This Page
トップページ
診療科のご案内
リウマチ膠原病科

診療部門のご案内

リウマチ膠原病科

診療内容・専門分野

 関節リウマチ、膠原病などのリウマチ性疾患の診療を行っています。当科の主な対象疾患であるリウマチ性疾患とは、本来は生体防御に働くべき免疫系が反乱することで発症する膠原病や関節リウマチ、血管炎症候群など全身性疾患と筋骨格・関節系の炎症性および非炎症性疾患(反応性関節炎、痛風など)を含む疾患群です。(詳細はこちらへ(PDF:356KB))

 全身の診察と詳細にお話しをうかがうことが重要な領域で、多臓器にわたるため関連専門分野との十分な連携も必要です。

 基礎免疫学の発展とともに、リウマチ性疾患の治療法も急速に進歩し、近年数多くの新しい治療法が導入されて来ております。

 当科においては、患者様お一人ずつで異なる病態を把握さていただいた上で、エビデンスに基づく治療、生物学的製剤(抗サイトカイン製剤;レミケード,エンブレル,アクテムラ,ヒュミラ)を含めた最新の治療、さらに東洋医学を取り入れた治療を受けていただくことが可能です。有効性の期待される臨床治験も行っております。

 また、セカンドオピニオンを希望される方にも、十分な時間を取ってご説明致します。

 さらに臓器病変を伴う膠原病(膠原病・関節リウマチに合併する腎障害、肺障害、中枢神経障害など)は、高度な医療が要求される疾患群で、当科の経験豊富な医師が診療致します。

 疾患の性質上、長いおつき合いが必要となりますので、良好な人間関係の構築にも十分に配慮しております。

 当科においては、患者様お一人お一人に納得していただける診療を行うことを第一とし、透明性の高い誠実な医療を心掛けております。

 当科では、ベーチェット病における口腔内アフタに対する新たな薬剤の臨床試験、および多発筋炎/皮膚筋炎に対する臨床治験を行っています。お心当たりの方はご連絡下さい。なお、病気の状態によってはこれらの臨床試験に参加いただけない場合があることをご了承下さい。

当診療科の対象疾患は次のようになっております
関節リウマチ、悪性関節リウマチ
全身性エリテマトーデス(SLE)
シェーグレン症候群
混合性結合組織病
強皮症
血管炎症候群(高安病、結節性多発動脈炎他)
多発性筋炎、皮膚筋炎などの炎症性筋疾患
その他のリウマチ性疾患(成人スティル病、リウマチ性多発筋痛症、ベーチェット病など)、反応性関節炎
痛風、その他の慢性関節炎一般
アレルギー性疾患(特に薬物アレルギー)
当診療科では次のような症状を扱っております
関節(腫脹、発赤、疼痛、熱感、機能障害など)
筋肉(筋痛、脱力、筋圧痛など)
リンパ節が腫れる。
原因不明の発熱が続く。
発疹がでる。
日光に当たると熱がでたり火脹れのようになる(光線過敏症)。
あざができやすい。出血しやすい。
寒冷刺激で指先が蒼白になる(レイノー現象)。
四肢末端が紫色になる、皮膚壊疽ができる。
脱毛傾向がある。
口が乾く。
涙が出にくい。
血液検査で白血球、赤血球、血小板、血沈値に異常がある。
血液検査で抗核抗体やリウマトイド因子が陽性である。
高ガンマ-グロブリン血症、ZTT、TTTが上昇している。
血液検査で尿酸値が高い。

ページの先頭へ戻る

専門外来・特殊外来

完全予約制となっております

  • リウマチ膠原病外来・・月曜~土曜 午前8時30分~11時

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

※電話でのお問い合わせの受け付け時間:午前8時30分から午後5時30分まで

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース