埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 包括的がんセンター > 乳腺腫瘍科

埼玉医科大学国際医療センター/乳腺腫瘍科

 
 
 

はじめに
 現在1年間で約4万人の日本女性が乳がんと診断されています。女性のがんでは第1位となり、この傾向は韓国・中国でも同様で、特に40−50歳台の働き盛りの女性が乳がんに多く罹っています。マスコミなどでも取り上げられる機会が多くなり、知り合いの人にも乳がんの患者さんが多くなっています。マンモグラフィを定期的に受けておれば特殊な乳がんをのぞいて、シコリの小さな時期に発見可能です。不幸にして乳がんと診断されても、頑張って治療を受けている患者さんを乳がん治療チームが全力を挙げて支援します。

(診療内容)
 乳腺に関するあらゆる病気を診療しています。なかでも乳がんの早期発見と治療について専門的に診療しています。乳腺の専門医が外来を担当しています。
  また、国際医療センターは日本乳癌学会認定施設であり、国内でも高い評価を受けています。
<乳がんの検診>
 基本的に地域の検診を受けられて、精密検査が必要と判断された方を対象とした精密検査を行っています。学会認定のマンモグラフィ読影専門医5名が精密検査を担当します。
<乳がんの診断>
 乳がんの発見のために国際医療センター(がんセンター)では、わが国で最も進んだ診断機器が装備されています。高画質のマンモグラフィ装置、腫瘍の硬さを検討するエラストグラム、腫瘍への血流の状況が観察可能な血流ドップラー装置の付いた乳腺超音波、さらにMRI、PE-CTなどで診断を行います。乳がんが疑われた場合は、マンモトームと呼ばれる高度な検査装置で組織検査を行い、正確で迅速な診断を目指しています。

 
ステレオガイドマンモトーム
 

<乳がんの治療>
(1)手術
 早期の乳がんは手術が最も有効です。シコリの小さな乳がんでは、乳房温存手術を標準としています。2009年では乳房温存手術の割合は乳がん手術の約64%でした。しかし、乳がんはシコリより広い範囲で浸潤することがあり、正確ながんの広がり診断を行い、無理な温存手術は推奨しません。正確な診断を患者さんに伝え、患者さんの意思を重視し術式を決定します。乳房温存療法と乳房切除術の最大の違いは局所再発率です。生命に必ずしも影響のない再発ですが、再手術などの追加治療が必要です。乳腺腫瘍科には日本乳がん学会の認定する乳腺専門医が5名、認定医3名が常勤しており、ほとんどが日本外科学会専門医でもあり、最新かつ信頼性の高い乳がん手術を行います。乳がんの手術では先進的な治療も行っています。後遺症として重要なリンパ浮腫を回避するためにセンチネルリンパ節生検も積極的に行っています。方法は最も信頼性の高い色素法とアイソトープ法を併用し、SPECT/CTでセンチネルリンパ節を正確に発見します。シコリが大きく、乳房温存術が困難である場合は乳房切除を行います。乳房切除後の乳房再建も形成外科に依頼し、乳房再建術を行います。基本的に、体に優しく、がんを完全に取り除く外科手術を行うことを目標としています。2009年の乳がん手術症例は約310例で、手術から退院までは平均5日程度であり、多くの患者さんが日常生活により早く復帰しています。
  乳がん術後の乳房再建について(乳腺腫瘍科作成)はこちら
(2)薬物療法
 乳がんは抗がん剤、ホルモン剤が有効ながんです。手術に追加してお薬の治療を追加することもあります。また、乳がんの病名告知以降はほとんどの患者さんが病気の不安と戦うことになります。乳がんの手術前に抗がん剤でシコリを小さくし、乳房の温存を図ります。最近では、臨床試験として術前ホルモン療法も行っています。また、治療チームには、腫瘍内科、精神腫瘍科の医師と乳がん患者さんの看護を専門とする乳がん看護専門認定看護師も参加しており、安全な抗がん剤治療と、治療中の心のケアも行います。手術のあとの追加の治療としての放射線治療は放射線腫瘍科と協力しながら通院で行えるように配慮しています。化学療法(抗がん剤の治療)は国際標準のレジメンを採用しており、高い治癒率を目指し、国際的な評価も得ています。

 

<乳腺腫瘍科関連著書>

乳腺腫瘍医師が以下の学会から発刊されたガイドライン作成に参加しています。
 
乳がんに関する情報が詳しく理解できます。 平成21年発刊・岩波書店
 
 
当診療科の対象疾患は次のようになっております

乳腺に関わる病気すべてを対象としています

具体的な病気
 乳腺の良性病変:乳腺症、乳腺繊維腺腫、乳腺炎、のう胞、など
 乳腺の悪性病変:乳がん、パジェットがん、悪性リンパ腫


当診療科では次のような症状を扱っております

乳房のしこり、いたみ、異常な乳頭からの分泌、乳房の変形、乳房が赤くなること、乳房の皮膚の異常、乳房の皮膚のくぼみ、わきの下のしこりなど

 
 
佐伯俊昭

佐伯俊昭(さえき としあき)/診療副部長、教授、医学博士
 専門分野 : 臨床腫瘍学、腫瘍外科学(乳腺外科)
 主な資格 : 日本外科学会指導医・専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、臨床腫瘍指導医 他

大崎昭彦

大崎昭彦(おおさき あきひこ)/診療部長、教授、医学博士
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : 日本外科学会指導医・専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、日本癌治療学会臨床試験登録医、臨床腫瘍暫定指導医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医 他

 

竹内英樹(たけうち ひでき)/大学病院診療部長、講師、医学博士
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : 日本外科学会指導医・専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

重川 崇

重川 崇(しげかわ たかし)/非常勤医師、医学博士
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : 日本外科学会専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医、日本がん治療認定医

上田重人

上田重人(うえだ しげと)/医局長、助教、医学博士
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断、トランスレーショナルリサーチ
 主な資格 : 日本外科学会専門医、日本がん治療認定医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

廣川詠子

廣川詠子(ひろかわ えいこ)/助教
専門分野 : 乳房再建、形成外科、乳腺外科、乳がん診断
主な資格 : 日本形成外科学会専門医、日本がん治療認定医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

 

杉山迪子(すぎやま みちこ)/非常勤医師
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : 日本外科学会専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、日本がん治療認定医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

 

杉谷郁子(すぎたに いくこ)/助教
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : 日本外科学会専門医、マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

 

島田浩子(しまだ ひろこ)/助教
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

 

淺野 彩(あさの あや)/助教
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断
 主な資格 : マンモグラフィ精度管理中央委員会認定読影医

 

山口 慧(やまぐち けい)/助教
 専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断

 

貫井 麻未(ぬくい あさみ)/助教
専門分野 : 乳腺外科、乳がん薬物療法、乳がん診断

 
 
平成27年5月1日現在
 
午前
(初診)
当番制 当番制 当番制 当番制
午後
(初診)
当番制 当番制
午前
上田重人(助)
杉谷郁子(助)
佐伯俊昭(教)
竹内英樹(講)
佐伯俊昭(教)
上田重人(助)
大崎昭彦(教)
廣川詠子(助)
島田浩子(助) 専門外来
杉山迪子(非常勤)
午後
杉谷郁子(助)
(乳房再建)
廣川詠子(助)
佐伯俊昭(教)
竹内英樹(講)
大崎昭彦(教) 大崎昭彦(教)
廣川詠子(助)
島田浩子(助) 杉山迪子(非常勤)

*(教)・・教授  (准)・・准教授  (講)・・講師  (助)・・助教  (非)・・非常勤医師
 
Saitama Medical University International Medical Center
1397-1 yamane Hidaka-shi, Saitama, Japan.
Copyright (C) 2009 Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.

埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 包括的がんセンター > 乳腺腫瘍科