1. ホーム >
  2. その他のご案内 >
  3. 栄養サポートチーム(NST)
その他のご案内

栄養サポートチーム(NST)

2018年4月20日更新

初めに・・・ 当院NSTの紹介 活動内容
NST専門療法士実地修練受け入れに関するお知らせ

 

初めに・・・

このたびは埼玉医科大学総合医療センターNSTのホームページにアクセスして頂きまして有難うございます。皆様ご承知の通り、NST(Nutrition Support Team)とは、多岐にわたる医療関係職種が協力して患者さんの栄養をサポートするチームのことです。

このホームページでは、主に私たちNSTの活動内容やNST専門療法士の実地修練について紹介させて頂きます。NST発足以来、現在もスタッフ全員で意見を出し合いながら、皆さまのニーズに応えられる活動にしようと努力しております。何かご質問やご意見がありましたら、NST事務局までメール(smcnst@saitama-med.ac.jp)にてお知らせ頂ければ幸いです。




埼玉医科大学総合医療センター 肝胆膵外科・小児外科
NSTチームリーダー
小高 明雄

当院NSTの紹介

NST発足のきっかけは、平成13年7月、当院の中央検査部から『栄養アセスメント項目Rapid turnover proteinの一つであるプレアルブミン(トランスサイレチン-TTR)を測定し、入院患者の栄養状態を的確に評価・管理することで、早期回復、合併症予防、QOLの向上、在院日数の短縮などが期待できるのではないか』との提案でした。その提案により医師、検査技師、看護師、薬剤師、管理栄養士のチームを編成、外科病棟にて消化器術後患者さんの栄養状態の調査・検討を開始したのが、当院NSTの基となる活動でした。 その後も症例検討会や勉強会を続け、『適切な栄養療法が行なわれることで患者さんにより質の高い医療が提供できるのではないか』という目標を掲げ、当院NSTは平成15年10月1日より全科依頼受託型のNSTとして活動を開始致しました。

現在のNSTスタッフは医師7名と中央検査部・看護部・薬剤部・栄養部・臨床工学部・事務部の7部門によりコアメンバーを設置、各病棟やその他の部門にNSTの実働メンバー・リンクスタッフを構え活動しています。また、NST専門療法士が17名(臨床検査技師8名、薬剤師3名、管理栄養士3名、看護師3名)在籍しており、NST専門療法士の修練教育施設としても稼動しております。

▲このページの先頭に戻る

活動内容

当院NSTは、1053床という規模から医師による直接依頼および栄養管理計画によるNST 栄養支援の提案、リンクナースによるハイリスク患者の抽出を実施しています。

NSTの主な活動内容は、

  • 回診・カンファレンス:毎週月曜日・火曜日、隔週水曜日
  • コアメンバー会議:懸案事項の検討、討議など(1回/月)
  • 研修会:第1月曜日(1回/月)

※講習会、勉強会、症例検討など様々なテーマでスタッフのスキルアップを図ります。

※外の方の参加も受け入れています。予定表をご確認ください。

<回診・カンファレンスの流れ>

回診・カンファレンスの流れ

また、当院NSTは川越地区のNST稼動施設として合同勉強会を開催しており、院外での勉強会や講習・講演なども行なっています。


2018年度 栄養サポートチーム(NST)月例研修会
目的 栄養療法に必要な知識を習得する、院内の栄養療法に関する考え方を統一する
参加 院内オープン参加形式(ポスター掲示などによる情報提供)、院外からの参加可
   ⇒ 全コース修了者には、修了証を発行
講師 原則NSTコアメンバーが行う。(コアメンバーの判断で他者への依頼も可)
開催 原則月1回 第1月曜日 17時45分〜18時45分 小講堂
※内容・日程等、変更になる場合もございますのでご了承下さい。
日付 テーマ 内容 担当
5月7日 チームリーダー挨拶
NSTとは
NST専門療法士:栄養管理総論@(医師)
NST・栄養管理について
栄養療法の選択、必要栄養量の算出
チームリーダー
NST専従
6月4日 NST支援患者について NST専門療法士:講義・実習@
栄養スクリーニング、アセスメント
看護師
7月2日 口腔ケア NST専門療法士:講義・実習@
口腔ケアについて〜口腔有害事象〜
実践について
医師 堀江先生
歯科衛生士
8月6日 検査と栄養 NST専門療法士:講義・実習@
栄養評価指標の総論
病態別、症状別検査の見方
検査値の読み方
臨床検査技師
9月3日 摂食・嚥下障害 NST専門療法士:講義・実習@
嚥下障害のある患者について
言語聴覚士
10月1日 静脈栄養法 NST専門療法士:講義・実習@
経腸栄養剤のプランニングとモニタリング
管理栄養士
11月5日 経腸栄養法 NST専門療法士:講義・実習@
静脈栄養のプランニングとモニタリング
薬剤師
12月3日 病態別栄養管理 NST専門療法士:講義・実習@
血糖管理について
医師
大竹先生
121
(第3週目)
病態別栄養管理 NST専門療法士:講義・実習@
小児の栄養と胃瘻管理
医師
小高先生
28
(金曜日)
病態別栄養管理 NST専門療法士:講義・実習@
緩和医療、終末期患者の栄養管理
医師
崎元先生
3月11日
(第2週目)
症例検討会
NST活動報告・連絡
NST専門療法士:総括@
症例検討会(各部署1症例)
全員
NST事務局
平成30年4月作成

  

▲このページの先頭に戻る

NST専門療法士実地修練受け入れに関するお知らせ

当院の実地修練受け入れは、年1回行ないます。

平成18年6月から受け入れを開始して、これまでに71名(院内・院外)の受講生を受け入れ、多くの方がNSTの専従・専任として活躍され、日本静脈経腸栄養学会認定のNST専門療法士の試験に合格しています。

<第14期実地修練申し込みについて>
@実習期間予定 平成30年6月4日(月)〜 7月12日(木)まで
※約1ヶ月の間で8日間の受講となります。
  スケジュール表をご確認下さい。
  日程は変更する場合もございますのでご了承ください。
A募 集 定 員 1〜2名程度
B募 集 期 間 平成30年4月13日(木)〜 4月26日(木)
C応 募 方 法 下記必要事項を記載の上、メールにてお申し込み下さい。
申し込み内容の確認後、必要書類等の手続きに関するご案内をメールにて送らせて頂きます。
D応 募 条 件 特になし
E費     用 メールにてお問い合わせ下さい。

<必要事項>

  • 氏名(ふりがなもお願い致します)
  • 勤務施設名(常勤者に限ります)
  • 職種
  • 返信先メールアドレス
  • 連絡先住所、電話番号
  • 医療、福祉施設での臨床実務経験年数
  • 日本静脈経腸栄養学会の会員、非会員について
  • 当院NSTで何を中心に実習を受けたいかご意見を合わせてお送り下さい。

 

F申し込み先:埼玉医科大学総合医療センター
            栄養サポートチーム(NST)事務局 大室美紀
           smcnst@saitama-med.ac.jp
        ※ 件名に『NST専門療法士実地修練申し込み』と記載してください。
        ※ 電話、FAXでのお申し込み、お問い合わせは受付けておりません。

注意

お申し込みの前に必ずこちらの カリキュラムスケジュール表 より日程をご確認ください。

受講開始直前のキャンセルはお控え下さい。


※ ご不明な点等ございましたら、NST事務局までお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ先:栄養サポートチーム(NST)事務局(栄養部 臨床栄養管理室内)

〒350-8550 川越市鴨田1981
 e-mail : smcnst@saitama-med.ac.jp

        

 

▲このページの先頭に戻る