This Page
トップページ
診療科のご案内
リハビリテーション科

診療部門のご案内

リハビリテーション科

診療内容・専門分野

 我が国では2025年に向けて後期高齢者が増加の一途をたどっていますが、その高齢化率、実は埼玉県が日本一なのです。ということは、脳卒中、心筋梗塞、大腿骨頸部骨折、慢性閉塞性肺疾患などのリハビリテーションが必要不可欠とされる多くの疾患が増えるということです。 このような医療状況の中で、今後の医療の方向性を示すキーワードは「地域包括ケアシステム」です。これは、「重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるシステム」です。今後の医療は、急性期から地域包括ケアーを視野に入れて進められなければなりません。このことは特定機能病院である大学病院でも例外ではありません。地域包括ケアシステム」を視野に入れた医療とは、従来行われてきた「救命する、治す」医療に加えて「生活にもどす」医療を並行して行うもので、前者を一般診療科が行い、リハビリテーション科は後者を担います(図)。この「役割分担」「連携」は急性期だからこそ必要な視点となります。すなわち、急性期でのリハビリテーション科の役割は、「生活に戻す」ことを阻害する「廃用症候群」の発生を予防することで、そのために行われるのが「早期離床」です。この早期離床が安全に行われるために必要なことは、「救命する、治す」医療を行っている一般診療科との情報交換(横の連携)です。同時に、急性期リハビリテーションから在宅復帰が可能か、または亜急性期〜回復期リハビリテーションに移行すべきかの判断もリハビリテーション科専門医の重要な役割となります。特に回復期リハビリテーションへの移行に際しては、そこでの機能が最大限に発揮できる状態にして移行できるようにすることが課せられます(縦の連携)そのためには、「救命する、治す」医療を追及する一般診療科と、「生活に戻す」ことを追求するリハビリテーション科が両輪となって急性期医療を推し進めなければなりません。埼玉医大病院リハビリテーション科では、このような視点に立って、脳卒中、運動器疾患、神経疾患、廃用症候群、呼吸・循環器疾患、小児疾患、がんの患者さんに対する急性期~亜急性期での集中的、包括的リハビリテーションを展開しています。



  1. 埼玉医大病院リハビリテーション科が目指す5つの治療目標

    1.*認知機能低下:脳を鍛える
    ⇒認知機能低下の背景に、生活習慣の破綻があげられています。これを、運動と食事で是正することを試みています。

  2. 2.*サルコペニア:筋肉を鍛える
    ⇒生活の障害をもたらす最大の問題で、これに対しては運動療法に蛋白補充療法と看護師によるADL練習を加えた包括的リハを行い、成果をあげています。

  3. 3.*骨粗しょう症:骨を鍛える
    ⇒廃用による骨密度低下に対する薬物療法と運動療法に加えて、生活習慣の破綻から生じる骨質の是正も視野に入れた研究も行っています。

  4. 4.*誤嚥性肺炎:呼吸を鍛える
    ⇒嚥下機能の評価として嚥下造影検査をルーテインに行っており、これに基づいた嚥下練習を行っています。この際に、飲み込む機能だけではなく、吐き出す機能として呼気力の評価も重要と考えています。

  5. 5.*痙縮:潜在能力を鍛える
    ⇒脳卒中、脳性まひによる痙縮をボトックス療法によって改善し、これまで使えていなかった麻痺側上肢の機能が改善したり、下肢の痙縮の軽減によって歩行が安定するなどの効果が得られています。
当診療科の対象疾患は次のようになっております
・脳卒中(脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血など)
・脊髄障害(脊髄損傷、脊椎症など)
・骨関節疾患(変形性関節症、大腿骨頚部骨折、慢性関節リウマチなど)
・神経疾患(パ-キンソン病、多発性硬化症、多発性神経炎など)
・小児疾患(運動発達遅滞、脳性麻痺など)
・スポ-ツ障害(膝前十字靭帯損傷など)
・廃用症候群(病気の状態が長く続き、手足の力が弱って歩くことが困難となった状態)
当診療科では次のような症状を扱っております
当科では、上に挙げた病気やけがによって起こった、次のような症状を扱っております
・手足の動きが悪い
・関節や背中が痛い
・言葉がしゃべりにくい
・食べ物を飲み込むとむせる
・起上ったり、立ち上がったりすることがやりにくい
・歩くことがうまく出来ない
・身の回りのことがうまく出来ない

ページの先頭へ戻る

主な診療スタッフ

 
氏名
職位
専門領域

間嶋 滿(マジマ ミツル)

教授

副診療部長・副病棟医長
リハビリテーション医学全般

倉林 均 (クラバヤシ ヒトシ)

教授

診療部長・外来医長・病棟医長
リハビリテーション医学全般

【紹介時のお願い】
 嚥下障害に対する嚥下造影検査や痙縮軽減を目的としたボトックス療法は、外来患者さんでもおこなっていますので、下記にご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

専門外来・特殊外来

  • 装具診・・装具や車椅子の処方と作成を行います。
    午後診療:水曜日のみ、午後2時30から4時30分、予約患者さんのみの診療
  • 義足診・・義足の処方と作成を行います。
    午後診療:木曜日のみ、午後4時から5時30分、予約患者さんのみの診療
  • 嚥下透視検査(VF)・・嚥下障害に対し、透視下での検査を行います。
    午前診療:水・土曜日のみ、午前9時00分から10時30分、予約患者さんのみの診療

※なお、予約は当日午前でも可能なことが有りますので、外来まで電話で御相談ください。

※心臓リハビリテーションは、埼玉医科大学国際医療センターへ移転しました。
→埼玉医科大学国際医療センターのホームページへ

ページの先頭へ戻る

研修医募集

 これまでに述べてきた私どもが掲げる5つの治療目標以外にも、まだまだリハ医学が関与しなければならない課題が山積しています。
 リハ医学の立場からこれらに興味がある方は是非下記に御連絡下さい。ともに同じ目的を持ち、光を追って仕事をしてみたいと思っています。

連絡先:
リハビリテーション医学教室医局
TEL:049-276-1255
FAX:049-294-2267
Email:hkuraba@saitama-med.ac.jp

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

※電話でのお問い合わせの受け付け時間:午前8時30分から午後5時30分まで

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース