診療担当医師表
ペインクリニック外来
東洋医学(はり・漢方)外来
こどものこころクリニック外来
骨粗鬆症外来
整形外科・スポーツ医学外来
リハビリテーション外来
形成外科・美容外科外来
成長発達支援外来
小児糖尿病・生活習慣病外来
メンタルヘルス外来
小児神経科外来
小児外科外来
糖尿病・内分泌疾患外来
生活習慣病外来
 
  >> top page
東洋医学(はり・漢方)外来


漢方薬とは

 漢方とは、患者さんの病態を「心身の歪」として漢方医学的な尺度で判断し、漢方薬を使ってその歪を是正していくものです。人間本来の治癒力を引き出すことを主眼としていて、調節、安定作用に優れています。そのため、作用はそれ程強くはありませんが、常に全身のバランスを考えながら、状態をいい方向へと近づけて行きます。一人一人に合わせて処方を行うことが基本の個別医療も特徴の一つです。漢方治療は機能性の疾患の治療や全身状態の改善、体質改善等に適しています。検査で症状を説明できるような異常がない場合などでも、漢方が役に立つことは少なくありません。西洋医学的な治療とうまく

 

はり治療とは

 はり治療は、2000年以上の歴史を有する東洋古来の伝統医術です。治療に用いる「はり」は、直径0.16mm〜0.30mmの非常に細いディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)で、刺入しても痛みを感じることはほとんどなく、むしろ心地よいものです。はり治療は、頭痛や肩こり、顔面神経麻痺、めまい、耳鳴り、頚肩腕症候群、五十肩、肋間神経痛、腰痛、坐骨神経痛、膝関節痛、スポーツ障害、関節リウマチなどの痛みや麻痺性疾患に効果があります。また、便秘や生理痛、足の冷え、排尿障害、軽度高血圧、膠原病に起因するレイノー現象や乾燥症状等の自律神経機能の異常が原因となる症状にも有効です。古くから国民の健康保持・増進に携わってきたはり治療ですが、近年、科学的な研究も数多く報告されるようになり、予防医学の面からも副作用が少なく、かつ安全性の高い治療法として再認識されております。治療を希望される方、また、はり治療についてのご質問はご遠慮なく外来までご連絡ください。

 

はり外来新規患者の主な症状・疾患

2011年1月〜2012年8月の期間にはり外来を新規受診した患者さま(314名)が訴えた症状

症状 出現率[%]
(実数)
腰痛 29.3 (92)
頸肩こり 21.0 (66)
異常感覚(しびれ、違和感など) 15.0 (47)
下肢痛(大腿部、下腿部) 12.7 (40)
頭痛 10.8 (34)
頸・背部痛 9.2 (29)
顔面筋麻痺 8.6 (27)
膝関節痛 4.8 (15)
肩関節痛 4.5 (14)
肘関節痛 2.6 (8)
 

診療時間(電話:049−238−8283)

  • 診療日
漢方 月(月1回午前),水(午前・午後),土(午前・午後)
はり 月〜土
≪祝祭日・年末年始を除く≫
  • 診療時間
午前 9時〜12時
午後 14時〜17時

 

 このページの先頭に戻る

 
平成29年7月18日現在
東洋医学鍼外来 (3F)
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日

午前
久保
菊池
堀部
小内
小俣
山口
 
 
小林
 
池田
久保
松浦
井畑
井瀬
池田
 
井畑
午後
山口
池田 堀部
小内
小俣
井畑 
小林
 
 
菊池友
池田
 
松浦
井畑
井瀬
山口
(月1回)
 
 
049−238−8283


平成29年4月28日現在
東洋医学漢方外来 (2F)
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日

午前  
磯部八
月1回
 
磯部秀
   
磯部秀
午後      
磯部秀
   
磯部秀
049−238−8283

 

 
 
クリニックの紹介 | 受診案内 | 診療内容 | 電話番号 | 交通案内 | その他
診療担当医師表 東洋医学外来・鍼外来 リハビリテーション外来 ペインクリニック外来 ジェンダークリニック外来 スポーツ医学外来