単純X線撮影(レントゲン) 透視検査  CT検査  MRI検査  乳腺撮影(マンモグラフィー) 骨塩定量  核医学(RI)  放射線治療
検査室から
検査室から

当院では、2015年5月に機器の更新をおこない

新しいホールボディタイプの骨塩定量装置を使用して

より正確な骨塩量の計測を可能としております

 

リュウマチ科や整形外科など各科との連携を行い

各科に応じた診断情報の提供なども行っております


骨塩定量とは
骨の密度を測定する検査です。
実際には様々な方法があり、手の骨を撮影し計測する方法や、超音波を使った専用装置、X線を使った専用装置等があります。
当院では、2種類のエネルギーレベルの異なるX線の透過率の差を利用して測定する、精度の高い骨密度測定方法で行ってます。(DEXA法といいます。)

股関節測定像    腰椎測定像
骨塩定量検査の方法
検査は、寝台に仰向けに寝ていただき、全身や腰椎、股関節などを測定します。
検査時間は30分前後です。
測定部に金属があると正しく測定できませんので着替えをお願いします。
また、バリウム検査後や造影CT検査後は測定できません。







骨塩定量とは
検査の方法
ページトップへ