埼玉医科大学総合医療センター 臨床研修センター 埼玉医科大学総合医療センター 臨床研修センター

ごあいさつ

   

― 大学病院から離島まで ―

   

埼玉医科大学総合医療センターは30以上の臨床科と1053床の病棟を中央に揃え、さらに東洋一を誇る周産期センターと日本でも有数な高度救命救急センターを両翼として、毎日のようにドクターヘリを飛ばすスーパーな総合医療センターです。当院における初期研修の目的として、将来地域医療を一人でも支えていける地域密着型骨太臨床医の育成を掲げています。研修修了時点では、一般的な疾患であれば自らの力で適切な処置を施し、高度な専門性が必要な場合は速やかに専門医へつなげる素早い判断と幅広い対応や処置ができる臨床医の誕生を期待しています。

当院は、基幹型臨床研修病院として他の研修協力病院や協力施設とも連携しながら、研修医に豊富な教育を施せる臨床教育ネットワークを構築しています。さらに特筆すべきは、埼玉県内はもとより県外の離島研修も地域医療のプログラムの中に組み込んだことです。まず、当院で受けられる研修では特徴ある5つのコースを作成しました。一つ目は、最も人気の高い自由選択コースです。回りたい専門科を自らの考えで決めていけるコースです。次に総合内科コース。このコースは内科関連を集中的に回るコースです。スーパー内科医の基本づくりになることを期待しております。次に総合外科コースです。このコースは外科および救急医療の期間を厚くして外科・救急治療の救命力を現場で多く経験してもらうメリットがあります。次に周産期コース。このコースは東洋でも1-2位にあげられるほど規模の大きい当院の周産期センターにおいて周産期医療の研修を濃厚に受けてもらうコースです。他ではめったに受けられない経験となると思います。さらに研究マインド育成コースがあります。研究マインドを育成するために実際の研究に参加してもらいますが臨床研修も本格的に受けてもらいます。これらの5コースをとる全ての研修医に対して高度救命救急センターやER科のスタッフが救急医療のイロハを伝授します。この経験は必ず医師としての自信をもてる基盤となります。さらに、平成26年度の研修から沖縄の準医療過疎地域や離島での地域医療研修も加わります。その理由は、あらゆる領域の専門家が揃っている大学病院と、一人であらゆる患者に対応しなければならない離島診療をそろえることで、高度専門医療から離島医療までの診療内容を通して医師に必要なことは何か考えてほしいからです。

当院では初期研修後、さらに4年間、その間の2年間他施設での後期研修を受けていただくと6年間の研修が保証されます。女性医師に対するサポートも充実しており、安心して当院の初期研修に加わっていただきたいと念願します。

埼玉医科大学総合医療センター 

病  院  長 堤   晴彦

研修管理委員長 屋嘉比 康治

このページのTopへ