1. ホーム >
  2. 入院案内 >
  3. 入院
入院案内

入院

入院手続

各科外来で診察を受け入院が決まりましたら、入院日当日1階入退院受付で手続きをして下さい。

ご持参いただくもの

  1. 入院誓約書
  2. 連帯保証書(別世帯で身元確実な成人の方)
  3. 病衣使用願い
  4. 健康保険証(労災、及び各種助成等をご利用される方は証明書等)
  5. 診察券
  6. 印鑑(朱肉を使用するもの)
  7. 退院証明書(他院より転院される場合)
  8. 前納金(クレジットカードの使用はできません)
    5万円 後期高齢者医療、高齢者受給者証、各種公費、労災保険
    15万円 保険負担2割及び3割
    25万円 お産、体外受精、自費、交通事故等

※前納金預り証は退院時に精算いたしますので大切に保管して下さい。

※緊急やむをえず手続きをしないで入院された方は、速やかに入院手続きをして下さい。

▲このページの先頭に戻る

入院時の携帯品について

日用品:洗面用具(歯ブラシ・歯みがき・ひげそり・タオル)バスタオル、石けん、シャンプー、湯呑み又は吸い飲み、室内履(底がゴム製などのすべりにくいもの)、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、下着類等

※その他医師又は看護師から治療・検査上必要であり、指示のあったもの。

※盗難防止のため貴重品、多額の現金は持参しないようにして下さい。

※日用品は院内の売店にもおいてあります。

▲このページの先頭に戻る

寝具・病衣について

▲このページの先頭に戻る

付き添いについて

▲このページの先頭に戻る

面会について

  月曜日〜金曜日(平日) 土曜日、日曜日、祝日
一般病棟 13:00〜19:00 11:00〜19:00
3階東病棟 14:00〜19:00 14:00〜19:00
周産期3階 14:30〜19:00 11:00〜19:00

※病棟によっては面会時間が異なります。

▲このページの先頭に戻る

入院医療費について

入院医療費は厚生労働省が指定する「包括評価方式(DPC/PDPS)」という医療制度での請求です。(平成20年7月より)この制度は、診療行為ごとに料金を合計して入院医療費を計算する『出来高方法』とは異なり、患者さんの病気や病状をもとに、処置等の内容に応じた1日あたりの定額の医療費を基本に、入院医療費を計算する『包括方法』となります。

DPC/PDPSとは(Diagnosis Procedure Combination/Per Diem Payment System)の略で、従来の診療行為ごとに計算する「出来高方式」とは異なり、入院患者さんの病名とその症状・治療行為をもとに、厚生労働省が定めた分類(診断群分類)ごとの1日あたりの金額からなる包括評価部分(入院料、検査、投薬、注射等)と出来高評価部分(手術、麻酔、リハビリ、指導料等)を組み合わせて計算する新しい計算方法です。

▲このページの先頭に戻る