1. ホーム >
  2. 診療科のご案内 >
  3. 患者さん向け >
  4. 神経内科
診療科のご案内

神経内科−患者さん向け

2016年9月15日更新

診療スタッフ 診療内容・専門分野 外来診療について
セカンドオピニオンの受付 診療実績 関連病院
上記以外の連携施設 受診されるみなさまへ  

診療スタッフ

野村 恭一 診療科長・教授
野村 恭一 臨床神経学・免疫性神経疾患
末梢神経疾患・血液浄化療法
日本神経免疫学会理事
日本アフェレシス学会理事
日本末梢神経学会理事
日本神経学会評議員
日本神経治療学会代議員
日本神経感染症学会評議員
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医他
深浦 彦彰 准教授
深浦 彦彰 臨床神経学・血液浄化療法
免疫性神経疾患・脳卒中
日本神経治療学会評議員
日本神経免疫学会評議員
日本神経学会代議員
日本脳卒中学会
日本免疫学会
日本末梢神経学会
日本アフェレシス学会
American Academy of Neurology
American Immunological Association
Federation of Clinical Immunology Society、他
傅法 倫久 准教授
傅法 倫久  
日本脳卒中学会評議員・専門医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本心血管脳卒中学会
日本脳神経超音波学会
日本神経治療学会
日本栓子検出と治療学会
The Mt.Fuji Workshop on CVD
東京脳卒中の血管内セミナー ファカルティー他
三井 隆男 医局長・講師
  臨床神経学
末梢神経疾患(CIDP・GBS)
電気性理学
  日本神経学会
日本末梢神経学会
神経免疫学会
王子 聡  
  臨床神経学
免疫性神経疾患(MS・MG)
血液浄化療法
  日本神経学会
日本神経免疫学会
日本アフェレシス学会評議員
吉田 典史 病棟医長
  臨床神経学
MDSJ
   
小島 美紀 外来医長
  臨床神経学
  日本神経学会

山里 将瑞 非常勤講師
  臨床神経学
脳卒中
頸部血管超音波
  日本神経学会
日本脳卒中学会

他、10名の医局員にて日々診療に従事しております。

▲このページの先頭に戻る

診療内容・専門分野

患者様が訴えられる症状は、「頭痛、手足のしびれ、めまい、物忘れ、手足のふるえ、手足の脱力、けいれん、手足が勝手に動く、ものが飲み込みにくい、呂律が回らない、物が二重に見える、疲れやすい、瞼が下がる」など様々なものがございます。

しかし、患者様ご自身が神経内科を受診すべきかどうかを判断されることは、難しいことだと承知しております。この場合、お近くのかかりつけのお医者様に、ご自分の症状を相談され、神経内科受診を勧めていただくことが一つの手段と考えられます。その際には、紹介状をご持参いただけますと、当科での診療がよりスムーズに進みますので、何卒宜しくお願い申し上げます。


a.脳疾患 脳卒中(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病、パーキンソン症候群、脳炎、髄膜炎等
b.末梢神経疾患 ギラン・バレー症候群(GBS)、糖尿病性末梢神経障害、各種の神経痛等
c.筋肉疾患 筋炎、筋ジストロフィー等
d.各種の神経難病 免疫性神経疾患(多発性硬化症(MS)、重症筋無力症(MG)、GBS、
慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症等
e.その他 頭痛、てんかん、認知症、頚・腰椎症、(低髄液圧症候群等)

上記のように神経内科では、脳血管障害、免疫性神経疾患、末梢神経疾患、変性疾患、頭痛、認知症をはじめとする多彩な神経疾患の診療を行っております。

特に、多発性硬化症、脳炎、脊髄炎、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症等の免疫性神経疾患に対する治療法として、免疫療法(ステロイド療法、 免疫グロブリン療法、血液浄化療法、免疫抑制療法等)を駆使した最新の治療を行っており、最近では血液浄化療法の先駆的な治療法の研究開発により 良好な治療成績をあげ、国際的にも高い評価をも受けております。

また、当科では多くの脳梗塞患者様を受け入れており、超急性期治療である血栓溶解療法(t-PA)をはじめ、急性期から回復期までの治療、さらにリハビリ科との連携により急性期からのリハビリテーション治療を積極的に行っております。

▲このページの先頭に戻る

外来診療について

※各日時・担当は外来診療担当医表を御参照ください。

1)専門外来・特殊外来
  a.多発性硬化症(野村・深浦・王子)
  b.パーキンソン病/変性疾患(野村・吉田)
  c.重症筋無力症(伊崎・王子)
  d.頭痛(原)
  e.CIDP・GBS(三井)
  f.脳卒中(傅法・田島)
  g.筋緊張性ジストロフィー(木下)
  h.てんかん(小島)
  i.認知症(鈴木)
  j.電気生理(三井、成川)

認知症、頭痛の症例では診断と治療方針が明確になりますと関連施設、依頼施設に治療継続をお願いしております。あらかじめご承知おきください。
てんかん外来では難治性の患者様は埼玉医科大学病院精神科てんかん外来にお願いしております。 (当科てんかん専門医は不在)
平成23年度「多発性硬化症」、「重症筋無力症」、「てんかん」、「認知症」各専門外来を新設いたしました。


▲このページの先頭に戻る

セカンドオピニオンの受付

専門外来・特殊外来に準じますのでそちらをご覧ください。

▲このページの先頭に戻る

診療実績(平成27年度)

診療実績(平成27年度)
 1)外来患者数
    総人数 20,020人 (同一人物の複数回受診含む)
    うち 初診・予約外 7,987人、 再診 12,033人
 2)入院患者数  741人

        H27年度入院患者内訳
@血管障害 脳梗塞 276
脳出血 2
もやもや病 1
黒内障 1
A感染、炎症 細菌性髄膜炎 5
無菌性髄膜炎 10
高血圧性脳症 3
橋本脳症 1
その他の脳症、脳炎(辺縁系脳炎も含み) 12
感染性筋炎 2
クロイツフェルト・ヤコブ 4
視神経炎 2
神経梅毒 1
肥厚性硬膜炎 4
脳梁エンセファロパチー 3
チャーグ ストラウス症候群 3
B変性 筋萎縮性側索硬化症 21
パーキンソン病 6
脊髄小脳変性症・多系統委縮症 14
スティッフパーソン症候群 1
アルツハイマー型認知症 4
C脱髄 多発性硬化症・視神経脊髄炎 64
急性散在性脳脊髄炎 14
  D代謝 正常圧水頭症 5
低血糖性脳症 1
MELAS 3
E腫瘍 脳腫瘍(転移性含め) 16
傍腫瘍性症候群 1
F機能性 てんかん 30
  G脊髄 (横断性)脊髄炎 4
亜急性連合性脊髄変性症 2
脊髄ミオクローヌス 2
H末梢神経 ギランバレー症候群 24
慢性炎症性脱髄性多発神経炎 37
シャルコー・マリエ・トゥース 1
クロウ・深瀬症候群 1
I神経筋接合部及び筋 重症筋無力症 39
多発性筋炎・皮膚筋炎 4
筋ジストロフィー 2
横紋筋融解症 1
先天性パラミオトニア 1
周期性四肢麻痺 1
封入対筋炎 1
糖尿病性眼筋麻痺 1
J自律神経    
Kその他 一過性全健忘 3
(感染後)脳神経麻痺 8
平山病 1
脊髄性筋萎縮症 1
神経スウィート病 1
アルコール性神経障害 6
神経サルコイドーシス 1
抗リン脂質抗体症候群 1
アイザック症候群 1
ベル麻痺 2
その他 85
合計 741


▲このページの先頭に戻る

関連病院

埼玉医科大学病院
埼玉医科大学国際医療センター
埼玉精神神経センター
東松山医師会病院
秩父市立病院
小川日赤病院
埼玉社会保険病院
国家公務員共済組合連合会立川病院

▲このページの先頭に戻る

上記以外の連携施設

上尾甦生病院
上尾中央総合病院
池ノ台病院
イムス三芳総合病院
帯津三敬病院
霞ヶ関南病院
上福岡総合病院
川越リハビリテーション病院
康正会病院
彩のクリニック
赤心堂病院
武蔵野総合病院
冨家病院
深谷日赤病院
豊岡第一病院
川島病院
武蔵台病院
ヘリオス会病院
楢林神経内科クリニック
埼玉県立リハビリテーション病院
国立リハビリテーション病院 など

▲このページの先頭に戻る

受診されるみなさまへ

外来診療全般に対するお問い合わせ先
  受診に関するお問い合わせ
  神経内科外来 TEL 049-228-3603 へお願い致します。

 

▲このページの先頭に戻る