治験とは


 「くすり」は、病気から私たちの命や生活を守るために欠かせないものです。
 新しい薬や新しい使い方を探し出すために、人で「くすりの候補」の効果や安全性など、国(厚生労働省)から医薬品として承認を受けるために必要なデータを集める試験を「治験」といいます。  
 「治験」で集められた資料を国(厚生労働省)が審査し、承認することによって、私たちは新しいくすりを治療に使うことができます。  
 治験は、薬事法に基づいて厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP省令)という規則に従って実施されます。  
 治験を実施する上で一番大切なのは、治験に参加される患者さんの人権と安全を守ることです。 そのため、「治験審査委員会」という“病院で治験をしてもよいか”、“きちんと治験が行われているか”をチェックするが委員会が設置されていています。
 埼玉医科大学病院 治験審査委員会の情報は公開していますので、「治験審査委員会について」をご参照ください。

 このように、治験に携わるすべての者が、患者さんのことを一番に考えて治験を実施する体制を常に確保しています。

患者さん自身の判断を一番大切にします。