埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 救命救急センター > 小児救命救急科

埼玉医科大学国際医療センター/小児救命救急科

 
 

 救命救急センターの一部門として、小児の救命救急疾患を担当します。主として救急車で搬送される外傷や熱傷など外傷性救急疾患の初期診療に対応しています。小児科の一般診療や疾病による救急疾患は埼玉医科大学病院が担当しており、二つの病院がそれぞれの特徴を生かし、相互に補完しながら小児救急医療の充実を図っています。

 
 
当診療科の対象疾患は次のようになっております

小児の外傷、熱傷、骨折などの救命救急疾患

 
 

 平成21年の外来受診者数は約300例、入院患者数は64例(0〜15歳)。受傷機転は交通事故外傷56例、転倒・転落154例、打撲や衝突31例、熱傷6例、その他46例です。受傷内容は多発外傷10例、頭部外傷21例と骨折9例などです。自転車関連受傷は46例(交通外傷と転倒・転落)となっています。自転車乗車は小児外傷の主要な誘因となっています。

 
 
 
小児の事故予防について
 

 救急車で搬送される外傷の児童を診ると、事故を未然に防ぐ「予防」がきわめて重要であることを感じます。小児を取り巻く環境に様々な危険が潜んでおり、当センターでは自転車乗車時のヘルメット装着の推進など、小児の事故予防の啓蒙に努めています。
 事故の事例報告や、年齢に応じた注意点、また緊急時の処置などについて、有用な情報がインターネット上に提供されています。それらを参考に周囲を見直すことは有意義なことと思います。参考にいくつかのホームページなどを以下に記載しました。

○子どもの事故防止支援サイト(国立保健医療科学院) http://www.niph.go.jp/soshiki/shogai/jikoboshi/
  やけど、窒息、誤飲等への対処方法が分かりやすく解説されています。

○子供の安全ネットワーク・ジャパン http://safekids.ne.jp/
  小児の事故防止に関連した様々な情報が提供されています。

○こどもの救急―お母さんのための救急&予防サイト(厚生労働省研究班/日本小児科学会監修) http://kodomo-qq.jp/
  発熱・ケイレンなどの子どもの症状や事故の対応と受診の判断が記載されています。

○小児救急(Liaison Life:日本小児救急医学会、小児救急医療・・・) http://square.umin.ac.jp/liaison/ep.html
  小児救急、救急医療、小児の事故に関連する広範な情報窓口です。

○国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html
  事故事例が紹介されています。

 
Saitama Medical University International Medical Center
1397-1 yamane Hidaka-shi, Saitama, Japan.
Copyright (C) 2009 Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.

埼玉医科大学国際医療センターHOME > 診療部門のご案内 > 救命救急センター > 小児救命救急科