と連携して、専門性の高いアレルギー診療を提供させていただきます。

主な診療範囲は、喘息、慢性咳、食物アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群、各種花粉症、小児アトピー性皮膚炎、運動誘発アナフィラキシー、ハチアレルギーなどです。各種の花粉症や喘息、慢性咳などの原因アレルゲンを、吸入性アレルゲンのプリック(皮膚)テストを用いて明らかとします。スギ花粉症、アトピー性喘息に対しての根本治療であるアレルゲン免疫療法や、各種のアナフィラキシーの決定打的治療であるエピネフリンの自己注射システム指導などの専門的医療サービスを、提供させていただきます。当センターで長期方針が決定できれば、かかりつけの先生などを上手にご活用していただくことが長期的には患者さんにとって有利ですし、地域の医療のかたちとしても健全ですので、ご紹介元になるべくお返しすることを推進いたしております。専門医の管理が必要な重症の患者さんや、特殊治療を必要とする場合などは、当センターで継続的に診療させていただきます。

なお、従来から皮膚科が診療してきた疾患、例えば、アトピー性皮膚炎や薬疹、金属アレルギーなどのみの場合は皮膚科に受診されてください。同様に、純粋な耳鼻疾患は、まず耳鼻科に受診されてくださいますよう、お願いいたします。

埼玉医科大学病院のアレルギー疾患診療システム
アレルギー診療の役割分担
重症喘息での気管支サーモプラスティー(温熱療法,気管支熱形成術)を始めました

 気管支喘息の治療は重症度別に行われています。慢性的に症状がみられ、呼吸機能が低い場合には高用量の吸入ステロイド薬を使用し、さらに長時間作用型吸入気管支拡張薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、徐放性テオフィリン薬、抗IgE抗体療法を併用します。これらの治療でも症状のコントロールが不良な重症持続型の喘息患者が数万人はいるといわれており,年間約2000人の患者さんが喘息で亡くなられています。 重症喘息患者さんの気道は炎症が持続した結果、健常人と比べても気管支平滑筋が非常に肥厚した状態にあります。



 その状態で発作が起こると肥厚した気管支平滑筋が収縮し、気道を閉塞してしまい、高度な呼吸不全をきたすことがあります。 気管支サーモプラスティー(Bronchial Thermoplasty: BT療法,気管支熱形成術)は気管支内視鏡を使って細いカテーテルを細くなった気管支にアプローチして、カテーテルの先端につけたバスケット型の電極から高周波エネルギーを発して約10秒間の熱をかけることにより、平滑筋量を減らす治療です。かける熱は約65度で平滑筋の量を減らす最適の温度にコントロールされています。気管支平滑筋の量が減ることで喘息発作が起こりにくくなります。



 重症喘息患者さんに対して行われた気管支サーモプラスティー(BT療法)の効果は、1年間で喘息症状の悪化による救急外来の受診が84%減少、喘息による仕事や学校、その他の日常生活の損失日数が66%減少し、日常生活の質(QOL)が79%改善したと報告されています1)。そしてこれらの効果が約5年間持続したことも明らかになっています2)。
 手技は3回に分けて肺の異なる部位の気道平滑筋を慎重に加熱し、肥厚した気道平滑筋を減少させます。気管支内視鏡を口から挿入して治療します。現行の薬物治療に追加して行われるもので、薬物治療に代わるものではありませんので、BT療法の治療後は継続的に喘息を管理させていただきます。
 気管支サーモプラスティー(BT療法)で最も一般的な有害事象は、咳嗽や喘鳴など呼吸器症状の一時的な悪化です。この事象は手技後1日以内に起こる場合が多く、適切な処置をすれば通常1週間以内に症状が消えると報告されています。当院では基本的に5泊6日の入院治療で行います。
 気管支サーモプラスティー(BT療法)は喘息の治療に関する十分な知識と経験のある呼吸器専門医もしくはアレルギー専門医が、有効性と安全性に関する十分な理解のもとに、治療の適応となるかどうかを適切に判断した上で行います。十分な治療を受けているにも関わらず、日々の生活の中で、常に喘息症状でお困りの患者さんはアレルギーセンター外来にまずご相談ください。

参考文献:
1) Castro M, et al. Am J Respir Crit Care Med. 2010; 181: 116-124.
2) Wechsler M et al. J Allergy Clin Immunol. 2013; 132: 1295-302.
図表:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社 製品説明資料より転載

ダニアレルギーやスギ花粉症のアレルゲン免疫療法を“急速療法”で行います

 喘息やアレルギー性鼻炎のもっとも重要な原因アレルゲンは室内塵のなかのダニです。これを徐々に注射してからだに免疫をつけて、治していく治療があります。アレルゲン免疫療法と呼びます。日本では今まで、ダニアレルギーに対する免疫療法では、実際に家から採取して作成した室内塵(ハウスダスト)エキスが使われてきました。これですとさまざまな雑物が混じる可能性があり、また効果の安定性が乏しいことが危惧されてきました。そこで国際的には以前から、純粋なダニ・アレルゲンが使われておりました。日本では、2015年から、待望のダニエキスが販売されることとなりました。
 当センターでは、ダニ(及びスギ)による免疫療法を、速やかな効果が期待できる“急速療法”で行います。
ダニ免疫療法は、ダニが原因の気管支喘息及びアレルギー性鼻炎で効果があることがわかっており、通年性の鼻炎があり、加えて喘息が合併しているような場合、両者に対する“一石二鳥”の体質改善効果が期待できます。また、花粉症に対しても、スギ・アレルゲン免疫療法は有効です。通年性鼻炎や花粉症は、喘息を悪化させることが知られています。ダニまたはダニ+スギで免疫療法を行うことで、喘息と鼻炎の両者(及び鼻炎に伴う喘息悪化)を治療することができます。
 主に外来で行う通常の方法では、効果が出る維持量に達するまで数か月以上の期間を要し、その間患者さんには毎週確実に通院していただく必要があることが難点です。注射の副作用で、帰宅してから喘息発作が起こる可能性もあり、また種々の事情により、効果がでる投与量まで達することが困難なことがあります。急速免疫療法はこれらの問題を解決し、治療の導入期間を大幅に短縮できる方法です。5日間入院していただき、短期集中的に毎日数回の注射を行い維持量まで到達させてしまう方法です。治療導入が確実に完遂でき、さらに即効性も期待できます。万が一、副作用で喘息発作が起こった場合でも、入院中のため速やかに治療できる利点もあります。

 導入後は、外来で維持治療を継続します。最初の1-2ヵ月は1-2週毎、以後は1ヵ月毎に維持注射を続け、通常3年間以上おこないます。適応の基準がありますので、ご要望のある患者さんは、一度受診されてください。
局所麻酔薬リドカイン(キシロカイン)アレルギーの有無を診断します

 歯科治療などで用いられるリドカイン(商品名キシロカイン)にアレルギーがあると判断された場合に、麻酔なしで治療を受けざるを得ないケースや、局所麻酔薬ですむ治療でも手術室での全身麻酔になってしまうケースがあります。ところが、リドカインで実際にアレルギーが生じるケースは、実際には少数なのです。当センターでは歯科治療用の局所麻酔薬の中でも代表的な薬剤であり、当大学病院の歯科診療において使用しておりますリドカイン(商品名キシロカイン)につきましては、他院の歯科で治療を受けられる患者さんにもアレルギーの確認テストを提供しております。1~2泊入院となります。受診時に入院の予約を行います。

アナフィラキシーの自己治療システム“エピペン”のご案内

 食物アナフィラキシーやハチ・アレルギーなどで怖い思いをされた患者さん!これらに対する標準治療の“アドレナリン自己注射システム”(商品名エピペン)の投与・教育指導をいたしております。あなたのお命を守る決定打になります。ぜひ、ご相談ください。

スギ花粉症を対象に、専門医による正確な舌下免疫療法を行います。

 スギ花粉症を対象とした舌下免疫療法を行います。埼玉医科大学病院ではアレルギーセンターと耳鼻咽喉科で、アレルギー専門医を取得している内科医・小児科医・耳鼻科医による適切な治療が受けられます。初回治療は専門看護師がいるアレルギーセンターにおいて導入いたします。

スギ花粉症を対象とした舌下免疫療法とは
 スギ花粉のアレルゲン抽出液(治療薬)を舌の裏側(舌下)に滴下し、2分間保持後、飲み込む治療法です。今までは皮下注射による方法(皮下免疫療法)しかありませんでした。舌下免疫療法では注射の痛みがないこと、基本的に自宅で服用することが、皮下免疫療法と異なります。また、重篤な副作用が皮下免疫療法と比較してでにくいと云われています。  治療当初は少ない量から開始し、毎日増量していき、2週間で維持量になり、以降は同じ量を毎日舌下に、最低2年間以上を目標に滴下します。

概要
 スギ花粉症状を和らげることが期待され、一部の人では症状がほとんど無くなることもあります。ただし、全ての人に有効なわけではありません。治療は毎日施行すること、また、可能であれば3-5年間治療を継続することが望ましいとされます。

治療の対象
 対象は12歳以上のスギ花粉症患者さんです。春に花粉症症状があっても、スギ以外が原因の場合もありますので、はじめに正確な診断が必要になります。  治療をはじめるにあたって注意が必要な方は、気管支喘息をおもちの方(重症の方は治療対象外)、ご高齢の方(相談して決めましょう)、妊娠中のかた(維持治療途中で妊娠した場合には治療継続は可能です)、口の中に炎症があるかたや抜歯後のかた(治れば治療可能です)、重症の心疾患や高血圧の方、β遮断薬などの一部の薬を服用中のかた(たいていの薬は問題ありません)、全身ステロイド薬内服中の方、膠原病や悪性腫瘍(がん)の方、などです。ご希望がある方は、アレルギーセンターまたは耳鼻科外来でご相談ください。

副作用
 副作用として、口腔内の掻痒感や腫れなどがみられることがあります。稀に重篤な全身症状が現れる可能性も否定できないため、この治療に対するきちんとした理解と管理が必要となります。当院のような総合病院で治療することは安全性が高いといえます。

治療の費用
 維持期の一日の薬価は100円強と決められており、通常の抗アレルギー内服薬より安く設定されています。必要に応じて、通常の薬物治療との併用も可能です。

皮下免疫療法との違い
 従来から当アレルギーセンターのような専門施設で行われてきたのが皮下免疫療法です。一方で舌下免疫療法は新規に始まります。その違いをご説明します。
 皮下免疫療法:皮下にアレルギーの原因物質抽出液(アレルゲン液)を注射。はじめの20回程度は1週間に1度程度通院し、投与量を徐々に増やし、維持量(決まった量)に達したら、2週間に1度、1ヶ月に1度と通院間隔を空けて通院で治療します。ただし。全身的副反応(アナフィラキシー)が2万5千回に1回程度起こるとされています。(重篤な副反応は100万回に1回程度)ですから、専門性の高い医療機関で、専門医が行う必要があります。医療機関で行うため治療遂行の確実性は高く、効果が舌下免疫療法よりも高いとの報告もあります。治療期間は舌下免疫療法と同様に、可能ならば3-5年が目安です。
 舌下免疫慮法:舌下に原因物質抽出液(アレルゲン液)もしくは錠剤をおき、その後飲み込む治療法です。スギ花粉症の治療薬は液剤で、2分間舌下に保持したのちに飲み込みます。2週間で投与量を増やし、以降は維持量で治療します。初回は医療機関で、医療スタッフの監視の下に施行しますが、それ以降は自己責任において、自宅で施行します。重篤な副作用はおきにくいですが、口腔内のかゆみや腫れなどはときにおこります。2015年にはダニによる通年性アレルギー性鼻炎の薬も登場予定です。国際的にはこの方法でも、アレルギー専門医が施行することが望ましいこととされています。
 なお、日本の医療制度では医療機関が自由に標榜科を選択できるため、日本の場合にはアレルギー専門医を取得していない医師や施設でもアレルギー科と標榜してこの治療を行う施設はあるようです。

 埼玉医科大学では舌下免疫療法と皮下免疫療法のどちらも専門医が施行いたします。ご相談ください。

ページの先頭へ戻る

診療スタッフ

中野講師、永田教授、中村教授
(左から)中込講師、杣准教授、上條客員教授、
        徳山教授、永田教授、中村教授

  • 永田 真(呼吸器内科教授)喘息、アレルギー性疾患、アレルゲン免疫療法
  • 中村 晃一郎(皮膚科教授)アトピー性皮膚炎、じんましん
  • 徳山 研一(小児科教授)小児喘息、アレルギー性疾患
  • 上條 篤(耳鼻咽喉科客員教授)アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎・中耳炎
  • 中野 裕史(非常勤講師)小児喘息、アレルギー性疾患
  • 杣 知行(呼吸器内科准教授)喘息、アレルギー性疾患、アレルゲン免疫療法
  • 中込 一之(呼吸器内科講師)喘息、アレルギー性疾患、アレルゲン免疫療法
  • 小林 威仁(総合診療内科講師)
  • 小宮山 謙一郎(呼吸器内科講師、病棟医長)
  • 内田 義孝(呼吸器内科助教、医局長)
  • 盛田 英司(小児科助教)
  • 小川 俊一(小児科助教)
  • 嶺崎 祥平(呼吸器内科助教)

ページの先頭へ戻る

外来診療担当医表

ページの先頭へ戻る

診療実績

  • 平成27年度平成28年度
  • 内科 新患患者数340人384人
  • 内科 外来患者数7,774人7,349人
  • 小児科 外来患者数2,158人2,139人
  • 皮膚科 合同診43人57人
  • エピペン指導243人312人
  • プリックテスト80件61件
  • 食物負荷試験指導(小児)98件133件
  • 呼気NO2,162件2,995件
  • モストグラフ260件117件
  • キシロカインテスト5件10件
  • 免疫療法1,082件1,296人
  • 新規導入43件40件
  • 抗IgE抗体療法191件226件

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

電話でのお問い合わせの受け付け時間:午前8時30分から午後5時30分まで
電話番号:049-276-1843

※アレルギーセンター外来は本館3階、呼吸器内科に隣接して開設されております。

ページの先頭へ戻る

アレルギー専門医取得支援プログラムのご案内

当センターは日本アレルギー学会の認定するアレルギー専門医取得のための研修施設です。学内外を問わず、専門医取得希望のある医師に、専攻生などで参加いただければ取得機会を提供いたします。月に2回のセンター内での小勉強会、また年に6回の学内講演会「アレルギーフォーラム」で知識の習得をサポートします。
詳細は永田favre4mn@saitama-med.ac.jpにご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース