This Page
トップページ
診療科のご案内
中央病理診断部・病理診断科

診療部門のご案内

中央病理診断部・病理診断科

概要

 中央病理診断部・病理診断科の主たる業務は、患者さんのお身体の一部を、肉眼的あるいは顕微鏡を使用して観察し、たとえば「虫垂(盲腸)に炎症が起きています」とか、「肺の一部で癌細胞が増えています」とか、具体的な病的な変化を示す病名をつける(=病理診断を下す)ことです。当科では、病理医と臨床検査技師が協力して病理診断業務にあたっています。病理医の仕事は患者さんの目に触れる機会が少ないので、日本ではあまりよく知られていないかもしれませんが、病理診断は、治療の基盤となる責務の重い診療行為です。

その業務の内容は次のように分けられます。

  1. 病理組織診断(組織診):内視鏡でとられた胃粘膜の生検組織、虫垂、肺などの切除手術標本など、組織として形のあるものを調べます。生検で胃がんと診断された方が手術を受けた場合、その胃切除標本も調べ、がんの組織が採りきれているかなどについて詳しく検討し、病理診断をします。
  2. 細胞診:喀痰、尿、子宮頸部擦過物や穿刺液など、液体状の検体中の細胞成分を調べます。おもに腫瘍の存在を疑う場合に用いられる検査です。
  3. 染色体検査:腫瘍や先天性疾患などの患者さんの細胞を培養して染色体に異常がないか調べます。 染色体解析を行う当病理診断科は世界的にも珍しい存在です。
  4. 病理解剖:不幸にしてお亡くなりになった患者さんのご遺体を解剖させていただき、生前に解明できなかった点を明らかにしたり、治療の効果を見極めたりします。医療の質の確保と向上には病理解剖を行い、症例から学ぶことが必要不可欠です。

なお、(1)(2)にはそれぞれ手術中に行われる迅速診断もあります。

その他、患者さんの病理所見(炎症の程度、細胞の形など)と臨床所見の対応などを臨床医と検討したり、病理解剖された患者さんの検討会(clinicopathological conference,CPC)などを行い、医師、医療関係者の教育、研修や医療の質確保に貢献しています。

ページの先頭へ戻る

スタッフ

診療部長、教授
佐々木 惇

佐々木 惇SASAKI, Atsushi

専門分野:神経病理、脳腫瘍

教授
山田 健人

山田 健人YAMADA ,Taketo

専門分野:人体病理、分子病理、疾患モデル、分子標的療法

准教授
石澤 圭介

石澤 圭介ISHIZAWA, Keisuke

専門分野:神経病理

助教
金 玲

金 玲KIN, Rei

専門分野:外科病理

講師
市村 隆也

市村 隆也ICHIMURA, Takaya

専門分野:婦人科病理、分子病理

助教
>李 治平

李 治平 LI ,Chihping

専門分野:外科病理

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

※電話でのお問い合わせの受け付け時間:午前8時30分から午後5時30分まで

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース