埼玉医科大学 臨床工学技士 WEB SITE

埼玉医科大学の臨床工学技士は
大学病院の臨床工学部、総合医療センターの臨床工学部、国際医療センターのMEサービス部に配属されています。

1)埼玉医科大学病院:全定床829床(2016.6現在)、毛呂、1972年開設、特定機能病院、病院機能評価認定病院、急性期病院
2)埼玉医科大学 総合医療センター:991床、川越、1985年開設、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、県災害拠点病院、病院機能評価認定病院
3)埼玉医科大学 国際医療センター:600床(心臓病センター200床、救命救急センター100床、包括的がんセンター300床)、日高、2007.4開設、初年度350床稼動
4)川越クリニック
:外来6診療のみ、川越、2007.4開設、初年度350床稼動

当院臨床工学技士がさいたまTVで特集されました。
臨床工学技士がわかりやすく説明されています。ぜひご覧ください。


「そもそも臨床工学技士とはなんだ!?」と思われてる方はこちらへ(日本臨床工学技士会)

このサイトでは循環器関連業務・呼吸療法関連業務・血液浄化関連業務・機器管理業務等を担当している、
埼玉医科大学の臨床工学技士について紹介しております。


埼玉医科大学病院 臨床工学部




現在臨床工学技士が30名勤務しています。
血液浄化業務、機器管理業務、手術室業務に携わっています。


総合医療センター 臨床工学部


 
臨床工学技士は現在30名、臨床工学部として機器管理業務、
血液浄化業務、手術室業務、総合周産期母子医療センター業務、
高度救命救急センター業務、結石破砕室業務に携わっています。



国際医療センター MEサービス部




臨床工学技士は現在32名、MEサービス部として循環器関係業務、
血液浄化業務、機器管理業務、診療支援業務に携わっています。




埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科



医用生体工学科では,医療機器や生命維持管理装置の専門家として、
工学領域の専門知識と安全性の高い医療技術を備え,
チーム医療の一員として高い倫理観と深い教養に裏付けられた
豊かな人間性をもって行動する臨床工学技士と,
さらに最先端医療技術の開発現場で活躍できる技術者を育成します。 

【お知らせ】
@「セキュリティ保護のためアクティブコンテンツを制限している」と表示された方は
クリックしてコンテンツを許可してください。
AOS Macは動作確認していないため正しく表示されない可能性があります。