1. ホーム >
  2. 診療科のご案内 >
  3. 患者さん向け >
  4. 総合周産期母子医療センター母体・胎児部門
診療科のご案内

総合周産期母子医療センター母体・胎児部門−患者さん向け

2015年11月11日更新

診療スタッフ 診療内容 受診されるみなさまへ
周産期産科関連電話番号 麻酔部門  

診療スタッフ

関 博之 関 博之(SEKI Hiroyuki)
副センター長・教授
  <総合医療センター産婦人科教授兼任>
周産期学、妊娠高血圧症候群
プロスタグランディン代謝
産婦人科手術学
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本周産期・新生児学会周産期暫定指導医
     
馬場一憲 馬場一憲(BABA Kazunori)
教授
  3次元超音波、産科婦人科超音波診断
胎児医学、周産期医学、産婦人科ME
電子工学の医学への応用
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本超音波医学会超音波指導医
日本超音波医学会超音波専門医
     
鈴木洋通
鈴木洋通(SUZUKI Hiromichi)
教授
  <埼玉医科大学腎臓内科教授兼担>
高血圧妊婦の管理・治療
日本内科学会認定医
日本内科学会専門医
日本内科学会指導医
日本透析医学会認定専門医
日本透析療法学会指導医
日本腎臓学会認定専門医
日本内分泌学会専門医
     
板倉敦夫 板倉敦夫(ITAKURA Atsuo)
教授
  <埼玉医科大学産婦人科教授兼任>
産婦人科一般、周産期医学
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体・胎児専門医暫定指導医
     
竹田 省 竹田 省(TAKEDA Satoru)
客員教授
  <総合医療センター産婦人科教授兼任>
周産期学、産科救急治療学
婦人科腫瘍学
日本産婦人科学会産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会暫定指導医
日本癌治療学会臨床試験登録医
     
照井克生 照井克生(TERUI Katsuo)
教授
  産科麻酔学、小児麻酔学
日本麻酔科学会指導医
     
斉藤正博 斉藤正博(SAITO Masahiro)
教授
  不妊・不育症、生殖内分泌、体外受精
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本産婦人科内視鏡学会技術認定医

 

▲このページの先頭に戻る

診療内容

常勤スタッフは、関博之副センター長、馬場一憲教授、斉藤正博教授、小野義久(病棟医長)、大原健(医局長)江良澄子(外来医長)他助教15名です。非常勤スタッフは、竹田省客員教授(順天堂大学医学部産婦人科主任教授)、高木健次郎客員教授(自治医科大学さいたま医療センター教授)です。産科麻酔部門は、照井克生教授をはじめ4名の産科専門麻酔医が待機し、産科麻酔、無痛分娩、産科救急症例の管理にあたっています。医師、助産師、臨床心理士と協力して産後うつ病の予防(妊娠中よりのカウンセリングなど)、早期発見につとめています。また、家庭内暴力や(DV)児童虐待防止に地域公的機関と協力して、全力で取り組んでいます。

母体・胎児部門外来に置かれているエスキモー母子の像の写真 アルバータ大学(カナダ)産婦人科Nestor N.Demianczuk教授より、
当周産期センターに贈られたものです
(2001年7月)。アルバータ大学産婦人科との交流の記念です。
母体・胎児部門外来に置かれているエスキモー母子の像

専門外来の特色

 

総合周産期母子医療センター母体・胎児部門の特色

年間分娩数1078のうち緊急母体搬送や紹介症例が59%を占めNICUと連携し、ハイリスク妊婦の管理にあたっています。2000年から総合周産期母子医療センターが開院し、病床数92床(母体胎児集中治療管理室15床と後方ベッド31床、新生児集中治療管理室21床と後方ベッド25床)の全国でも最大規模の周産期センターとなりました。産科紹介症例は75%以上です。多くのハイリスク妊婦をあつかうため帝王切開率は52%を超え、日本で最も帝切率が高い病院の一つです。鉗子分娩を確実に、安全に行えるように指導していることも特徴です。また臨床心理士を配置し、身体面のみならず精神面からもケアーしています。以下のように4部門にわかれています。

I. 母体救急部門

常位胎盤早期剥離(年間44例、2006年)、前置胎盤や分娩時、産褥期の大量出血、DIC症例、肺塞栓症例など産科ショックを扱う救命救急センターとして機能しています。
  輸血・細胞治療部と共同で妊婦の自己血輸血を行っており、輸血の3分の2は自己血輸血でまかない、他家血輸血を回避しております。
  出血量20,000ml以上の嵌入胎盤の産褥搬送症例やメンデルソン症候群の心肺停止症例、肺塞栓症心肺停止症例、周産期心筋症による心原性ショック例も多数救命しております。DIC併発した産科大量出血では経カテーテル的動脈塞栓術を行い、子宮を摘出せず、多数例の止血救命に成功しております。

II. 母体合併症部門

早産、妊娠高血圧症候群、多胎、胎児発育遅延などのハイリスク妊婦の管理を行っています。内科、外科、精神科などと協力して血液疾患、膠原病、腎炎、腎透析、糖尿病などの合併症をもつ妊婦の症例も多く扱います。妊娠高血圧症候群重症例が多く搬送されるのが特徴ですが、妊婦の深部静脈血栓症・肺塞栓症例13例も無事出産しております。早産、多胎、重症妊娠中毒症は増加傾向にあり、新しい管理法にもチャレンジしています。多胎管理は年間100例をこえています。妊娠中よりカウンセリングを行い、産後うつ病発症予防や、心のケアにつとめ、また家庭内暴力、児童虐待防止につとめています。

III. 胎児診断・胎児治療部門

3次元超音波の第一人者であり、産婦人科領域では数少ない超音波"指導医"である馬場教授のもと、胎児診断や胎児病態生理の解明に力を入れています。 羊水検査、臍帯穿刺による胎児血の検査、胎児胸水穿刺や腹水穿刺による貯留液の検査、胎児MRI検査など、胎児に対する特殊検査も行っています。
  正確な胎児診断に基づき、当センターの新生児部門、周産期麻酔部門、小児外科、脳外科、形成外科などと連携をとりつつ、胎児重症貧血に対する胎児輸血、胎児胸水や重症水腎症などに対するシャント手術などの胎児治療や、出生後の新生児手術を含む新生児治療などを的確に選択し、胎児を「一人の患者さん」として、胎児期から新生児期への一貫した治療を目指しています。
  長期入院例や胎児異常をもつ妊婦さんなどに対しては、臨床心理士によるカウンセリングも行っています。

IV. 産科麻酔部門

産科専門麻酔医による無痛分娩や救急症例の全身管理を産科医と協力して行っています。

★ かるがもの集いへのお誘い

▲このページの先頭に戻る

受診されるみなさまへ

▲このページの先頭に戻る

周産期産科関連電話番号

市外局番は049です
周産期産科外来
(総合周産期母子医療センター2階 母体・胎児部門)
外来 228-3716 受診の問い合わせ、予約の変更等、患者さんはこちらへ
母体・胎児部門病棟 228-3718 入院患者様へのお取次はできません。
(簡単な伝言は承ります)

夜間・休日診療 228-3595 17時以降の急患診療

▲このページの先頭に戻る

麻酔部門

帝王切開麻酔や無痛分娩は、産科麻酔専門医が専任で行っております。全国に先駆けて周産期センター内に専任の麻酔医が常駐し、診療できる体制を作り上げました。

土曜午前中には産科麻酔専門外来も開いております。無痛分娩をご希望の方は、麻酔のご相談もご遠慮なくお申し出下さい。 産科医と麻酔医と合同で行っている無痛分娩は、全国でも定評があります。

☆日時: 毎土曜日午前9時より12時まで
☆場所: 総合周産期母子医療センター産科外来
※ 麻酔科ペインクリニック外来ではありませんのでご注意下さい
☆診療担当医: 照井克生
※場合により他の専門医師が担当することもあります。
☆対象となる方: 無痛分娩を希望される方、合併症をお持ちの妊婦さん。
☆内容:

無痛分娩について詳しく知りたい方に説明致します。説明を受けたからと言って、必ず無痛分娩を実施するわけではありません。妊婦さんの疑問にお答えします。実際に無痛分娩を希望されるかどうかは、陣痛が来てから決めていただけば十分です。必要なときにすぐ無痛分娩を開始するために、あらかじめ充分な説明を行います。また、合併症をお持ちの妊婦さんでは、あらかじめ詳しく診察をすることで、帝王切開であれ経膣分娩(下からのお産)であれ、その際の麻酔や全身管理をより安全に行うための準備ができます。安全なお産に向けてどのように私たちがお手伝いできるのか、その方針を話し合います。このような準備をしておけば、緊急に帝王切開が必要となったときでも、お母さんと赤ちゃんのことを十分知った上で、その時点での最善の麻酔を行うことができます。

☆申し込み方法:

産科外来受診の際に、担当の産科の医師にお話下さい。紹介状を作成して受診の手続きを致します。また、産科担当医から、必要な方には周産期麻酔科外来受診をお勧めすることもあります。


お問い合わせ先
産科外来 049-228-3716
総合周産期母子医療センター
  麻酔科
049-228-3729

▲このページの先頭に戻る