若手看護師インタビューA younger nurse's interview

埼玉医科大学病院
外科病棟勤務 2014年4月入職 小針さん
患者さん、ひとりひとりと向き合える看護師に

入職動機 Motive

高校生の頃に精神疾患に興味を持ち、詳しく知るにはどうしたいいかと考え、看護師を志望しました。埼玉医科大学病院を志望したのは、神経精神科の実績があったからです。他の病院の看護師をしていた母にも相談したところ、やはり当院を勧められました。1年目は外科系の混合病棟で仕事をしています。様々な疾患の患者さんのケアを学ぶことで、今は精一杯。単科と比べて覚えなくてはならないことが何倍もあります。それだけに早く、多様なケアを学ぶことができると思って、日々奮闘中です。

現在の仕事内容Job description

主な仕事は、周術期の患者さんのケアです。身体的なケアだけでなく、手術に対する不安を取り除いてあげることも大切です。患者さんの年齢に合わせた、わかりやすい説明を心がけています。それでも不安を払拭できない場合は、先輩や医師に伝えて説明してもらう機会を作ります。術後は体力が落ち、言葉でうまく表現できない患者さんも少なくありません。表情や全身の様子から訴えたいことを読み取らなくてはならず、その対応は先輩に見習うところが多いです。術後、容態が落ち着いて、言葉が話せるようになった患者さんから「あの時はありがとう」といった言葉をいただくと、ああよかったと嬉しくなります。

目標・ビジョンVision

まず、今いる外科病棟でさまざまな患者さんのケアを学ぶことが第一。その後に他科の経験も積んで、幅広い知識と経験のある看護師になることが目標です。それから、もともとの志望動機である精神科の看護師を目指していきたいと考えています。術後の患者さんの表情や仕種から訴えたいことを読み取る非言語的コミュニケーションは、精神科の看護師にも求められる能力だと思います。マニュアルにとらわれず、患者さん一人ひとりと向き合い、気持ちをくみ取れる看護師なりたいと願っています。

若手看護師の一日Day of the younger nurse

7 : 00
起床
8 : 30
出勤
夜勤の看護師からの全体申し送り
患者さんの状況や変化を把握します。
9 : 00
検温等
受け持ち患者さんに朝のあいさつをします。
10 : 00
点滴準備
点滴の準備をしたり保清ケアなど患者さんのお世話をします。
11 : 30
配膳準備
患者さんの昼食の配膳準備に加え、血糖値の測定、インスリン注射の準備などをします。
12 : 40
昼食
14 : 00
入院患者さんの受け入れ
患者さんの情報を把握します。
16 : 00
夜勤の看護師への申し送り
日中の状況を夜勤の看護師へしっかり申し送りします。
16 : 30
看護記録の記入
残業にならないように、自分の記録が終わったら、チームメンバー内でフォローしあいます。
17 : 30
勤務終了
同僚と一緒に食事に出かけることもあります。

先輩一覧へ戻る

▲ ページトップへ戻る