埼玉医科大学病院HOME > 病院ニュース > 埼玉医科大学病院ニュース第36号

埼玉医科大学病院/病院ニュース/埼玉医科大学病院ニュース第36号

 
第36号 2007.2.28
  
 
 

薬の豆知識 上手なサプリメントとの付き合い方(上)
     薬剤部

  
 

 サプリメントには、ビタミン、ミネラル、たんぱく質やアミノ酸、脂肪酸、植物繊維、西洋ハーブ、微生物やその発酵産物などがあります。偏った食生活によって現代人はカロリー過剰あるいはビタミン、ミネラルなどの微量栄養素不足になりがちです。これら不足する栄養分を補う目的でサプリメントを摂取してきました。最近は若者の間で「体によいというイメージ」からファッション化し、また医学的効能や効果を期待してなど徐々にサプリメント摂取量は増えてきています。

  
 

サプリメントの副作用

 

 サプリメントにも副作用はあります。しかし通常商品に表記されている指示量の範囲内であれば心配ありませんが大量に摂取することにより過剰症が現れたり、薬との併用により副作用が出現したりする場合もあります。例えばビタミンAを過剰に摂取すると頭痛や吐き気を引き起こしたりします。その他ビタミンD、K、ミネラルなどは過剰摂取に注意しましょう。副作用を防ぐには少量から徐々に量を増やしていくことです。錠剤やカプセル剤の場合は指示量の1/3、薬草を煎じる場合には指示量の1/10から1/5くらいから始めるのがよいでしょう。

  
 

薬とサプリメントとの相互作用

 

 サプリメントは基本的には薬と併用してもほとんど問題にはなりませんが、医薬品や病気の内容によっては注意が必要な場合もあります。例えばビタミンKを多量に摂取すると血栓症予防薬であるワーファリンの効果を減弱させてしまう可能性があります。

  
 

サプリメント各論

 

 各種サプリメントの期待される効能効果、副作用、薬との相互作用

○セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)
 古代ギリシャ時代より嗜好品として愛用されており、地上部全体を乾燥させハーブティーとして国内でも広く知られるようになりました。
[期待される効能効果]
 ・うつ病の改善作用
 ・不安障害、強迫神経症、季節性情動障害の改善作用
 ・更年期障害、月経前症候群の改善作用
[副作用]
 胃腸障害、皮膚反応、疲労感、鎮静作用、情緒不安定、不安、めまい、頭痛、口渇
[相互作用]
 抗HIV薬(インジナビル)、強心薬(ジゴキシン)、経口避妊薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬、気管支拡張薬(テオフィリン)、ある種の免疫抑制剤(シクロシポリン)、血液凝固防止薬(ワーファリン)等の薬の効果を減弱させることがあるので注意が必要となります。

○ウコン
 インドなど熱帯アジア原産の植物の肥大した根茎で、カレー料理に欠かせない香辛料としても有名です。
[期待される効能効果]
 ・肝臓保護作用、肝機能改善作用
 ・健胃作用
 ・抗酸化作用
 ・抗炎症作用
 ・抗がん作用
[注意点]
 漢方では通経薬として使用されており子宮に作用する場合もあるので、妊婦、授乳中、子供の摂取はさける。
[相互作用]
 ウコンに含まれているクルクミンに血小板凝集抑制作用があるため、抗血栓薬との併用は出血傾向が強まるとの報告がありますが、一般的な使用の範囲内であれば問題にはならないと考えられます。(通常摂取するカレー料理等では問題になりません。)

薬剤部「お薬相談コーナー」「ファックスコーナー」でお気軽にご相談ください。

問い合せ先:薬剤部直通(TEL 049−276−1453)

 
Saitama Medical University Hospital
38 Morohongo Moroyama-machi, Iruma-gun, Saitama, Japan.
Copyright 2006 by Saitama Medical University Hospital.All rights reserved.

埼玉医科大学病院HOME > 病院ニュース > 埼玉医科大学病院ニュース第36号