埼玉医科大学病院

病院長ご挨拶

安心で質の高い医療の提供

本院は、埼玉県西部の秩父連峰を望む緑豊かな自然に恵まれた毛呂山町に位置し、合計805床(うち神経精神科78床)の入院病床を有しております。また本院は厚生労働省より高度な先進医療を提供する特定機能病院として承認を受けておりかつ急性期入院病院であります。

特定機能病院とは、最も高度の医療を提供し、かつ高度の医療技術の開発・評価・教育・研修を実施しうる能力を有する病院として、厚生労働省が全国で特別に83施設に限って認可した病院のことです。特定機能病院は、地域の医療機関との連携を深め、地域医療における高度医療の提供を担う役割を求められております。本院はかかりつけの病院や医院からご紹介された患者さんを受け入れ、必要な検査や治療をし、その後の継続的治療が必要な場合は、再び元の医療機関にお願いするなど地域の医療機関と一体となって地域社会の医療福祉の向上に貢献することを目標に活動しております。

「当院は、すべての病める人に、満足度の高い医療を行うよう努めます。」を診療の基本理念として掲げております。その基本理念、基本方針、患者さんの権利等は次ページに示させて頂きました。ここでいう「満足度の高い医療」には、「安心で質の高い医療」が含まれることはもちろんですが、入院・外来診療に伴う病院の施設面や職員の接遇などを含めたすべての点での満足度も入ってくるものと考えられます。

平成19年4月に本院から心臓病や脳卒中、癌関連の診療科と救命救急部門が分離され、日高の地に国際医療センターが開設されました。一部の診療科の移転に伴い、少し病棟に余裕ができ、その空きを利用して古くなった本館や南館を改装いたしました。また南館の2から4階に、「成育医療センター」として産科と小児科、新生児・未熟児科(NICU)、そして小児外科を有機的に再配置いたしました。さらに、本館9階に手術室を2部屋有する眼科の病棟、「アイセンター」を開設いたしました。改装された病棟の大部屋は8人部屋から6人部屋になり、患者さん一人当たりのスペースが格段に広くなり、お食事やご面会にご利用いただけるデイルームが新設され、壁の色も照明も見違えるほど明るくなりました。患者さんに快適な入院生活や通院を提供できるものと自負しております。
また南館1階の内科外来を改装し、「総合診療内科」を開設いたしました。初診の患者さんは「総合診療内科」で拝見する体制にさせていただいております。当院を受診される患者さん方には、この点も是非ご理解をいただきたいと存じます。
医療や医療機器は日進月歩で進歩しておりますが、昨年には128列のCTを、本年5月には3テスラのMRIをと、最新鋭の撮影装置を増設しております。また、一昨年からは、地域の医療機関の先生方から患者さんの紹介受診や検査のオーダーをインターネットで予約をしていただけるカルナという便利なシステムも取り入れております。

医療を取り巻く環境はますます厳しくなっておりますが、埼玉医科大学病院は埼玉県北西部の基幹病院として、地域の医療機関と連携し、地域医療の担い手として、「安心で質の高い医療」をすべての患者さんにご提供できるよう全職員が一丸となって取り組んで参ります。

埼玉医科大学病院
病院長 かたやましげひろ


病院の基本理念・患者さんの権利等

  1. 基本理念
  2. 病院の基本方針
    1. すべての病める人々にまごころをもって臨みます。
    2. 安心で質の高い医療を実践します。
    3. まわりの医療機関と協力し合います。
    4. 高い技能を持つ心豊かな人材を育成します。
    5. より幸せとなる医療を求めた研究を推進します。
  3. 患者さんの権利
    1. ひとりひとりが大切にされる権利
    2. 安心で質の高い医療を受ける権利
    3. ご自分の希望を述べる権利
    4. 納得できるまで説明を聞く権利
    5. 医療内容をご自分で決める権利
    6. プライバシーが守られる権利
  4. 患者さんへのお願い
    1. ご自分の健康に関することを詳しくお話し下さい。
    2. ご自分にして欲しいこと、欲しくないことを遠慮なくお話し下さい。
    3. わからないことがあれば納得できるまでお聞き下さい。
    4. 治療を受けていて異常を感じたらすぐにお知らせ下さい。
    5. 他の患者さんの迷惑にならないよう配慮して下さい。

以上

目次に戻る