初期研修医メッセージ

石川諒太郎先生

初期研修医・石川 諒太郎 先生

氏  名:石川 諒太郎(イシカワ リョウタロウ)
出 身 地:埼玉県出身
出身大学:山梨大学卒業
研修科目:埼玉医科大学3病院自由選択プログラム

石川諒太郎先生のメッセージを読む (ここをクリックで開閉します。)

国際医療センターを選んだ理由

国際医療センターは大学病院で専門性が高いため、common diseaseを学ぶことはできないのでは?と思われるかもしれません。しかし、当院は埼玉県西部の医療を一手に引き受ける基幹病院であるため、common diseaseから専門性が高い症例に至るまで本当に幅広い多くの症例を深く学ぶことができます。

指導医の先生方はみな優しく優秀な先生方ばかりで、わからないことや疑問点を質問すると、単に答えを述べるのではなく、答えを導き出すまでの思考過程・プロセスを丁寧に教えて下さるので、おのずと考える習慣が身につき、自分でしっかりassessmentして治療方針等を導き出す能力を養うことができています。

また、研修医が休憩する研修医室はとても広くきれいで、各々に個別ブース型の席が割り当てられているため、勉強したい時は気の済むまで思い切り勉強をし、疲れた時にはゆっくり休憩することができます。研修医同士でしっかりコミュニケーションをとる環境も整っています。

研修中に困ったことがあっても臨床研修センターの方々が親身になってサポートしてくださるため、安心して研修に打ち込むことができます。

目指す専門分野

私は急性期医療に興味があり、特に救急医に大きな憧れを持っています。日々生活していて救急車のサイレンを聞かない日はないことから、誰しもが救急医療にお世話になる可能性があり、救急医療はまさに日本の医療を支える屋台骨だと思うからです。
また、救急医は、"患者さんを助ける"という医療の根源を日々実践することができる素晴らしい仕事だと考えています。

当院は初期、二次、三次、集中治療室と全ての救急を網羅している医療機関であるため、救急について広く、深く学ぶことができて、本当に充実した研修を送ることができています。

現在のところ目指す専門分野は確定していませんが、まだ研修していない診療科を2年目でローテーションをしながら、自分の目指す専門分野を最終決定したいと思っています。

メッセージ

初期研修の2年間は、その後の長い医師人生を左右する本当に重要な時期だと思います。
その重要な時期に、優秀でやる気とモチベーションが高い"良き仲間"に巡り合えたと感じています。

研修医の人数も10人前後と研修を積むには程よい人数で、毎日向学心に燃える同期や先輩方からやる気と刺激をもらいながら、充実した研修生活を送っています。

みなフレンドリーで、研修終了後には、よく飲み会をしたりご飯を食べに行ったりしています。

当院で研修すれば、良き仲間と出会え、知識と技術が身に着く研修生活を送れることは間違いなしです。
是非、みなさんも私たちと一緒に充実した研修生活を過ごしてみませんか。

メッセージを閉じる
大嶋侑平先生

初期研修医・大嶋 侑平 先生

氏  名:大嶋 侑平(オオシマ ユウヘイ)
出 身 地:神奈川県出身
出身大学:埼玉医科大学卒業
研修科目:埼玉医科大学国際医療センター特設外科系プログラム

大嶋侑平先生のメッセージを読む (ここをクリックで開閉します。)

国際医療センターを選んだ理由

実習で回った際に、複雑で難しい疾患や病態の患者さんに対して、先生方が文献を調べたり、他の診療科の医師と相談をしながら必死に治療方法について考え、取り組む姿勢や、周りのスタッフともコミュニケーションをとりチーム医療を行う姿勢に感銘を受けたからです。

また、国際医療センターはがん、心臓病に対する高度専門医療や脳卒中を含む高度救命救急医療を専門としており、心臓や救急の基礎をきちんと臨床研修で学び、将来、がんを専門にしたいと思っていた私にはぴったりの病院でした。

研修中の感想

研修中はどの診療科でも数多くの症例を経験することができています。疑問に思うことやもう少し探究しておきたいことなどは指導医や上級医の先生方や看護師、薬剤師などのチーム医療を担うスタッフの方々から教えていただき、日々多くのことを勉強できています。

手技に関しても、何をどんな時に学び、練習しておくべきなのかという方向づけを先生方から丁寧に教えていただけて、大変充実した毎日を送ることができています。

目指す専門分野

腫瘍を専門とした消化器外科を目指しています。

私は家族をガンで亡くしており、その時の患者の家族としての立場や想いを、自分が医師となった時に、少しでも患者さんに寄り添え、力になれるよう、知識と実力を養える、症例数が豊富な場所で専門分野を学びたいと考えています。

その最も適した場所が国際医療センターであると確信しています。

メッセージ

いま学生生活を送っている時に、ほんの少しでも医者になった自分の姿を想像してみてください。
その自分の理想の医師像に近づけるための場所として国際医療センターは最適な場所であると僕は思います。

日々、目的をもって何かに取り組む姿勢を医師だけではなく、多くのスタッフから学べ、"患者さんを診る"という医師にとって大切な財産を形成できる素晴らしい環境に身を置けると思います。

まずは僕たち研修医の姿を見に来て下さい。最高の環境でどんな研修ができるのか、実感できるかと思います。

メッセージを閉じる
玉井夢果先生

初期研修医・玉井 夢果 先生

氏  名:玉井 夢果(タマイ ユメカ)
出 身 地:埼玉県出身
出身大学:山形大学卒業
研修科目:埼玉医科大学3病院自由選択プログラム

玉井夢果先生のメッセージを読む (ここをクリックで開閉します。)

国際医療センターを選んだ理由

埼玉医科大学国際医療センターを選んだ最大のポイントは、①外科症例が豊富なこと、②高めあえる同期が見つかるかもしれない、と思ったことです。

外科系に興味があるものの、志望科を決断しきれずにいた私は、"手技を身につけるチャンスの多い病院"、"専門性の高い医療に触れて差をつけられる病院"をポイントに研修先を探していました。

そんな時、同じ専門分野に興味のあった同期から、症例の豊富な病院として"埼玉医科大学国際医療センター"を薦められ、6年生の7月、卒業試験の前日に思い切って見学しました。

その際、お会いした初期研修医の先生方が、将来の目標を情熱的に語る姿がとても格好よく、その姿に魅了され、具体的な目標を持ったモチベーションの高い仲間に出会えるはず!と、帰りの新幹線で友達に「埼玉で研修することにしたよ!」とラインをしていました。

研修中の感想

大学病院の規模と専門性を持ちながら、"理想的な研修医数"なのは埼玉医科大学国際医療センターだけです!
1学年10名前後なので、経験し放題、質問し放題です。指導医の先生方は手間を惜しまずに指導してくださるので安心して研修しています。

また、医師以外のスタッフの方とのコミュニケーションの場が増えてきました。皆さん朗らかで研修しやすく、いつも感謝しています。

目指す専門分野

小児心臓外科を志望していますが、腫瘍にも興味があり決められていません。
どの分野に進むにしても、手を動かす治療をしたいため、初期研修2年目で外科系を中心にローテーションして、進路をじっくり考えたいと思っています。

メッセージ

当院は専門性が高く、研修先として選ぶのに少し勇気のいる病院かもしれません。しかし、その病院を敢えて選んで研修している当院の研修医にやる気のない研修医はいません。
やる気次第で悔いなく充実した研修を送れることは間違いなしです!
興味のある学生さんは、ぜひ見学に来てください!

メッセージを閉じる

専攻医メッセージ

加藤里絵先生

専攻医・加藤 里絵 先生

氏   名:加藤 里絵(カトウ リエ)
出 身 地:埼玉県出身
初期研修先:埼玉医科大学国際医療センター
専門研修:内科領域)埼玉医科大学国際医療センター内科専門医研修プログラム

加藤里絵先生のメッセージを読む (ここをクリックで開閉します。)

国際医療センターを選んだ理由

私は埼玉医科大学国際医療センターで初期研修を修了しました。
初期研修期間中は内科を中心に研修を行い、消化器内視鏡科を研修の際に、専門的な技術や知識を持って診療を行っている先生方の姿を拝見し、私自身、そのような技術や知識を持ち、自分の医師としての価値を高めたいと考えるようになりました。

その考えは専攻医登録を行う時期になっても変わらず、高度な技術を持ったモチベーションの高い優秀な先生方が全国から集まり指導して頂けること、同世代の医師が少ないため、手技の症例を十分研修できる環境であることが最大の魅力となり、当院の内科専門医研修プログラム 診療科集中コースを選びました。

専門研修中の感想

消化器内視鏡科に所属しているので、主に上部・下部消化管内視鏡検査、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)やEUS(超音波内視鏡)の介助、病棟管理などを行っています。先生方にとても熱心にご指導していただき、日々集中して勉強ができ、充実しています。

最初は消化器内視鏡科で研修をし、今後、内科専門医の取得に必要な症例を達成するため、他の診療科や連携施設などで研修する予定です。

内科専門医プログラムの同期は1名と少ないため、多少心細いと思う時もありますが、症例数が豊富で手技の習得にはとても良い、専門研修に最適な環境だと思います。

また、診療科の雰囲気がとても良いため質問もしやすく楽しく研修ができている他、一緒にチーム医療に従事する内視鏡センターの看護師さん達は優しく、私の成長を日々見守ってくださっています。

メッセージ

当院での専門研修は、各診療科で専門的で高度な医療を優秀な指導医の下に学ぶことができ、豊富な症例を経験できるということ、埼玉医大系列の3病院をはじめ、さまざまな連携施設で自由度の高いローテーションができることだと思います。

将来のサブスペシャリティ領域を決めていない方でも、内科全般コースを選択して充実した研修ができると思います。

メッセージを閉じる
山田明子先生

専攻医・山田 明子 先生

氏   名:山田 明子(ヤマダ アキコ)
出 身 地:愛知県出身
初期研修先:医療生協さいたま生活協同組合 埼玉協同病院
専門研修:外科領域)埼玉医科大学外科専門研修プログラム

山田明子先生のメッセージを読む (ここをクリックで開閉します。)

国際医療センターを選んだ理由

学生時代の実習で国際医療センターを選ぶまでは、専門領域は興味が生まれた時に決めればいい、おそらくそのタイミングは初期研修の折にあるものだろうと何となく思っていました。しかし、実習中に出会った先生方が疾患や患者さんに対して誠実である様子、手術そのものが自分に向いていると感じたこと、患者さんが自身の疾患を受容し、自分もチームの一員であるという自覚のもとに過ごしている様子には、何か強烈に惹かれるものがあり、外科医に憧れを抱きました。

初期研修は外部の市中病院で行いました。「医者ならば風邪を診られるように」と考えて過ごした初期研修は濃密で、私にとってかけがえのない時間になりました。外科医を志望していた一方で、その他にも興味の湧いた診療科が見つかり、将来の専門分野にとても迷いました。

そんな時、シンプルに「手術がやりたい」と思ったこと、自分の時間や医者人生を考えて、まずは外科医を頑張ってみることにし、外科医に憧れたきっかけを与えてくれた国際医療センターで、外科医の基礎作りに必要な多くのことを吸収できるよう、症例数や診療内容ともに充実している外科専門研修プログラムを選択しました。

専門研修中の感想

日本トップレベルの手術件数を誇る国際医療センターは、とても専門性が高く、現在研修中の消化器外科はがん診療に特化しています。外科医として、ただ症例数・手術数をこなすだけではなく、医師としても質も確かな外科医を目指して、私は国際医療センターで質の高い手術を多く見学し、外科医の目を育てています。

外科専門研修プログラムでは1~2か月を一つの単位として、各診療科をローテーションするスタイルです。勉強する内容や仕事の手順など、診療科による細かな違いを身に着けるのには毎度苦労していますが、一か所に留まる以上の情報量を得られることが魅力的だと思います。知識と引き出しは多ければ多いほどいいので、どんな些細なことでもとにかく手に入れたい私には合っているプログラムです。

多くの先生の技術や診療の様子、アプローチの違いを実際に見たり、自分の診療内容に対して様々な角度からフィードバックをいただくなどして、小さな発見をいつの日か自分の診療に取り入れ活かせるように励んでいます。

また、国際医療センターは、医者だけではなくスタッフの業務も細分化されていて、他職種の方と綿密な連携を図っていかないとどんな仕事もうまく動かないことも特徴です。お互いの業務内容の見える部分見えない部分を明確にするために良質なコミュニケーションを心掛けることが求められ、医者として大人として私を成長させてくれる病院です。

メッセージ

初期研修中の出会いは全て貴重でした。担当した患者さんの顔や名前、疾患はほとんど覚えているし、学びのなかった症例は一つもありません。初めての告知や初めての看取り、自分の判断が正しかった症例や残念な結果となった時の悔しい思い、どれも大切な経験です。

初期研修は医者人生の核が形成される期間だとして、私は「何てことないはずの風邪に『ちょっと待った!』をする感覚」を手に入れたと思っています。研修医ごとに研修病院やそのコースを選んだ理由は様々だと思いますが、一つでもいいので2年間で何を学んだのか、はっきり言えるとかっこいいのではないでしょうか。

私は臨床研修修了の先に外科医を見据えましたが、外科専門研修プログラムのみならず国際医療センターでの各コースには、高度な専門性に裏付けされた確かな理念があり、求めたものに近い何かが見つかるかもしれません。
有意義な初期研修を過ごした先に大きな目標が見つかって、その答えが国際医療センターにあったら、迷わず飛び込んでみてほしいなと思います。

メッセージを閉じる
小野寺康暉先生

専攻医・小野寺 康暉 先生

氏   名:小野寺 康暉(オノデラ コウキ)
出 身 地:東京都出身
初期研修先:独立行政法人国立病院機構 災害医療センター
専門研修:脳神経外科科領域)脳神経外科専門研修
              埼玉医科大学国際医療センタープログラム

小野寺康暉先生のメッセージを読む (ここをクリックで開閉します。)

国際医療センターを選んだ理由

外科医に憧れて医学部を受験し、学生の頃に脳神経外科に興味を持ちました。初期研修でローテーションした際に穿頭術、開頭術を経験させていただき、脳神経外科医は大変やりがいのある職業だと感じました。特に脳血管障害に興味があり、バイパス、クリッピングができる脳神経外科医が私の理想像です。

専門研修先を選ぶうえで、熱心な指導医・上級医のもとで学ぶこと、症例数が多いことを重要視していました。
生まれも出身大学も縁がなかったですが、埼玉医科大学国際医療センター脳卒中外科は、開頭術が減少しつつある中で"日本随一の症例数"であり、熱心な指導医・上級医の先生方の指導を受けられると病院見学に訪れた際に感じ、専門研修先として選びました。

手術を早期に経験できる環境が少ない中で、若手に執刀させる風土があり大変魅力的でした。脳血管内治療科もローテーションすることができ、hybrid neurosurgeonを目指すことができます。

専門研修中の感想

専門研修を開始して、最初の半年間は脳血管内治療科で研修させていただきました。
診断アンギオ、血管内治療ともに症例数が非常に多く、脳神経外科医1年目から経験できた手術や手技などは相当なものです。また、キャダバートレーニングや学会発表にも積極的に参加できる環境が整っていて、同期と共に参加しています。

脳神経外科専門研修プログラムは、約20施設の連携施設、関連施設からローテーションできるプログラムであり、圧倒的な数の症例、手術などを経験できると考えています。

メッセージ

専門研修から当院の所属となりますが、日々、日本の最先端医療で専門研修を行っていることを実感しています。
診療だけではなく、教育や研究などに対して意識が高い医師や医療従事者が集まっており、そのような環境で学びたいという方をお待ちしています。

メッセージを閉じる

過去の研修医メッセージ