This Page
トップページ
診療センター
てんかんセンター

診療部門のご案内

てんかんセンター

ご挨拶

学際的包括的連携による最高レベルの総合てんかんセンターを目指して

 てんかんは全人口に対する有病率が約1%と高率であり、乳幼児からお年寄りまですべての年齢層で発症します。てんかんの患者さんは、てんかん発作のみならず、発作が突然起こってくることに対する慢性的な不安や心理的・経済的負担に加え、薬物の副作用、妊娠への影響の心配などを抱えて生活されています。また、資格や雇用での制限や不安、偏見や無理解といった直接的・間接的な不都合に直面されています。特に難治てんかんの場合、発作が身体・心理・社会面に及ぼす直接的な影響は深刻であり、また発作抑制のために使用される抗てんかん薬の身体・認知・心理機能への影響も患者さんの生活の質を損なう原因となりがちです。
 埼玉医科大学病院てんかんセンターは、てんかん患者さんとそのご家族の幸せを第一に考え、安心・安全で質の高いてんかん診療を行います。てんかんを診療する神経精神科・心療内科、小児科、脳神経内科・脳卒中内科、脳神経外科などの専門医とさまざまな医療職スタッフによるチームワークによって、てんかんという疾患とそれに関連するさまざまな問題に対して真摯に向き合い、診療科の垣根を越えて一致協力してその解決に邁進してまいります。また、埼玉県で唯一のてんかん診療拠点機関として、埼玉県内全域にわたるてんかんの地域医療に貢献し、関連施設との密な連携医療を実践します。さらに、日本てんかん学会認定研修施設としててんかん専門医の育成とてんかん医療の進歩に貢献します。
 皆様のご協力ならびにご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

                              埼玉医科大学病院てんかんセンター

                              てんかんセンター長 山内秀雄
 
 

ページの先頭へ戻る

理念・基本方針

理念:

 学際的包括的連携による医療と福祉の理想郷を実現するため、高度なてんかん医療を提供する基幹施設として地域医療に貢献する。


基本方針:

1.患者さんの幸せのために安心で質の高いてんかん医療を実践し、地域医療に貢献します。
2.高度なてんかん医療を提供する地域基幹施設としての役割を果たし、関連施設との連携を行います。
3.人格的にすぐれ高い技能を持つ人材を育成し、診療に役立つてんかん研究の推進に努めます。

 

ページの先頭へ戻る

てんかんとは

てんかんとは、様々な原因によりもたらされる慢性の「脳の病気」です

 
 脳は日常生活の中で、まわりの情報を取り入れたり、それを判断したり、体の運動の命令を下したりするなど、いろいろな機能の指令室になっています。この脳の活動のもとになる情報を伝達するのが脳を構成する神経細胞です。神経細胞は規則正しいリズムで互いに調和を保ちながら電気的な活動をしていますが、何らかの原因でバランスが崩れてしまい、激しい電気的な乱れ(過剰興奮)が生じると「てんかん発作」になります。このてんかん発作が繰り返しおきる病気を「てんかん」と呼んでいます。
 てんかんは決してめずらしい病気ではなく、一般人口では1000人当たり5~8人の患者さんがいると報告されています。日本全体では約50~100万人の患者さんがいる計算になります。子供に多い病気というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、思春期、成人期に発症することもあり、最近では高齢者の発病率も増えています。原因が明らかなものとしては、外傷、脳炎、脳血管障害、先天性の脳奇形などがあります。
 てんかん発作は突然起こるので、怖く感じる方もいるかもしれません。てんかんと診断されたら、まずは病気に関する正確な知識を得ましょう。てんかん発作は適切な治療を受ければ抑制できますし、またてんかんのことがわかれば、てんかんとうまく付き合うことができます。
 てんかんの診断、治療、生活の工夫などは、当院てんかんセンターでサポートすることができます。心配なことや気になることがあれば、まずは外来でご相談ください。


ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院は埼玉県てんかん診療拠点機関です

【概要】
■埼玉医科大学病院は埼玉県で唯一のてんかん診療拠点機関に指定されています(平成30年11月1日付)。
■埼玉医科大学病院は、埼玉県てんかん診療拠点機関として、協議会において策定された 事業計画や提言を踏まえ、患者さんやご家族への専門的な相談支援・治療、県内医療 機関等への助言・指導、医療従事者や関係機関職員、患者さんとご家族への研修、 県民の皆様への普及啓発など、地域てんかん医療に関し包括的に実施してまいります。

 

ページの先頭へ戻る

「てんかん診療拠点機関」とは 

てんかんは有病率1%

  てんかんは全人口に対する有病率が約1%と高率であり、乳幼児からお年寄りまですべての年齢層で発症します。てんかんの患者さんは、てんかん発作のみならず、資格雇用などへの不安、社会的偏見や無理解などの不安などを抱えて生活されています。
 わが国のてんかん医療は、これまで精神科、神経内科、脳神経外科、小児科など数多くの診療科により担われてきました。しかしながらどの診療機関がてんかんの専門的な診療をしているのか、患者さんばかりでなく医療機関でも十分に把握できていない状況があります。結果として患者さんはどの地域医療機関を受診すればよいのかわからず、紹介元の医療機関もどの医療機関に紹介するべきなのかわからないという状況があるのが現状です。

「てんかん診療拠点機関」とは

  このような状況を踏まえ、国は各都道府県にてんかんの治療を専門的に行っている医療機関の中から1か所をてんかん地域診療連携の推進のための「てんかん診療拠点機関」として指定することにしました。てんかんに係わる専門的な相談支援を行い、医療機関・自治体・患者さんとそのご家族との連携と調整を図るほか、てんかん診療に携わる医療機関に対し、てんかんについての助言・指導や地域におけるてんかんに関する普及啓発等を実施することがその役割です。
埼玉医科大学病院てんかん診療拠点機関として以下の使命を実行するために埼玉県と共に埼玉県てんかん治療医療連携協議会を設置し、患者さんとご家族が心身共に豊かに過ごしていただくために邁進してまいります。
1)てんかんの患者さんとそのご家族に対する専門的な相談、支援と治療を行います。
2)医療機関へのてんかんに関する普及啓発、専門的な助言指導を行います。
3)関係機関(精神保健福祉センター・県内医療機関・保健所・市町村・福祉事務所・公共職業安定所等)との調整を行い連携の深化をいたします。
4)一般の方々にてんかんという病気を理解していただくための啓発を行います。

ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院のてんかん医療について

埼玉医科大学病院「てんかんセンター」の使命

 埼玉県てんかん診療拠点機関に指定された埼玉医科大学病院は「学際的包括的連携による医療と福祉の理想郷を実現するため、高度なてんかん医療を提供する基幹施設として地域医療に貢献する」ことを理念とした「てんかんセンター」を設立しております。  
 神経精神科・心療内科、小児科、神経内科・脳卒中内科、脳神経外科の4科に救急センターや他の関連部署を加えた包括的チームによる充実した診療連携を特徴とし、てんかん医療の推進と福祉の充実をおこない、患者さんとご家族の幸せのために地域医療に尽くすことこそが、私たち埼玉医科大学病院てんかんセンターの使命です。

「てんかんセンター外来」の診療について

  患者さん側からも紹介元の医療機関から、どの診療科に紹介するかがわからなくても、宛先を「てんかんセンター外来」としてご紹介いだくだけで外来初診医が患者さんやそのご家族のご希望も踏まえた上でふさわしいてんかん診療が受けられるようになりました。
 てんかんセンター外来では、初診の患者さんはてんかん専門医が担当し、診断のために必要な脳波等の検査とその報告をすぐに行います。より詳細で正確なてんかん診断のためには、入院していただいたうえで長時間ビデオ脳波検査も行うこともあります。
 てんかんセンター外来は、短時間のけいれん・意識障害程度の軽微な症状から治療に難渋している場合やてんかんかどうか不明な場合、また、あらゆる年齢の患者さんを対象とし、学校生活、自動車運転、妊娠に対するご相談など、てんかんに関連するすべての領域に対応しています。

病院の組織を上げて患者さんの診療から社会参加までサポート

  けいれん発作が長く続き、止まらない状況であるてんかん重積状態に対して、救命救急医療を24時間体制で行っています。また、てんかんにしばしば認められる精神症状・行動異常などに対する診療や、就労支援・社会参加へのお手伝いをしています。

 さらには、難治てんかんをきたす遺伝的希少疾患・難病疾患の診断を、難病センターと共に行い長期的治療および発達支援を行っています。

てんかん医療の進歩に貢献

  また、てんかんの地域医療に貢献するてんかん専門医療施設として、関連施設との密な連携医療を実践しています。さらに日本てんかん学会認定研修施設として、てんかん専門医の育成とてんかん医療の進歩に貢献しています。

ページの先頭へ戻る

受診の方法

当センター外来は、新患予約制を実施しております

 
 初診の際は、予約電話で日時をご予約の上、ご来院下さるようお願いいたします。
15歳以下の患者さんは小児科の、16歳以上の患者さんは神経精神科・心療内科、脳神経内科・脳卒中内科、脳神経外科のてんかん診療に精通した医師が担当します。各診療科は、それぞれの専門領域を十分に生かしつつ、また互いに協力・補完しながら治療方針を決めてまいりますので、患者さんは自分に最も合ったてんてんかん診療科で安心して診療を受けることができます。診察する場所は、東館2階(てんかんセンター外来)が中心ですが、医師の他業務や専門分野の兼ね合いで西館1階(神経精神科・心療内科外来)・南館1階(脳神経内科・脳卒中内科外来)・本館2階(脳神経外科外来)で診察を行う場合もあります。ご予約いただいた際に、診察場所をご案内します。

ページの先頭へ戻る

問診票

問診票のご記入をお願い致します

 この問診票は、診察がスムーズに進むようにあらかじめ情報を整理しておいていただくための参考資料です。発作以外のことにも配慮した包括的診療を行うために、発作と直接は関係がないようにみえる質問もございますが、可能な範囲でご記入下さい。事前にダウンロードしてご記入いただくことをお勧めしますが、受診するためには必須ではありません。ご予約いただいた受診時刻より 30 分ほど早く来院いただき、外来待合室で問診票にご記入いただいても結構です。ご記入いただいた問診票は電子カルテにスキャン取り込みした後、直ちにシュレッダーで裁断破棄致します。なお、治療歴が長い場合などは、過去のことをまとめたものや古いお薬手帳などを一緒に持参していただくと大変助かります。


ダウンロード(PDF)
てんかんセンター外来問診票(小児用)( 4ページ:178KB)
てんかんセンター外来問診票(成人用)( 5ページ:363KB)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ・初診外来のご予約

埼玉医科大学病院 てんかんセンター外来

 
 電話番号049-276-1697 (火・水・木・金の15時~17時)

ページの先頭へ戻る

発作記録のお願い

てんかんの診療において「発作の情報」は診断と治療に役立ちます

 
スマートフォンやデジタルビデオカメラで発作を撮影できた場合は、外来受診時にお持ちください。

ページの先頭へ戻る

関連リンク

 

埼玉医科大学病院てんかんセンターHP:http://www.tenkancenter.com/ 
埼玉医科大学病院てんかんセンターFacebook: https://www.facebook.com/epi.smu/
(Facebookアカウントがない方でも閲覧できます)

ページの先頭へ戻る

てんかん専門医を目指す医療者の方へ

当センターは「日本てんかん学会認定研修施設」です

 
学内外を問わず、専門医取得希望のある方に取得機会の提供が可能です。
 毎週金曜日に各科合同てんかんセンター回診、月2回(水か木曜日)脳波てんかん研究会など開催しており、知識の習得や脳波判読のトレーニングをサポートします。

 当院で研修をご希望の方、見学をご希望の方は各診療科までご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース