1. ホーム >
  2. 受診案内 >
  3. 中央放射線部のご案内 >
  4. 一般撮影乳房
受診案内

透視検査

2016年7月5日更新

人体には、X線を通すだけで見えるものと、見えないものがあります。X線透視検査では消化管や静脈などに造影剤を注入し、X線透視により形態を検査します。これを造影検査といいます。
検査室は1階放射線画像診断1、X−8からX−10の検査室を使用しています。

透視検査室の紹介 X線透視検査室の代表的な検査 注意事項 X線透視検査に対するQ&A

透視検査室の紹介

各検査室の装置及び用途

検査室 装置 用途
X-8 東芝製 DREX-BX68X2
FLUOREX Winscope 6000
上部消化管造影検査、下肢静脈造影など
X-9 東芝製 DREX-ZX80
ZEXIRA
産婦人科・泌尿器科・整形外科・小児科など
X-10 東芝製 DREX-BL38M2
FLUOREX Finescope 300
下部消化管造影検査、透視下内視鏡検査など

 

DREX-BX68X2 Winscope 6000 DREX-ZX80 ZEXIRA
DREX-BX68X2 Winscope 6000 DREX-ZX80 ZEXIRA
DREX-BL38M2 Finescope 300
DREX-BL38M2 Finescope 300

▲このページの先頭に戻る

X線透視検査室の代表的な検査

 
上部消化管造影検査(食道・胃)
  バリウム(造影剤)を飲んで頂き、食道や胃の形状、粘膜の状態を観察する検査です。
対象となる症状:頸部違和感、胸焼け、心窩部痛、胃部不快感、吐き気、嘔吐など
対象となる疾患:食道癌、逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍など
[検査時間]
 検査時間は約20分です。
下部消化管造影検査(大腸)
  肛門からバリウムと空気を注入し、大腸の形状や粘膜の状態を観察する検査です。
対象となる症状:下痢、便秘、腹部膨満感、下血、便潜血陽性など
対象となる疾患:大腸癌、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン氏病など
[検査時間]
 検査時間は約30分です。
泌尿器系検査:経静脈性尿路造影検査(IVU)
  腕の静脈にヨード造影剤を注入して腹部のX線撮影を行い、腎臓・尿管・膀胱の形状および機能を観察する検査です。
対象となる症状:血尿、背部痛など
対象となる疾患:腎結石、尿管結石、腎癌、尿管癌、膀胱癌、水腎症の原因検索など
[検査時間]
 検査時間は約30分です。
子宮卵管造影検査 (HSG)
  主に不妊症の原因検索に行う検査です。子宮内腔にヨード造影剤を注入して、子宮内腔の形状や卵管の通過状態を観察する検査です。
[検査時間]
 検査時間は約20分です。
透視下内視鏡検査:内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査 (ERCP)
  胆汁は肝臓で造られ胆管を、膵液は膵臓で造られ膵管を通って十二指腸にあるファーター乳頭から排出されます。この検査は、口から内視鏡を挿入し、胆管や膵管の開口部であるファーター乳頭からヨード造影剤を注入して、胆管や膵管を撮影する検査です。
近年では、造影診断だけでなく治療目的で行うことが多くなっています。
対象となる症状:嘔吐、食欲不振、右季肋部(右側肋骨の下のあたり)痛、食後の背部痛、閉塞性黄疸など
対象となる疾患:胆管結石、胆管がん、膵臓がん、慢性膵炎、膵管胆管合流異常症など
[検査時間]
 検査時間は約60分です。

▲このページの先頭に戻る

注意事項

▲このページの先頭に戻る

X線透視検査に対するQ&A

Q上部消化管造影でバリウムはどのくらい飲むのですか?
バリウムの量は約100〜150ccと以前に比べ少量となっていますが、胃の大きさや形によって異なります。
Q下部消化管検査で検査食をたべるのはなぜですか?
大腸内に便が残っていると、検査ができない場合や、正しい検査結果が得られないことがあるので、なるべく便が残らないような食事をしていただく必要があります。これによって検査の精度が左右されます。
Q使用した造影剤はどうなりますか?
バリウムを使用した場合は便排泄です。
ヨード造影剤を使用した場合は尿排泄です。
水分制限のない患者様は、検査後水分摂取を心掛けてください。

▲このページの先頭に戻る