This Page
トップページ
診療科のご案内
麻酔科

診療部門のご案内

麻酔科(ペインクリニック)

診療内容・専門分野

 埼玉医科大学病院での麻酔科の主な業務は手術室での臨床麻酔部門と外来での疼痛治療部門(ペインクリニック)に分けられます。このホームページでは外来での疼痛治療について紹介させて頂きます。
 当科の外来では、種々の神経ブロック治療を主体に、東洋医学的治療法(鍼灸、漢方)と低出力レーザーなどによる光線療法や鎮痛薬などの薬物療法を組み合わせて、様々な痛みと循環障害に対する治療を行っています。

当診療科の対象疾患は次のようになっております

対象疾患は、片頭痛、群発頭痛、筋収縮性頭痛、三叉神経痛、舌咽神経痛、非定型顔面痛、帯状疱疹神経炎、帯状疱疹後神経痛、頸椎症性頚髄症、頚肩腕症、肩手症候群、肩関節周囲炎、反射性交感神経性ジストロフィー、カウザルギー、幻肢痛、レイノー病、肋間神経痛、腰痛症、椎間板ヘルニア、脊椎手術後の疼痛、坐骨神経痛、膝関節痛、慢性閉塞性動脈硬化症、中枢性疼痛など多岐にわたります。

このほかに、痛みはありませんが星状神経節ブロックがよい効果を示す疾患として、顔面神経麻痺、突発性難聴、網膜中心動脈閉塞症などもペインクリニックの対象となる病気です。とくに顔面神経麻痺と突発性難聴は当院の神経耳科と緊密に連携して、年間100名を越える患者さんに治療を施行していますので、このような方は、まず神経耳科を受診してください。また、入院中の癌性疼痛の患者さんには、局所麻酔薬と鎮痛薬を使用した持続硬膜外ブロックや、持続皮下注射、高周波熱凝固やアルコールなどによる永久神経ブロック、光線療法などにより疼痛の緩和に積極的に取り組んでいます。

それぞれの患者さんの症状とご希望にあわせて神経ブロック、鍼灸、漢方、光線照射療法の中から最善の効果が得られる治療法を選択いたします。

当診療科では次のような症状を扱っております
からだの各所が痛い
四肢末端が紫色になる、皮膚に潰瘍や壊疸ができる
背骨の変形や痛み
手術・外傷後の痛み、幻視痛
四十肩・五十肩
脳出血・脳梗塞・脳外傷後の痛み(中枢性疼痛)
帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

  • 麻酔科(ペインクリニック)電話番号:049-276-1306

※電話でのお問い合わせの受け付け時間:午前8時30分から午後5時30分まで

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース