埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 包括的がんセンター > 下部消化管外科

埼玉医科大学国際医療センター/下部消化管外科

 
 

 大腸がんの外科手術を担当します。これまでのおなかを大きく切る手術方法から、患者さんにやさしい、傷の小さい腹腔鏡手術という選択肢ができました。この腹腔鏡手術を多くの方に行っています。おなかの小さな創からカメラと専用の器具を入れて行うこの手術では小さな傷で手術が受けられるため、傷がめだたない、術後の痛みが少ない、入院期間が短い、職場復帰が早いなどの特徴があります。
 一方、直腸がん手術後の人工肛門は大きな問題でしたが、現在では多くの患者さんに自然肛門を温存しながら十分な切除が行えるようになりました。この新しい方法は肛門の一部を切り取りながら、肛門を残すもので、この方法の確立により多くの方が永久人工肛門を回避できるようになってきました。
 大腸がんに関するご相談・ご質問にはがんセンター消化器病センタースタッフがお答えします。患者さん、ご家族とともにスタッフが全力をあげて大腸がん治療に当たります。

 
 
当診療科の対象疾患、症状は次のようになっております

対象疾患は大腸癌です。増え続けている癌のひとつです。大腸癌の最も多い症状は血便です。排便後、紙に付く程度のものから、便器が赤くなるもの、貧血をおこすものまで程度は様々ですが、血便のあった方は大腸検査を受けるようにしてください。ほかには痛みも何も症状がないことが多いのも特徴です。癌がさらに進行すると排便しにくくなったり、便秘や下痢、痛みや体重減少が起こることもあります。もちろんこれらの症状は大腸癌以外でもおこります。大切なことはしっかり検査をして早めに大腸癌をみつけることです。「たぶん痔だろう」と検査を先のばしにして発見を遅らせている人が非常に多いのです。大腸癌は治る人のほうが多い病気なのですから、こわがらずに検査を、もしも大腸癌があったらしっかり治療をしましょう。

 
 

 
 
山口茂樹

山口 茂樹(やまぐち しげき)/消化器病センター長、診療部長、教授
 専門分野 : 大腸外科、腹腔鏡手術
 主な資格 : 日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医・評議員、日本大腸肛門病学会指導医・評議員・理事、日本内視鏡外科学会技術認定医・評議員、日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本ストーマ排泄リハビリテーション学会評議員、日本臨床外科学会評議員、大腸癌研究会世話人、日本消化管学会胃腸科認定医、消化器がん外科治療認定医、米国大腸外科学会評議員

石井利昌

石井 利昌(いしい としまさ)/講師
 専門分野 : 大腸外科、腹腔鏡手術
 主な資格 : 日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医

田代 浄

田代 浄(たしろ じょう)/助教
 専門分野 : 大腸外科、腹腔鏡手術
 主な資格 : 日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化管学会胃腸科認定医、身体障害者福祉法指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)

近藤宏佳

近藤 宏佳(こんどう ひろか)/助教
 専門分野:大腸外科
 主な資格:日本外科学会専門医

原 聖佳

原 聖佳(はら きよか)/助教
専門分野:消化器外科

 
 
平成28年8月1日現在
消化器病センター
 
午前
消化器腫瘍科 柴田昌彦(教) - 柴田昌彦(教) 柴田昌彦(教) 権田憲士(講) 柴田昌彦(教)
消化器内視鏡科 真下由美(准) 良沢昭銘(教) 野中康一(准)
谷坂優樹(助)
新井 晋(講)
肝・胆・膵外科 岡本光順(教) 渡邉幸博(助) 合川公康(准) 岡田克也(助)
上部消化管外科 宮脇 豊(講) 佐藤 弘(准) 郡司 久(助)
初診交代制
佐藤 弘(准) 桜本信一(教)
若田 光男(助)
初診交代制
下部消化管外科 石井利昌(講) 近藤宏佳(助) 田代 浄(助) 山口茂樹(教) 原 聖佳(助) 交代制
午後
消化器腫瘍科 柴田昌彦(教) 柴田昌彦(教) 柴田昌彦(教) 権田憲士(講) 柴田昌彦(教)
消化器内視鏡科 岩野博俊(講) 新井 晋(講)
肝・胆・膵外科 小山 勇(病院長) 岡本光順(教) 渡邉幸博(助) 上野陽介(助) 合川公康(准) 岡田克也(助)
上部消化管外科 宮脇 豊(講)
初診交代制
桜本信一(教)
佐藤 弘(准)
郡司 久(助) 佐藤 弘(准) 桜本信一(教)
下部消化管外科 石井利昌(講) 近藤宏佳(助) 田代 浄(助) 山口茂樹(教) 原 聖佳(助)

*(教)・・教授  (准)・・准教授  (講)・・講師  (助)・・助教  (客准)・・客員准教授  (非)・・非常勤

○消化器病センターは、各臓器の専門医が内科・外科を問わず、一緒にカンファランスを行い、つねにお互いに相談しあいながら診療を行っています。患者さまの診療はその臓器の専門である主治医一人のみではなく、全員でサポートしながら診察することをモットーにしています。
○消化器病センターの初診は、どの臓器でも内科・外科を問わず、毎日、外来担当の医師が診察します。
すべての医師が消化器系癌全体に造詣があり、消化器癌を専門としていますので、ご心配はいりません。特定の臓器に特化した専門医にかかる前に必要なスクリーニングの検査を少しでも早く行うことができます。初診の医師が適切に判断し、その臓器を特に専門とする医師の再診予約をとりますのでご安心ください。

 
Saitama Medical University International Medical Center
1397-1 yamane Hidaka-shi, Saitama, Japan.
Copyright (C) 2009 Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.

埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 包括的がんセンター > 下部消化管外科