単純X線撮影(レントゲン) 透視検査  CT検査  MRI検査  乳腺撮影(マンモグラフィー) 骨塩定量  核医学(RI)  放射線治療
検査室から
MRI検査室から

当院MRI検査室では最新3テスラMRI装置を含む合計4台のMRI装置と専門のスタッフで検査を行っております。

MRI検査とは
MRI検査とは、「磁気共鳴画像検査」ともいい、強力な磁気と電波で水素原子を共鳴させて、体の中を撮影する検査です。

MRI検査は、X線を使わないので、放射線による被ばくの心配はありません。

また、検査が始まると工事現場のような大きな音が連続して発生するのが特徴です。

MRI検査はどのような検査か?
検査の身支度をしていただき、MRI装置のベッドに寝ます。(検査部位によって体勢は変わることがあります)この検査は患者さまの動きに非常に弱いため検査に必要な装置を付け固定させていただきます。ベッドがスライドしてMRI装置の円筒状の穴の中へ移動し、検査をしていきます。検査時間は30分前後ですが検査部位により変動します。呼吸の指示がある検査もありますが、事前に説明があります。
検査中の痛みはありませんが、騒音が苦手な人や閉所が嫌いな人は苦痛を感じるかもしれません。気分が悪くなった場合や御用の際はナースコールを押して、遠慮せずに申し出てください。 検査後は安静の必要もなく、食事も普段どおりにしてかまいません。

MRI検査までの流れ
当院のMRI検査は予約となっております。検査の準備がございますので予約時間の15分前には検査受付にお越しください。
検査前には、まず問診表の記入をお願いしています。次にMRIスタッフが問診表を基に確認しMRI装置にひきつけられたり、画像に影響するおそれのあるもの、破損のおそれのあるものをはずしていただいたり、検査着に着替えていただき、検査ができる準備をします。検査の際、何かわからないこと、疑問点がありましたら、担当者に遠慮なくご質問下さい。



次ページへ
MRI検査とは
どのような検査か
検査までの流れ
検査前の確認
注意事項
前処置など
おしらせ
ページトップへ