This Page
トップページ
診療科のご案内
眼科

診療部門のご案内

眼科

診療内容・専門分野

 当科は、地域医療の中核として、眼に関する疾患全てに対応しており、しかも、最新で最良の医療を提供出来るよう心掛けています。その中でも、失明や視力の大幅な低下につながる重篤な眼疾患の診断、治療を得意としています。分かり易い例を挙げれば、糖尿病網膜症、網膜剥離、高血圧や動脈硬化による眼底出血、黄斑疾患や緑内障、角膜疾患などが該当し、いずれも難治な疾患です。

 当科の特色として、最先端の診断治療機器の充実と手術件数が挙げられ、全国でもトップクラスであることを自負しています。

 検査器械として、走査レーザー検眼鏡(SLO)、網膜断層撮影装置(光干渉断層計; OCT)、前眼部OCT、多局所網膜電図、インドシアニングリーン螢光眼底ビデオ装置、角膜形状解析装置等々が設置され、使用しています。近年患者数が増加している加齢黄斑変性症ではこれらの機器を駆使して適切な診断・治療を行うよう心掛けています。

 網膜硝子体疾患の手術件数は全国的にも上位で網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑円孔等の疾患では良好な成績を収めています。また、本邦の失明原因第1位である緑内障の治療では、最新の眼底・隅角撮像機器を用いて定量的解析を行い、治療方針を決定します。当院では多様化している緑内障手術のほぼ全ての術式が施行可能です。手術が必要な際には、最善と思われる術式を決定します。

 角膜疾患は、2015年より力を入れ始めました。埼玉県は重症の角膜感染症や、治癒後の角膜混濁の患者さんが大勢いらっしゃいます。角膜感染症の患者さんには、なるべく全例で病原微生物を同定することを目指し、最も効果がある薬剤を選択して治療するようにしています。また、手術では、最新の角膜パーツ移植を積極的に取り入れ、より安全に視力が回復できるような工夫をしています。

 これらの診療を実践する場として、平成21年7月よりアイセンターとして運営を行っています。アイセンターの特色としては、病棟内に眼科専用の手術室が併設されていることです。これにより毎日手術を行うことが可能となっております。一方、病床数は40床、病棟の看護体制・アイセンターの手術室との連係により年間2,000件に及ぶ入院手術を実現しています。

当診療科の対象疾患は次のようになっております
霰粒腫、麦粒腫(ものもらい)、眼瞼内反(さかさまつげ)、眼瞼下垂、涙嚢炎、涙道狭窄、眼窩蜂巣織炎、翼状片、円錐角膜、結膜炎、角膜炎、強膜炎、角膜混濁、水疱性角膜症、虹彩炎、ぶどう膜炎、白内障、緑内障、網膜剥離、網脈絡膜炎、硝子体出血、網膜色素変性症、滲出性網膜炎、網膜中心静脈閉塞症、網膜中心動脈閉塞症、糖尿病網 膜症、黄斑変性、加齢黄斑変性症、視神経炎、眼内腫瘍、眼窩腫瘍、眼瞼腫瘍、など眼疾患全般
当診療科では次のような症状を扱っております
視力の低下(目がかすむ、見づらい)
目が痛い
目が痒い
目が乾く
物がダブって見える、二重に見える
ゆがんで見える
影が見える、影が大きくなってきた
目がチラチラする、糸くずのようなものが見える
暗い所で見づらい
光が見える
目が寄っている(斜視がある)
まぶたにできものがある
目がとび出ている
涙が出にくい

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

※電話でのお問い合わせの受け付け時間:午後3時から午後5時30分まで

※なお、急な症状などによるお問い合わせは午前8時30分から受け付けます。

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース