病院概要と特長 - Hospital Overview & Features -

埼玉医科大学グループの病院では、大学病院ならではの教育環境でそれぞれのキャリア・ビジョンの実現を目指した継続教育が実施されています。充実した卒後教育に続き、2年目以降は、後輩への指導、チーム医療の中でのリーダーシップなど、組織の一員としての役割と働きが期待されるようになります。 また、この時期は将来につながる準備期間。日々の看護を実践しながら、院外の学会や研究会への参加なども経験します。そうした中で、指導者及びマネジメント並びに専門・認定・特定看護師などのスペシャリストなどそれぞれのキャリア・ビジョンの実現に向かっていきます。

可能性が広がる
3つのステージ - System of Career improvement -

埼玉医科大学病院

特定機能病院として、地域医療と臨床教育の中心的役割を担っています。特定機能病院は、高度医療の提供とそれらの技術の開発、評価、研修を実施する能力を有する病院です。病床数972床、職員1,700名を擁し、構内には医学部、短大、図書館、研修センターなどもあります。地域の患者さんの受け入れをはじめ、地域医療との連携を深め、その向上に貢献しています。

➡ 埼玉医科大学病院HP

埼玉医科大学総合医療センター

ドクターヘリが運航する災害拠点病院として、地域の安心を支えています。病床数1,053床、職員2,200名を擁し、地域の基幹病院として親しまれる一方で、24時間対応の災害拠点病院として県からの要請を受け、2005年よりドクターヘリを運航開始しました。併設の「高度救命救急センター」と「総合周産期母子医療センター」では、大学病院ならではの高い専門性を発揮した医療を提供しています。

➡ 埼玉医科大学
 総合医療センターHP

埼玉医科大学国際医療センター

がん、心臓病、救命救急医療に特化し、患者中心主義のもと、安心で満足度の高い医療の提供を目指す病院です。「COE(Center of Excellence)」と「グローバルスタンダード」をコンセプトに、“がん、心臓病、救命救急”に特化して高度専門医療を提供。医師を救急現場に運ぶドクターカーも活躍しています。「頼れる病院ランキング」で埼玉県内第1位、2015年にはJCI(国際的な医療機能評価)の認証を取得し、さらに高度な医療水準の維持に努めています。

➡ 埼玉医科大学
 国際医療センターHP

看護師の笑顔を
支える充実の環境 - A Fulfilling Environment that Supports The Smiling Face of Nurses -

POINT1
大学病院として、高度な医療を提供する現場であるとともに、高度な医療技術の開発・評価・教育研修を実施している環境は、一人ひとりの看護師の知識・能力・キャリアを高める場としても最適の環境です。
POINT2
大学病院と総合医療センターは地域の基幹病院として充実した診療科を有し、国際医療センターは「がん」「心臓」「救命」に特化した先端医療を提供しています。3つの病院の中には必ずあなたの携わりたい看護があるはずです。
POINT3
豊かな自然環境に恵まれた立地は、日々の看護の中に癒しをもたらしてくれます。また、看護師寮、託児施設なども敷地内・隣接地にあり、一人ひとりのワークライフバランスの充実をしっかりサポートしています。