埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 包括的がんセンター > 精神腫瘍科

埼玉医科大学国際医療センター/精神腫瘍科

 
 

(理念)
がん患者さんやそのご家族がよりよい日常を送れるように精神・心理学的側面から支援する。科の構成員はそれぞれの専門性を生かした支援を通じて臨床・研究面での進歩および日常の充実を得る。

 
 
当科の診療対象となる方々は以下の通りです。

 T がん患者さん
 U がん患者さんのご家族【家族外来】
 V がん患者さんのご遺族【遺族外来】

各々に関しては以下をご参照下さい。
 
 
T、がん患者さんへ
T

がんになる。
とても辛いことです。
自分はどうなるのだろう。家族は、子どもたちは…。不安で押しつぶされそうになるかもしれません。
どうして私に…。怒りが出ても、不思議ではありません。
がんという病気は、身体ばかりではなく心にも大きな影響を及ぼします。
がんの疑いが生じたとき、がんと診断されたとき、手術、化学療法、放射線療法などの治療が行われるときなど、あらゆる場面で心のケアが必要な場合があります。
がんの罹患によって生じた、精神・心理的な苦悩について対応することが、精神腫瘍科の役割です。

(症状の例)
気分が滅入る
不安でしかたがない
何事にも興味が持てない
食欲がない
眠れない
考えがまとまらない
身体がだるい
以前のように集中できない
自分には価値がないと考えてしまう
言動のつじつまが合わない
ぼんやりする
治療中、急に気分が悪くなる

 
 
U、がん患者さんのご家族へ(家族外来)

 

大切な人ががんと診断され、ショックを受けない人はいません。
さまざまな不安を抱えながら、一方で患者さんを励まし、支えなければならないご家族は、本人も気がつかないうちに、心身に大きなダメージを受けていることがあります。
精神腫瘍科では、ご家族によりよい状態で看病をしていただけるよう、ご家族向けの診療を行っております。
これまでにも多くのご家族が外来を受診されています。
苦しいとき、1人で悩まずご相談ください。

(受診について)
一般の保険診療として行っております。
当院以外で治療を受けている患者さんのご家族も受診可能です。
当院予約センター(042-984-0475)に診察予約申し込みをしてください。
紹介状は必ずしも必要ではありませんが、紹介状のない場合には保険外併用療養費として5,000円(税別)が別途必要になります。

 
 
V、ご遺族の方々へ(遺族外来)

 

精神腫瘍科では医師、臨床心理士が、がんでご家族を失った方々に専門的な診療およびカウンセリングを行っております。

(受診について)
一般の保険診療として行っております。
ご家族を当院外で亡くされた方も受診可能です。
当院予約センター(042-984-0475)に診察予約申し込みをしてください。
紹介状は必ずしも必要ではありませんが、紹介状のない場合には保険外併用療養費として5,000円(税別)が別途必要になります。

 
 
大西秀樹

大西秀樹(おおにし ひでき)/診療部長、教授
 専門分野:サイコオンコロジー(精神腫瘍学)、リエゾン精神医学、死生学、老年精神医学
 主な資格:精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本総合病院精神医学会指導医、日本老年精神医学会指導医

石田真弓

石田真弓(いしだ まゆみ)/助教
専門分野:サイコオンコロジー(精神腫瘍学)、臨床心理学
主な資格:臨床心理士

 
 
平成27年5月1日現在
 
午前
大西秀樹(教) 大西秀樹(教) 大西秀樹(教) 大西秀樹(教)
午後
大西秀樹(教)
(新患のみ)
大西秀樹(教)
(新患のみ)

*(教)・・教授  (准)・・准教授  (講)・・講師  (助)・・助教
 

リンク
日本サイコオンコロジー学会(http://www.jpos-society.org/
世界サイコオンコロジー学会(http://www.ipos-society.org/

 
Saitama Medical University International Medical Center
1397-1 yamane Hidaka-shi, Saitama, Japan.
Copyright (C) 2009 Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.

埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 包括的がんセンター > 精神腫瘍科