理念&メッセージ

看護部では、急性期医療を担う看護職の育成を最優先課題としていますが、併せて心豊かで優しい医療人となるように成長支援にも力を入れています。多くの看護師は、看護職として豊富な知識、的確な技術、穏やかで温かい心の持ち主でありたいと願っているはずです。埼玉医科大学グループは、その実現や看護師としての成長を支援する体制が整っています。

看護部理念

Nursing idea

看護の心とは安心と安楽を提供する「意志」を表し、 看護の手とは安心と安楽を提供するための「技術」を意味します。 看護部は高い志と技術を持って、病める人の側にいる存在であり続けることに務めます。

看護方針

Nursing policy

1.
患者さんの人間性を尊重し、
信頼される看護を提供します。
2.
患者さんと目標を共有し、
安全で安心できる医療現場を整えます。
3.
看護専門職として自己研鑽に努め、
質の高い看護を実践します。
4.
多職種と協働して、
チーム医療の向上に努めます。
5.
地域との連携を持ち、
継続看護を充実します。

三病院のしっかりした協力体制で「信頼に応えられる看護」を実践

埼玉医科大学グループは、患者さんのために、学生のために、働いている職員のために、何をするべきかを考えて行動しています。今の自分たちに何が出来るかを考え、常に新しいことにチャレンジを続けています。具体的には、キャリアアップセンターを立ち上げ、看護研究にも注力し、院内の看護師だけでなく、地域の看護師や訪問看護を担当されている方なども含めた研修会や公開講座等を実施するなど、様々な活動を行っています。その根底にあるのは、「Your Happiness is Our Happiness」という共通標語のもと「信頼に応えられる看護」を実践していこうという看護部全体の考え方です。
看護師は、患者さんの人生の健康面でのサポートを通して自己成長できる素晴らしい仕事です。その素晴らしさを実感できる環境を整え、看護師のレベルアップを図っていくとともに、地域医療・看護を牽引していく存在として貢献していくことが、私たちの使命だと思っています。そのためにも、三病院の協力体制をより強いものにしていこうと考えています。

総看護部長 武藤 光代
総看護部長 武藤 光代



埼玉医科大学病院

特定機能病院、大学病院として、教育、研究、診療の三本柱を太くしていくために力を入れています。医療に関わる者はみな国家資格を持った専門家。みなさんが看護師という職業に誇りを持ち、一人の人として、社会人として成長していける職場でありたいと思います。共通標語である「Your Happiness is Our Happiness」のHappinessは、共に働くスタッフの幸せも含みます。そのために、看護部の活動の可視化やさまざまな研修会・講習会の実施など、知識と技術を身につける環境づくりとキャリアアップを目指すためのサポートを、チーム一体となり行っています。

看護師長 鈴木 美香
埼玉医科大学病院
看護部長 鈴木 美香
埼玉医科大学総合医療センター

職員が生きがいを持って安心して働くために、できるだけ顔を合わせて報告・相談をするように努めています。顔が見える密なコミュニケーションは、風通しの良い職場づくりや、患者さんの「心との繋がり」を大切に安心できる看護の提供に繋げています。チーム医療では看護師が中心的役割を担い、他部門より高い評価を得ています。スペシャリストとして「自分らしさ」を活かした看護師を目指している方、組織全体で教育に取り組むとともに個人に合わせたキャリアアップ支援をしていますので、私たちと一緒に看護の道を歩んでみませんか。


埼玉医科大学総合医療センター
看護部長 井岡 京子
埼玉医科大学国際医療センター

専門性の高い医療・看護を実施している国際医療センター。新人教育は年間計画に沿って行い、指導する先輩看護師も「教えること」「育てること」の研修を受けて全員で教育に参加しています。目標を持っている人にとっては、確実に成長できる環境だと思います。さまざまな点で看護技術や目標の可視化にも取組み、より働きやすい環境づくりに注力しています。また、現在JCI(国際医療機能評価)の認定を受けるための準備を進めています。医療の安全と質向上を目指している職場で「誇りと自信」を持って看護師として成長していって欲しいと願っています。

看護師長 戸口 修子
埼玉医科大学国際医療センター
看護部長 戸口 修子
▲ ページトップへ戻る