1. ホーム >
  2. 受診案内 >
  3. セカンドオピニオン外来
受診案内

セカンドオピニオン外来を希望される方へ

2016年8月8日更新

■セカンドオピニオン外来のご案内  
■ご相談について ■申し込み予約方法
■相談実施までの流れ ■Q&A

セカンドオピニオン外来のご案内

セカンドオピニオン外来は、埼玉医科大学総合医療センター以外の保険医療機関(かかりつけ病院)に入院または通院されている患者さんを対象に、当院の専門医がかかりつけ病院からの情報を基に診療及び治療内容等に関して助言をし、患者さんがご自身の治療方針を選択される際の参考にしていただくことを目的としております。

セカンドオピニオン外来を受けるにあたっては、各項のご案内をご理解の上、お申し込みをお願いいたします。

▲このページの先頭に戻る

ご相談について

@ご相談できる方

原則、患者さんご本人です。 ただし、一部の科ではやむを得ない事情により患者さんご本人が来院できない場合、患者さんの同意書をお持ちいただき、ご家族だけでもご相談が可能です。

A相談可能診療科[診療科をクリックすると具体的な専門分野が表示されます。]

相談は下記の診療科を対象としてお受けいたしますが、診療科は申込書の相談内容を確認の上、当方で決めさせていただきます。

消化器・臓内科 内分泌・糖尿病内科
リウマチ・膠原病内科 血液内科
□心臓内科 呼吸器内科
腎・高血圧内科 □神経内科
□メンタルクリニック □麻酔科
放射線腫瘍科 □脳神経外科
□心臓血管外科 肝胆膵外科・小児外科
□ブレストケア科(乳腺科) □呼吸器外科
消化管・一般外科 □小児科
□新生児科 □産科
□産婦人科 □整形外科
形成外科・美容外科 □リハビリテーション科
耳鼻咽喉科 皮膚科
□泌尿器科 □歯科口腔外科

B相談担当医

当該診療科の外来医長および教授、准教授、講師もしくは紹介医の指定する医師が担当します。 尚、相談医が指定されていない場合は、該当診療科で人選されます。

C相談日時

予約制です。 相談日時は、担当医師と調整の上決定いたします。

D相談内容

相談内容は、診断、治療に関することに限ります。 治療は行いません。あくまでもご相談のみとなります。

注)相談をお受けできない場合

 

E相談に必要な資料

有効なセカンドオピニオンの提供をさせていただくには、かかりつけ医からの情報や検査資料等を必ず事前(申込と同時)にお持ち下さい。(送付可)

F相談にかかる費用

料金は、30分まで10,000円(税別)です。以降、30分またはそれ未満の端数を増すごとに10,000円(税別)の追加となります。 健康保険の適用にはなりません。

▲このページの先頭に戻る

申し込み予約方法

@予約

セカンドオピニオン申し込み予約は、医務課庶務係が担当いたします。尚、必要書類は以下よりダウンロードすることができます。

申込書【様式1】
同意書【様式2】
同意書【様式3】
(ご家族だけの場合)

A相談日時のご案内

ご提出いただいた申込書の内容を検討後、相談日時の調整・ご連絡を電話にていたします。 有効なセカンドオピニオンの提供をさせていただくには、かかりつけ医からの情報や検査資料等を必ず事前(申込と同時)にお持ち下さい。(送付可)

B相談日当日

相談日当日は、埼玉医科大学総合医療センター1階:総合案内窓口で受付を行います。

C相談場所

保険診療指導室もしくは各科診察室にて行います。

D相談料金の徴収

相談終了後、D支払窓口でのお支払いとなります。 料金は、30分まで10,000円(税別)です。 以降、30分またはそれ未満の端数を増すごとに10,000(税別)円の追加となります。健康保険の適用にはなりませんので、あらかじめご承知おき下さい。

お問い合わせ
〒350-8550 埼玉県川越市鴨田1981番地
埼玉医科大学総合医療センター
医務課 庶務係(セカンドオピニオン担当)
電話 049-228-3410
FAX  049-226-1567

▲このページの先頭に戻る

相談実施までの流れ

 

相談実施までの流れ図

▲このページの先頭に戻る

Q&A

Q:セカンドオピニオンとは?

A:セカンドオピニオンとは、現在の自分の病状・診断や治療方針について、主治医以外の医師の意見を求めることをいいます。

 

Q:どういうときに相談するの?

A:主治医による診断内容や治療方法に関して、患者さんが他の医師の意見・判断など、いろいろな情報を得て、納得のいく治療方針を自ら選択される際の参考にしたいと思われるようなときです。 たとえば、
    1. 主治医による診断や治療の説明を受けたが、確信が持てずどうしたらよいか悩んでいる場合。
    2. 主治医から勧められた治療方法を選択・決断するには情報が足りないと思っている場合。
    3. 主治医から勧められた治療方法以外に良い方法がないかと考えている場合。

 

Q:誰でも相談を受けられるの?

A:原則、患者さんご本人です。
ただし、やむを得ない事情により患者さんご本人が来院できない場合は、患者さんの同意書をお持ちいただき、ご家族だけでもご相談が可能です。
ご家族の場合は、同意書並びに相談者を証する書類(免許証・健康保険証等)をお持ち下さい。
尚、患者さんが未成年の場合は、続柄を確認できる書類をお持ち下さい。

 

Q:相談を受けるときに準備するものは?

A:有効なセカンドオピニオンの提供をさせていただくには、主治医からの情報や検査資料を必ず事前(申込と同時)にお持ち下さい。(送付も可)
症例によって、超音波検査や病理検査などの結果、画像・標本などをお持ち下さい。

 

Q:相談はどのような医師が担当するの?

A:当核診療科の外来医長および教授、准教授、講師もしくは紹介医の指定する医師が担当します。
尚、相談医が指定されていない場合は、該当診療科で人選されます。

 

Q:相談の費用はどれくらいかかるの?

A:料金は、30分まで10,000円(税別)です。
以降、30分またはそれ未満の端数を増すごとに10,000円(税別)の追加となります。
健康保険の適用にはなりません。

▲このページの先頭に戻る