This Page
トップページ
新型コロナウイルス

新型コロナウイルス 当院の感染対策と皆様へのお願い

マスク着用のお願い及び面会の禁止について

                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス(COVID-19)感染後の外来受診に関して2021.9.10

患者さんにおかれましては、当院の感染対策にご協力ありがとうございます。
 当院近隣においても、COVID-19の患者さんが増えております。これをうけ、当院では、以下の対応を実施いたします。

1. COVID-19に罹患された方の診察は、保健所を通して行っております。詳しくは、お住まいの管轄保健所へご相談ください。

2. COVID-19に罹患後、保健所から行動制限解除の説明を受けた場合、解除から1か月以内の当院への受診につきましては、各科外来にお電話でご相談ください。

 より安心に病院に受診していただけますよう、職員一同感染対策を継続してまいります。皆さんのご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。   

                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院での新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のご紹介 2021.9.7


1.当院では県内のCOVID-19診療を行う病院と連携をとりながらさまざまな疾患をかかえる患者さんの入院治療にあたっています。COVID-19病棟は、その他の病棟とは独立した全館陰圧の感染症病棟を使用しています。院内感染対策も適切に継続しており、これまでに400例以上の患者に対応していますが、院内でのクラスター発生などは生じていません。   

2.当院の外来ではCOVID-19、およびその疑いのある患者さんは、一般の患者さんと動線を分け、専用のスペースで診療を行っています。今まで、外来の患者さん同士やスタッフの間で感染伝播が問題となる事態は起きていません。一方で、COVID-19疑いのある患者さんには、適切な検査を実施しています。
 また最近の流行をうけて、患者さんおよび付き添いの方には、入院時に、原則コロナウイルス抗原検査を受けて頂くこととし、少しでも安心して入院生活を送っていただけるよう対策を講じています。

3.当院の検査部ではCOVID-19のPCR検査、抗原定量検査を実施しています。常に最新の技術を導入する体制をとっております。迅速かつ精密な検査体制により、安心して医療を受けていただけます。

4.手術症例に対しては、2020年の第一波の時から術前PCRを実施しております。陽性が判明した場合には、保健所の指示に従うとともに、病状に応じて延期するなど適切に対応しました。また、他の患者さんとの接触が生じないよう十分な対策を講じながら、これまで陽性者の緊急手術を5例行いましたが、特に院内感染をひきおこすことなく、万全の感染対策のもとに手術しております。

5.当院でご出産予定の妊婦さんについては、ご入院前にCOVID-19のPCR検査、抗原定量検査を無料で実施させていただいています。検査で陰性である場合はもちろん、陽性と判明した場合でも、お母さんの症状の有無や程度に応じて在宅あるいは入院による管理が可能な体制となっておりますのでご安心ください。

6.職員の心身の健康状態を常に確認してケアしています。ストレスを抱えた職員には「心のケア」を担当する精神科チームが結成されテレビや新聞などでも報道されました。

7.当院は7名の感染症を専門とする常勤医師を有し、万全の対策に努めています。本館入口では体温測定とマスク着用のチェックを行い、さらに職員全員、毎日の健康管理を行っています。防護服、アイシールド、N95マスクなどの資材も十分に供給できしております。

8.埼玉医科大学病院では、地域のワクチン接種に積極的に貢献しています。毛呂山町、越生町にこれまで延べ926名の医師、看護師、薬剤師(8/31現在)を派遣しました。

 このように、当院では一般の診療をこれまで通りに継続しながら、COVID-19につきましても、近隣施設と連携し、適切に患者さんを診察・治療しております。医療スタッフ、事務スタッフ含めてほぼ全員のワクチン接種を6月11日に終えました。院内感染のリスクが大幅に低下すると考えられます。 患者さんには安心して受診するようにご案内のほどよろしくお願いいたします。

                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院での新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のご紹介 2021.7.1


1.当院では県内のCOVID-19診療を行う病院と連携をとりながら入院治療にあたっています。COVID-19病棟は、その他の病棟とは独立した全館陰圧の感染症病棟を使用しています。院内感染対策も適切に継続しており、これまでに300例以上の患者に対応していますが、院内でのクラスター発生などは生じていません。   

2.当院の外来ではCOVID-19、およびその疑いのある患者さんは、一般の患者さんと動線を分け、専用のスペースで診療を行っています。今まで、外来の患者さん同士やスタッフの間で感染伝播が問題となる事態は起きていません。一方で、COVID-19疑いのある患者さんには、適切な検査を実施しています。

3.当院の検査部ではCOVID-19のPCR検査、抗原定量検査を実施しています。常に最新の技術を導入する体制をとっております。迅速かつ精密な検査体制により、安心して医療を受けていただけます。

4.手術症例に対しては、2020年の第一波の時から術前PCRを実施しております。陽性が判明した場合には、保健所の指示に従うとともに、病状に応じて延期するなど適切に対応しました。また、これまで陽性者の緊急手術を5例行いましたが、特に院内感染をひきおこすことなく、万全の感染対策のもとに手術しております。

5.職員の心身の健康状態を常に確認してケアしています。ストレスを抱えた職員には「心のケア」を担当する精神科チームが結成されテレビや新聞などでも報道されました。

6.当院は7名の感染症を専門とする常勤医師を有し、万全の対策に努めています。本館入口では体温測定とマスク着用のチェックを行い、さらに職員全員、毎日の健康管理を行っています。防護服、アイシールド、N95マスクなどの資材も十分に供給できしております。

7.埼玉医科大学病院では、地域のワクチン接種に積極的に貢献しています。毛呂山町、越生町にこれまで延べ250名の医師、看護師、薬剤師(6/10現在)を派遣しました。

 このように、当院では一般の診療をこれまで通りに継続しながら、COVID-19につきましても、近隣施設と連携し、適切に患者さんを診察・治療しております。医療スタッフ、事務スタッフ含めてほぼ全員のワクチン接種を6月11日に終えました。院内感染のリスクが大幅に低下すると考えられます。 患者さんには安心して受診するようにご案内のほどよろしくお願いいたします。

                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院での新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のご紹介 2021.5.26


1.当院では県内のCOVID-19診療を行う病院と連携をとりながら入院治療にあたっています。COVID-19病棟は、その他の病棟とは独立した全館陰圧の感染症病棟を使用しています。院内感染対策も適切に継続しており、これまでに300例以上の患者に対応していますが、院内でのクラスター発生などは生じていません。   

2.当院の外来ではCOVID-19、およびその疑いのある患者さんは、一般の患者さんと動線を分け、専用のスペースで診療を行っています。今まで、外来の患者さん同士やスタッフの間で感染伝播が問題となる事態は起きていません。一方で、COVID-19疑いのある患者さんには、適切な検査を実施しています。

3.当院の検査部ではCOVID-19のPCR検査、抗原定量検査を実施しています。常に最新の技術を導入する体制をとっております。迅速かつ精密な検査体制により、安心して医療を受けていただけます。

4.手術症例に対しては、2020年の第一波の時から術前PCRを実施しております。陽性が判明した場合には、保健所の指示に従うとともに、病状に応じて延期するなど適切に対応しました。また、これまで陽性者の緊急手術を5例行いましたが、特に院内感染をひきおこすことなく、万全の感染対策のもとに手術しております

5.職員の心身の健康状態を常に確認してケアしています。ストレスを抱えた職員には「心のケア」を担当する精神科チームが結成されテレビや新聞などでも報道されました。

6.当院は7名の感染症を専門とする常勤医師を有し、万全の対策に努めています。本館入口では体温測定とマスク着用のチェックを行い、さらに職員全員、毎日の健康管理を行っています。防護服、アイシールド、N95マスクなどの資材も十分に供給できしております。

このように、当院では一般の診療をこれまで通りに継続しながら、COVID-19につきましても、近隣施設と連携し、適切に患者さんを診察・治療しております。 患者さんには安心して受診するようにご指導のほどよろしくお願いいたします。

                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院での新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のご紹介 2021.3.30


1.当院では県内の約70の基幹病院と同様に、一定数のCOVID-19患者の入院治療にあたっていますが、他の病棟とは独立した全館陰圧の感染症病棟を使用しているため、院内感染のリスクを最小化することができます。これまでに290例以上の患者に対応していますが、院内でのクラスター発生などは生じていません。   

2.当院ではCOVID-19の疑いのある患者さんは、一般の患者さんと動線を分けた専用のスペースで診療を行っています。今まで順調に診療を続けており、外来などでの濃厚接触 で問題となる事態は起きていません。一方で、疑いのある患者さんには、適切な検査が可能です。

3.手術症例に対しては、2020年の第一波の時から術前PCRを実施しております。過去7ヶ月をみますと2000人程度の術前検査を実施しましたが、予定手術で陽性だった方は0.4%で、病状に応じて延期するなど適切に対応しました。また、消化器外科・一般外科で1名陽性者の緊急手術を行いましたが、特に院内感染をひきおこすことなく、万全の感染対策のもとに手術しております。

4.当院の検査部ではCOVID-19のPCR検査、抗原定量検査を実施しています。常に最新の技術を導入する体制をとっております。迅速かつ精密な検査体制により、安心して医療を受けていただけます。

5.当院は7名の感染症を専門とする常勤医師を有し、万全の対策に努めています。基礎医学棟入口では体温測定とマスク着用のチェックを行い、さらに職員全員、毎日の健康管理を行っています。防護服、アイシールド、N95マスクなどの資材も十分に供給できしております。

このように、当院では一般の診療をこれまで通りに継続しながら、COVID-19につきましても、近隣施設と連携し、適切に患者さんを診察・治療しております。 患者さんには安心して受診するようにご指導のほどよろしくお願いいたします。

                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

入院後の外出・面会の制限について 2020.12.22

新型コロナウイルス感染症の流行につき、以下の点をお願いしておりますので、ご協力ください。
 
入院後の注意点
 入院後、入院患者さんご本人は、病院入口まで行って来訪者と会うことは控えてください。 また、医師の許可がある場合を除き、外出(コンビニ・売店へ行くなど)も控えてください。

面会について
 診療上必要な面会の場合にのみ、医師からの要請に基づいて、ご家族お一人のみ来院して頂くことがあります。面会に際して、以下の点に注意してください。

1. 必要物品の受け渡しの際は、事前に病棟スタッフに御連絡ください。病棟に来訪して 頂いたあと、病棟でスタッフが対応いたします。この場合も面会は控えていただきます。

2. 手術の際の面会は、携帯電話で連絡できるよう待機していただき、病棟にすぐに戻れ る場所で待機してください。待機場所は、< デイルーム、もしくは車の中 >です。 面会については病棟スタッフの指示に従ってください。

面会時の感染対策につきまして
 1. マスク着用と手指消毒の徹底。
 2. 「面会カード・健康状態チェック表」の記入と発熱・咳等の健康チェック。
 3. マスク着用が困難な患者さんへの面会時のマスク・フェイスシールドの装着。


                                     埼玉医科大学病院
                                      病院長 篠塚 望  

ページの先頭へ戻る

埼玉医科大学病院での新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のご紹介2020.11.18

  • 1.当院では県内の約70の基幹病院と同様に、一定数のCOVID-19患者さんの入院治療にあたっていますが、他の病棟とは独立した全館陰圧の感染症病棟を使用しているため、院内感染のリスクを最小化することができます。これまでに150人以上の患者さんに対応していますが、院内感染は皆無です。

  • 2.当院ではCOVID-19の疑いのある患者さんは、一般の患者さんと動線を分けた専用のスペースで診療を行っています。したがいまして、一般の患者さんには安心して通常通りの診療を継続していただくことが可能です。一方で、疑いのある患者さんには、適切な検査が可能です。

  • 3.当院の検査部ではCOVID-19のPCR検査、抗原定量検査が院内でも可能なシステムを有しています。迅速かつ精密な検査体制により、安心して医療を受けていただけます。

  • 4.当院は7名の感染症を専門とする常勤医師を有し、万全の対策に努めています。基礎医学棟入口では体温測定とマスク着用のチェックを行い、さらに職員全員、毎日の健康管理を行っています。防護服、アイシールド、N95マスクなどの資材も十分に供給できる体制を完備しています。

  • このように、当院では一般の診療をこれまで通りに継続しながら、COVID-19につきましても、近隣施設と連携し、適切に患者さんを診察します。


基礎医学棟入口 体温測定の様子

検査部の様子

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症に対する当院の対応について2020.5.25

埼玉県の感染症指定医療機関である当院は、陰圧設備を整えた感染症専用の外来診察室と感染症病棟を有しております。
 新型コロナウイルス感染症の患者さんについては、この専用施設で専門の医療スタッフが診療を行っており、 外来・入院ともに一般の患者さんと接することはありません。受診を希望される皆様方は、安心して診療・治療を受けてください。
 なお、院外からの感染防止のために、入院患者さんへの面会を禁止しております。何卒、ご理解ご協力のほどお願いいたします。
                                    
                                      埼玉医科大学病院                                       病院長 篠塚 望


ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース