1. ホーム >
  2. 診療科のご案内 >
  3. 医療関係者向け >
  4. 輸血・細胞治療部
診療科のご案内

輸血・細胞治療部

 

輸血に関する説明と同意書の改訂に関して
  輸血療法に関する説明と同意(説明文)
  輸血に関する説明と同意書

輸血療法に関する説明と同意(説明文)

(血漿分画製剤を含む説明,注1

1. 輸血療法とはどのようなものかを説明します。

輸血療法は,血液成分に由来しない薬剤では治療できない病状,つまり,1)酸素を組織に運ぶ赤血球の不足,2)血液を固めたり出血を止 める血小板や凝固因子の不足,3)病原体に対抗したり循環を安定させる血漿蛋白の不足の場合等に,これらを補うために赤血球,血小板,凍結血漿を使用する治療法です。
また,血漿成分を精製した血漿分画製剤の使用も輸血療法に含まれます。


2. 輸血療法を必要とするあるいはその可能性がある(あなたの)病態・病状を説明します。

『例 出血(外傷,臓器出血,ショックなど 具体的に説明)。手術(術式,内容などが必要)。貧血(より具体的に説明)。血小板減少,凝固因子低下,循環血液量減少,髄液漏,その他(止血困難など)』


3. 輸血療法を行わない場合には重症になったり,生命に危険が生じる可能性があります。

具体的には(ショック,心不全,出血,その他)です。


4. 今回(1週間ほどの間で一連の)使用予定輸血製剤名と量は以下のとおりです。注2

(1)同種血『実際には献血由来の他人血です。』
濃厚赤血球製剤   単位(1単位はもとの血液量200mlに由来する製剤),濃厚血小板製剤   単位,
新鮮凍結血漿   単位,その他の血液製剤               
(2)自己血   ml。(3)血漿分画製剤:アルブミン   ,グロブリン製剤   ,凝固因子    。(4)組織接着剤   。(5)その他の血漿分画製剤              

5. 輸血の副作用・合併症と現在とられている安全対策

正しい輸血をおこなっても副作用や合併症の発生の危険性が全くないわけではありません。輸血の副作用には(1)感染症,(2)免疫学的反応,(3)アレルギー反応,(4)その他がありますが,それぞれについて予防措置をしていますので合わせて説明します。

(1)感染症 輸血用血液製剤は,善意の献血によって支えられています。この献血を日本赤十字社血液センターでは,問診,生化学検査および成人T細胞白血病ウイルス抗体検査,梅毒反応検査,そして,B型肝炎ウイルス,C型肝炎ウイルス,HIV(エイズ)ウイルスの抗体と核酸増幅検査を行っています。(血漿分画製剤は製造会社が同等の検査を行っています。)
核酸増幅検査法の導入後の輸血後感染症の血液センターヘの報告例は2001年度でB型肝炎:7例/日本全国(123万人)の輸血/1年間,C型肝炎:0例/日本全国(123万人)の輸血/1年間,HIV:0例/日本全国(123万人)の輸血/1年間です。この様に感染症に対する安全性は高まっています。
しかし,検査では検出できない病原体あるいは未知の病原体による感染症がごく稀に起こる可能性は否定できません。また,緊急の場合など核酸増幅検査が行われていない血小板製剤が使用されることがありますが,その場合は担当医から別に説明致します。
(2)免疫学的反応 ごく稀に輸血血液中のリンパ球が患者さんの組織や骨髄を障害する致死的な免疫反応(輸血後GVHDと言います)がおこることが報告されています。当センターではこれを予防するために,同種血(他人血)の赤血球製剤と血小板製剤に放射線照射を行っており,放射線照射製剤の輸血後GVHDの発生はありません。しかし,大量出血に対する緊急輸血では放射線照射が間に合わない場合もないとは言えません。(その場合,担当医から別に説明致します)
 そのほか,輸血後GVHDは血縁者(HLA:白血球抗原が一部共通)からの輸血により発生頻度が高くなるため,当センターでは血縁者間の新鮮血の輸血は行っていません。
(3)アレルギー反応 発熱やじんま疹,アナフィラキシー(ショック反応を伴う激烈なアレルギー反応)は御本人のアレルギー素因,血液製剤中のアレルギーに関わる蛋白や白血球に原因があると言われていますが,原因を特定できない場合がほとんどです。軽症の場合がほとんどですが,場合によっては,輸血を中止したり,抗アレルギー剤やステロイド剤を投与することもあります。重症な場合には厳重な観察と集中治療をします。これらの反応が起きた患者さんには以降の輸血では白血球除去フィルターや洗浄血液を使用するなどの対策をとることもあります。
(4)その他 血漿分画製剤は,製造会社において核酸検査等に合格した血液に対して,加熱処理やエタノール処理などのウイルスの不活化処理がなされており,最近ではB型肝炎,C型肝炎,HIVの感染報告はありません。
ウシ血液成分を用いた血漿分画製剤の原材料となる牛はBSE非発生地域生産国由来のものです。
当センターではこれらの副作用を避けるために厚生労働省のガイドラインにそった適正な血液製剤の使用に努めています。

6.自己血輸血,他人血輸血の選択

輸血には献血による他人血輸血以外に自分の血液を輸血する自己血輸血が選択できる場合があります。通常,自己血輸血は全身状態が良好で手術までに時間があり,貧血のない患者さんが行うことができます。緊急の場合や患者さんの状態によっては行えない場合があります。また,自己血輸血を実施する場合でも,予想以上の出血があった場合は,他人血を使用することがあります。

7.輸血に関する検査

安全な輸血を行うために輸血の前に,血液型,不規則抗体,交差適合試験などの検査が行われます。そのために患者さんから採血して,一部の血液は輸血検査のため(だけ)に保管されます。

輸血を受けた後2〜3ヵ月後に感染症等の副作用がなかったかどうかウイルス抗体検査など必要な検査が受けられますのでお申し出ください。

8.ご質問があればどうぞお尋ねください。

よろしければ同意書の□に説明を受けたものに○,受けていないものに×を記入して,署名押印して下さい。

注1) 『一般の輸血以外に血漿分画製剤を使用する場合の説明では,初めにそのことを明言し,同意書のチェック欄に○をつけます。血漿分画製剤を使用しない場合には同意書のチェック欄に×をつけます。説明文は一般の輸血と共通になっていますが,血漿分画製剤を使用しない場合には斜体部分は説明の必要はありません。』
注2) 『反復輸血が予想される血液疾患の場合にはおよそ1ヵ月間毎に説明することになります。』
『ここで口頭で種類と量を説明し,同意書の空欄に医師は記入します。』