取り組み of 埼玉医科大学 FOP 診療・研究プロジェクト




HOME > 取り組み


埼玉医科大学FOP診療・研究プロジェクトは、進行性骨化性線維異形成症(FOP)の発症メカニズムの解明、迅速で正確な診断、及び有効な治療法の確立を目標として、埼玉医科大学内と学外の研究者が連携して研究しています。

埼玉医科大学・関連施設メンバー

  穐田真澄 (中央研究施設・形態部門)
  池淵研二 (臨床検査部)
  大竹 明  (小児科)
  大手 聡 (ゲノム医学研究センター 病態生理部門)
  岡﨑康司 (ゲノム医学研究センター TR部門)
  織田弘美 (整形外科・脊椎外科)
  片桐岳信 (ゲノム医学研究センター 病態生理部門)
  川村利江子(臨床検査部)
  塚本 翔 (ゲノム医学研究センター 病態生理部門)
  丸木雄一 (埼玉精神神経センター)
  依田哲也 (口腔外科)

学外協力メンバー

  大湾一郎 (沖縄赤十字病院 整形外科)
  小森哲夫 (箱根病院)
  自見英治郎(九州歯科大学 分子情報生化学)
  供田 洋 (北里大学 薬学部微生物薬品製造学)
  宮園浩平 (東京大学 医学部分子病理学)