単純X線撮影(レントゲン) 透視検査  CT検査  MRI検査  乳腺撮影(マンモグラフィー) 骨塩定量  核医学(RI)  放射線治療
検査室から
乳腺撮影(マンモグラフィー)検査室から

当院では現在、本館と健康管理センターに1台ずつ、計2台のマンモグラフィ装置と専門のスタッフで検査を行っております。
なお、当院のマンモグラフィ検査は女性技師が担当させていただいております。

マンモグラフィーとは
マンモグラフィとは、乳房の触診で触れることの出来ない微細石灰化や微小腫瘤を見つけることが出来る検査です。
そのため、乳がんの早期発見に役立つ検査でもあり、乳がん検診で広く用いられています。この検査は、肺や胃のX線検査と同じように乳房にX線をあてて行う検査です。
また、乳がんの診断がつかない場合、病巣の一部を採取して組織検査を行うマンモトーム生検も行っております。

マンモグラフィーはどのような検査か

マンモグラフィは乳房を圧迫板で圧迫しながら撮影していく検査です。これは圧迫する事によって乳腺組織の重なりが分離され、乳房全体をより良く見えるようにするためです。また、圧迫する事によって被ばく線量が少なくなり、動きによるボケも防止する事が出来ます。
そのため、マンモグラフィにとって圧迫するという事はとても重要です。しかし、人によっては痛みを伴う場合があります。痛みの感じ方は人それぞれですが、力を抜くことによって多少痛みが緩和される事があるので検査中はリラックスする事を心がけて下さい。
被ばく線量について

X線の被ばくは大丈夫なの?と心配になる方も多いと思います。
マンモグラフィー1枚の撮影で浴びるX線の量は、私たちが生活するうえで知らずに浴びている1年間の自然放射能と比べても、かなり低い数値なのであまり気にする必要はありません。また、一般的に乳房を1cm圧迫する事によって線量は1/2になります。もちろんリスクはゼロではありませんが、必要以上に心配することはありません。










次ページへ
マンモグラフィーとは
どのような検査か
被ばく線量について
検査前の確認
検査について
注意事項
おしらせ
ページトップへ