研究報告:

2007年度

1.

ヘルパー依存型アデノウイルスベクターを用いて、100%近い細胞での一過性の遺伝子発現に成功しました。

2.

複数のヒトES細胞株において、ヘルパー依存型アデノウイルスベクターとアデノ随伴ウイルスベクターを用いたヒトHPRT遺伝子座の相同組換えに成功しました。

2008年度

1.

複数のヒトES細胞株において、ヘルパー依存型アデノウイルスベクターとアデノ随伴ウイルスベクターを用いたヒトHPRT遺伝子座の相同組換えに成功しました。

2009年度

1.

複数のヒトES細胞株において、アデノ随伴ウイルスベクターを用いたヒトHPRT遺伝子座の相同組換えに成功しました。

2.

プロモータートラップ法を用いることで、NANOG遺伝子座に対しては効率的に相同組換え体を得ることができました。

3.

肝細胞・神経細胞のマーカー遺伝子(ALB, HB9)を標的とした蛍光遺伝子ノックイン用アデノウイルスベクターを作製し、ヒトES細胞株に使用する事で、アッセイ用細胞(加工ヒトES細胞)を樹立しました。

2010年度

1.

ALBならびにHB9遺伝子座に蛍光遺伝子を組み込んだアッセイ用ヒトES細胞の凍結サンプルを作製し、樹立機関である京都大学を介して共同研究先に細胞を分配しました。

2.

共同研究者がこれら細胞の分化誘導を行った結果、特定の分化細胞への誘導に伴う、蛍光遺伝子が発光を示す結果が得られました。

 

2011年度

 

1.

アデノウイルスベクターを用いた高頻度な遺伝子ターゲッティング技術に関する研究をまとめ、Molecular therapy誌に発表しました。樹立した遺伝子改変ヒトES細胞株は、京都大学再生医学研究所に寄託し、残りの細胞ストックは適切な方法で処分しました。また、一部のベクタープラスミドDNAの他研究者への分与のため、addgene(米国非営利団体)に寄託しました。

2.

以上を以て、本研究計画は終了しました。

 


戻る