This Page
トップページ
診療科のご案内
耳鼻咽喉科

診療部門のご案内

耳鼻咽喉科

医師募集のページ

     埼玉医科大学病院耳鼻咽喉科では、やる気のある医師を大募集しています。
     
     埼玉医科大学病院耳鼻咽喉科では、研修医、若手、中堅のみならず、専門性を活かした診療をしたいという医師も歓迎します。
     出身大学に関係無く様々な経験を有する医師が集まっており、自由闊達な雰囲気の医局です。どのような経歴の方でもその方の能力を最大限に発揮できるような環境が用意されます。もちろん女性医師の立場には最大原因に配慮致します。男女を問わず子育て世代の負担に配慮した勤務形態が準備されており、理想的な職場環境です。
     若手医師の育成のために、様々な取り組みを行っております。学内で様々なカンファレンス、ハンズオンセミナーを開催し、動物器官を使った気道管理の実習も行うなど、工夫をこらしています。毎年、夏には「手術解剖教室」を開催し、頭蓋底、内耳、副鼻腔の解剖や、頚部の手術実習を行って、実際の手術に役立てています。国内外の学会参加のみならず、インストラクションコース、手術セミナーなどへの参加も奨励しています。また希望者には留学の道も開かれています。
     研修プログラムでは、埼玉医科大学3病院(埼玉医科大学病院、埼玉医科大学国際医療センター、埼玉医科大学総合医療センター)の協力体制により幅広い症例を経験する事ができます。さらに連携施設の国立国際医療研究センター(新宿区)での研修も行っています。
     研究マインドの育成や基礎・臨床研究も推奨しています。プロテオーム解析の結果を生かした新しい外リンパ瘻診断技術(CTP検査)は実用化され全国での検査が可能になりました。このような基礎研究の臨床応用に感心がある方には特にお薦めの研究室です。また、国際的に評価の高い最新鋭の検査機器であるビデオヘッドインパルステスト(vHIT)を日本に導入し、めまい・平衡障害の診療に活用しており、積極的に世界の最新情報を取り入れて、先端的な臨床研究を行っています。さらに鼻副鼻腔疾患の病理・病態(アレルギー学)などについても、独自の研究を推進しています。後期研修医をやりながら大学院へ進学する早道も用意されていて、大学院は4年間ですが、その時間の使い方についてはかなり柔軟に対応できます。研究テーマはいくらでもあります。


    是非ご連絡ください。    

     連絡先 
     耳鼻咽喉科 教授 池園哲郎、医局長 新藤 晋
     Email:

     

     

先輩からの一言


     林 智恵 先生 (2013年入局: 2011年 埼玉医科大学卒)

       

     後期研修医卒業したてホヤホヤ、入局5年目の林智恵です。わたしは学生のころに耳鼻咽喉科を回ったことからこの領域に興味を持ちました。対象年齢は子供から大人まで、幅広く診療することができて、小児診療から老年医学まで学べます。手術をやりたい人にはもちろん、みみはなのど、頭頸部と様々な多彩な手術があります。日高にある埼玉医科大学国際医療センターでも研修できましたが、頭頸部の手術はとても楽しく技術の向上に役立ちました。さらに、内科症例のように、全身管理が必要な患者さんもみることができたので、その後の臨床にとても役立っています。

     わたしは現在妊娠中ですが、皆が色んな事を気遣ってくれるので、楽しく働いています。オペが大好きなので最近は1-2時間で終わるような短時間手術をメインでやらせてもらっています。女医さんにも負担なく、働くことができます。そして、なんでも言いやすい、とても雰囲気の良い環境です。女性の方にもおすすめの職場なので、是非一度見学に来てください。一緒に働けることを楽しみにしています!
     



     小松赳彦 (2014年入局 2011年福岡大学卒)

       

     はじめまして、小松赳彦と申します。
     私は他大学出身ですが、池園教授とのご縁があり、2014年8月から当院に勤務させていただいております。昨年までの後期研修医は5人で、他大学出身者は私1人でした。私は入局前に市中病院で勤務していましたので、大学病院で勤務するのは初めてでした。大学病院の医局のイメージとして私が持っていた「固定観念は派閥があるので大変」、「特殊な病気ばかりで一般診療が勉強できない」といったものでした。
     埼玉医大耳鼻科の医局は他大学出身者にも優しく、みんなでレベルアップしていこうという雰囲気があります。私事ですが、医局人事の際に1年ほど市中病院で研修した実績も評価して人事を組んでいただいたことは今でも昨日のことのように覚えています。
     特殊な病気ばかりで一般診療ができない?そんなことはありません。扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、顔面神経麻痺、突発性難聴など一般耳鼻科で必要な入院症例は十分に経験できます。もちろん、耳・鼻など、手術症例も十分にあり、教育体制も整っております。
     是非気軽に見学にきてください。

     



     関根 達朗(2014年入局: 2012年埼玉医科大学卒)

       

     後期研修医4年目の関根達朗です。耳鼻咽喉科は、大きく分けると耳、鼻、喉頭、頭頸部腫瘍などの専門分野に分かれており、それぞれの分野が非常に奥深いという特徴があります。手術をばりばりやりたければ頭頸部腫瘍、内科的なアプローチが好きなのであればめまい平衡やアレルギーなど、耳鼻科医となった後も自らの専門分野をゆっくり選ぶことができるということも魅力の一つだと思います。
     埼玉医大病院 耳鼻咽喉科の良いところは、本人のやる気次第で多くのチャンスを得ることができることです。希望すれば、若い学年のころからどんどん国際学会での発表や研究、専門領域の高い分野での研修などのチャンスが与えられます。私は、連携病院である国立国際医療研究センターに1年間国内留学をして、音声や嚥下など、喉頭分野の勉強をさせてもらいました。出身医局が違う同世代のレジデントとの交流も、良い刺激になりました。各医局・大学によって考え方や疾患に対するアプローチはことなります。そして医学の勉強への取り組みもまた様々でした。もちろんアフターファイブも。。。人生勉強も大切です。 

     我々は、やる気に溢れる仲間をいつでも歓迎します。多くのチャンスをつかみ、共に頑張りましょう。
     

     沼倉 茜(2014年入局: 2012年埼玉医科大学卒)

       

     はじめまして。耳鼻咽喉科後期研修4年目の沼倉茜と申します。私が埼玉医科大学耳鼻科を選択した理由は、初期研修医の時に経験した耳鼻咽喉科研修がとても楽しかったからです。学生時代の授業や実習だけではわからなかった耳鼻科の奥深さや面白さに触れることができたからです。若手医局員のうちから執刀医として手術することができるのもとても魅力的でした。手術症例カンファレンス、入院・外来症例カンファレンス、退院症例カンファレンスなど、いろんなことが学べる機会が沢山あります。専門性が高い分野であるため、わからないことも多く、いくら勉強してもまだまだ足りないのですが、熱心な先輩方に丁寧に指導していただき、充実した日々を送っています。日高にある埼玉医科大学国際医療センターでのまさに「外科医」と実感できるような研修も経験しました。
     入局後の一般的なトレーニングを終えたらば、外来も担当します。外来症例カンファレンスでは、興味深い症例や相談したい症例を医局員で共有するなどことができるなど優れた指導体制が整っています。

     これを読んだ1人でも多くの方に興味を持っていただき、皆さんと一緒に仕事ができる事を心からお待ちしています。
     


ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース