よくある質問


Q1医師に治験を紹介されたら、絶対参加しなければいけないの?

Q2治験ってどうやって参加するの?

Q3:参加しても途中で辞めることは出来るのでしょうか?

Q4:治験に参加してみたいのですが、すぐ参加出来るのですか?

Q5:治験に参加したら、どんなことに気をつければいいの?

Q6:うっかり来院日を忘れてしまうかもしれない不安があります。

Q7:検査結果は教えてくれるのですか?

Q8:入院の時には、どのくらいお金を用意しておけばよいですか?

Q9:プライバシーは守られるのですか?

Q10:治験が終わっても、承認されるまで希望があればくすりを提供してもらえますか?

 

               

 

Q1

A: 治験への参加は、患者さんの自由意志です。医師や臨床試験コーディネーターより治験の内容について説明を受けて、十分に理解した上で参加をするか決めてください。すぐに決める必要はありません。ご家族と相談して決めていただくこともできます。また、参加を断ってもその後の診療で不利益を被ることはありません。

Pageのtopへ

       

Q2

A: 参加いただける方の条件は治験ごとに細かく決められています。医師が基準に合っているか判断して、紹介をします。また、診療科の中待合室に治験参加を呼びかけるポスターやリーフレットがございますので、興味を持たれた方は、担当医師に治験に関してご遠慮なくお問い合わせください。ポスターやリーフレットに書かれている連絡先にご相談いただいても結構です。

PageのTopへ


 

Q3

A: 治験への参加は、患者さんの自由意志です。参加後に、どのような理由であってもいつでも治験を中止することが出来ます。その後の診療で不利益を被ることはありません。 ただし、一度でも治験薬を使用した場合、中止後検査を実施し、治験薬による副作用などがおきていないか確認してから治験を終了します。

 

◎治験薬:治験の対象となる「くすりの候補」のこと


PageのTopへ





Q4

A: 治験への参加の第一歩、それは「これから参加する治験の内容を理解していただく」ことです。解らないことは質問してください。そして十分に考えてから治験への参加を決めてください。  同意された後、実際に治験薬を使用する前に、更に細かい検査を実施します。検査の結果によっては、医師の判断で治験への参加を取りやめることもあります。


PageのTopへ





Q5

A: まずは決められた来院日に検査・診察を受けてください。患者さんの体調に変化はないかを確認しながら治験をすすめていきます。 また、来院日でなくても体調に変化があるときは医師又は臨床試験コーディネーターに連絡・相談してください。 他にも別の病院にかかる場合や、薬局で買った薬を飲む際にも治験によっては、事前に相談が必要なこともあります。


PageのTopへ





Q6

A: 治験中は臨床試験コーディネーターが窓口となって、患者さんの負担を軽減できるようにスケジュール調整などを行い、治験参加のサポートをいたします。あらかじめ了承いただければ、来院前日にこちらから「明日、来院日ですよ。」と連絡することも可能です。ご相談下さい。


PageのTopへ





Q7

A: 結果は戻ってこない場合もあります。結果が戻らない検査項目については、同意説明時に詳細をご説明いたします。検査内容についてはお気軽にご質問ください。

PageのTopへ






Q8

A: 治験のための入院の場合の費用等については、臨床試験コーディネーターが事前に、十分な説明を行います。

PageのTopへ





Q9

A: 治験に参加いただくと患者さんのカルテ・検査結果などの記録は治験を依頼した製薬会社、厚生労働省、治験審査委員会の担当者が閲覧します。カルテ・検査結果には、患者さんの名前や住所、電話番号などが記載されていますが、治験に関連する規則によりプライバシーは厳重に保護されます。


PageのTopへ






A: すべての治験で承認まで治験薬を使用できるとは限りません。その場合、治験終了後に担当医師が患者さんにとって適切な治療を選択し、診療いたします。


PageのTopへ