公的研究費の不正使用・不適切使用防止計画

学校法人埼玉医科大学は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン)」を踏まえ、公的研究費に関する不正使用・不適切な使用を防止するため、平成27年3月に「学校法人埼玉医科大学 公的研究費の不正使用・不適切使用防止計画」を策定しました。

 この計画の目的は、競争的資金の管理・監査の責任体制を明確にし、最高管理責任者である学長のリーダーシップのもと、使用に関するルールを明確化・統一化すると共に、不正行為を誘発する背景や要因を分析し、必要な措置を講じ、公的研究費不正行為防止のための教育やモニタリング・監査を確実に実施していくことにあります。

詳細はこちら「学校法人埼玉医科大学 公的研究費の不正使用・不適切使用防止計画

競争的資金の管理・監査の体制

1.管理・責任体制の明確化
学校法人埼玉医科大学公的研究費の管理・監査体制要領」により、適正使用に関する最高管理責任者に学長を、統括管理責任者に法人事務局長とし、不正防止計画推進部署として、リサーチアドミニストレーションセンターを設置しております。
2.コンプライアンス推進体制の構築
各キャンパスに、コンプライアンス推進責任体制を構築し、適正使用に関する教育と周知、モニタリング・内部監査を実施していきます。
詳細はこちら「競争的資金の管理・監査の体制」
3.内部監査・モニタリングの実施
業務監査室およびコンプライアンス推進責任者と連携し、不正使用・不適切使用のリスク要因を分析し、業者との取引、設備備品の設置状況や利用状況、研究補助者の勤務状況確認、ヒアリングなどのモニタリングを実施いたします。

教育と周知

リサーチアドミニストレーションセンターは、コンプライアンス推進責任者と連携し、公的研究費に関わる研究者、研究補助者、その他職員を対象に、適切な研究費使用について理解を深めてもらうため、毎年「公的研究費に関する説明会」を開催しております。また説明会の内容を理解したうえで、不正使用をしない・不正使用に関わらない旨の誓約書を提出を求めております。