前へ

次へ

 

シニアレジデントプログラム

  • H30年度 新専門医制度
  • 現専門医制度 研修PG
  • 現専門医制度 募集要項
  • 病院見学
  • ボイス

平成30年度(2018年度)専門研修について    平成29年8月24日 

埼玉医科大学病院は、新専門医制度に備えて16の基本領域で基幹施設の申請を準備しています。

また、基本領域の研修とサブスペシャリティ領域の専門医取得のための研修の連動研修(並行研修)や、基本領域の専門医取得後のスムーズな移行に配慮したサブスペシャリティ領域の研修体制を検討しています。 

新専門医制度の開始について(予定) 2017.9.14現在 ※今後のスケジュールと応募方法は こちらから。
初期臨床研修修了者の進路Ⅰ 
■2016年以降卒業の者で2年間の初期臨床研修(ジュニアレジデント)を修了したものは、自分が希望する専門領域に関して、各学会のホームページから専門医応募サイトに入り、希望するプログラムを選択することになります。

注1;専門医をとることは義務ではありませんが、専門研修を受けず、初期臨床研修のみで診療に従事するのは望ましくありません。

注2;研修プログラムは専門医機構ではなく、学会が運営するものであり、プログラムに関する問い合わせや疑義照会は学会へ行ってください。

初期臨床研修修了者の進路Ⅱ

■医学研究科臨床医学研究系(大学院)に進学し学位取得を目指す場合(社会人枠あり)、大学院案内に記載されている分野の中から専攻を決め、博士(医学)を取得することができます。

 詳細は、埼玉医科大学のホームページを参照ください。

平成30年度(2018年度)新専門制度 専門研修プログラム一覧

ご 案 内

掲載内容はあくまで各領域の一次審査を通過した段階の内容であるため、今後の都道府県協議会での協議、日本専門医機構による二次審査の結果によっては変更・修正となる可能性があることをあらかじめご了承ください。また、医師(専攻医)は専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶことになります。

詳細情報は、各学会および日本専門医機構のホームページをご覧ください。

基幹施設(◎)として16プログラム、連携施設(印なし)として3プログラムを用意しています。

※各科の問合せ先は、こちらから。

新専門医研修プログラム(2016年以降卒業の方)

学会ホームページ

 

※2015年以前卒業及び新専門医制度での応募をしない方は こちら から

(作業中)

注1;専門医をとることは義務ではありませんが、専門研修を受けず、初期臨床研修のみで診療に従事するのは望ましくありません。

内科PG

内科HP

  • 血液内科
  • 呼吸器内科
  • リウマチ膠原病科
  • 消化器内科・肝臓内科
  • 内分泌内科・糖尿病内科
  • 神経内科・脳卒中内科
  • 腎臓内科
  • 総合診療内科
  • 感染症科・感染制御科

外科PG

外科HP

  • 消化器・一般外科
  • 小児外科
  • 乳腺腫瘍科

小児科PG

小児科HP

  • 小児科・新生児科

皮膚科PG

皮膚科HP

  • 皮膚科

精神科PG

精神科HP

  • 神経精神科・心療内科

整形外科PG

整形外科HP

  • 整形外科・脊椎外科

脳神経外科PG

脳神経外科HP

 

  • 脳神経外科

 

産婦人科PG

産婦人科HP

  • 産科・婦人科

眼科PG

眼科HP

  • 眼科

耳鼻咽喉科PG

耳鼻咽喉科HP

  • 耳鼻咽喉科
  • 神経耳科

泌尿器科PG

泌尿器科HP

  • 泌尿器科

放射線科PG

放射線科HP

  • 放射線科

◎麻酔科PG

麻酔科HP

  • 麻酔科

病理PG

病理HP

  • 中央病理診断部

臨床検査PG

臨床検査HP

  • 臨床検査医学
  • 輸血・細胞移植部

救急科PG

救急科HP

  • 急患センターER

形成外科PG

形成外科HP

  • 形成外科・美容外科

リハビリテーションPG

リハビリテーションHP

  • リハビリテーション科

◎総合診療PG

総合診療HP

  • 総合診療内科

シニアレジデント 募集要項

埼玉医科大学病院では、平成30年度新専門医研修プログラムへの研修希望者を広く全国から募集します。

募集内容
募集定員

定員数一覧表(予定) ※埼玉医科大学病院をご参照ください。

掲載内容はあくまで各領域の一次審査詳審査時に内容であるため、都道府県協議会での協議、日本専門医機構による二次審査結果によっては変更・修正となる可能性があることをあらかじめご了承ください。

応募資格

2016年以降卒業の者

※2015年以前卒業及び新専門医制度での応募をしない方は こちら から(作業中)

注1;専門医をとることは義務ではありませんが、専門研修を受けず、初期臨床研修のみで診療に従事するのは望ましくありません。

 

選考方法・申込情報
選考方法

書類選考および面接  調整中

※診療領域によって選考方法等が異なることがあります。

詳細はこちらから → 調整中

提出締切日 調整中
申込方法 必要書類(当院所定の様式)へ必ず自筆で記入の上、書留郵便で申込窓口へお送りください。
【必要書類】(調整中)
  • シニアレジデント採用申込書(PDF版)
  • 履歴書(PDF版)
  • 医師免許証(写) (埼玉医科大学病院で初期研修修了予定者は提出不要)
  • 保険医登録票(写) (埼玉医科大学病院で初期研修修了予定者は提出不要) 
  • 現在の施設長の推薦状 (埼玉医科大学病院で初期研修修了予定者は提出不要)
  • 初期研修修了(見込)証明書 (埼玉医科大学病院で初期研修修了予定者は提出不要)
※掲載内容はあくまで予定の内容であるため、都道府県協議会での協議、日本専門医機構による二次審査結果によっては変更・修正となる可能性があることをあらかじめご了承ください。
宿泊について
申込方法 当院の採用試験当日又は前日に宿泊をご希望の方
採用試験のため宿泊をご希望の方は、研修医宿泊施設を無料でご利用いただけます。
研修申込書等必要書類と一緒に宿泊施設申込書(以下よりダウンロード)をご提出ください。
採用試験当日の宿泊及び前泊が可能です。
【必要書類】
問い合わせ
資料請求
書類提出
問合せ先
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
埼玉医科大学病院 臨床研修センター事務室
TEL:049-276-1862
FAX:049-276-2149
E-mail:
埼玉医科大学大学院に関する問合せ先
資料請求
書類提出
問合せ先
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
埼玉医科大学 大学事務部 学務課
TEL:049-276-1108
シニアレジデントの処遇
身分 埼玉医科大学病院常勤職員(資格:助教、職位:医員)
給与 1年目:月額260,000円
2年目:月額270,000円
3年目:月額280,000円
4年目:月額290,000円
*各年共に宿日直手当10,000円/回(その他手当、賞与別途支給)
勤務 当院、就業規定に準ずる
産休・育休の取得率 100%
勤務施設 当院および関連施設
研修医室(内科・外科ローテに限る) 専用机(LAN配線)、ロッカー完備、電カル、共用PC(インターネット接続可能)5台を設置
各種保険
  • 公的医療保険:加入
  • 公的年金保険:加入
  • 労働者災害補償保険:加入
  • 雇用保険:加入
  • 医師賠償責任保険:個人加入(義務)
健康管理
  • 雇用時に健康診断
  • 定期健康診断
  • 特定業務従事者健康診断 を実施
その他 白衣貸与(クリーニングは病院負担)

現専門医制度 研修プログラムの概要

埼玉医科大学病院では、埼玉医科大学3病院の初期臨床研修修了者、および他施設にて初期研修を行った研修医を対象に、医師の将来設計に従って3つのコースで後期臨床研修プログラムを用意しています。埼玉医科大学の3病院では、1学年100人有給の常勤医として採用します。

内科系シニアレジデントコース

当コースは2つのコースに分かれています。

  1. 内科所属コース
  2. 内科ローテコース
研修診療科

外科シニアレジデントコース

当コースは3つのコースに分かれています。

  1. 外科所属コース
  2. 外科ローテートコース
  3. 外科系ローテート
診療科詳細

専門科シニアレジデントコース

診療科詳細

 

現専門医制度 募集要項

埼玉医科大学病院では、平成28年度シニアレジデント研修プログラムの研修希望者を広く全国から募集します。

募集内容
募集定員 1学年 100名(3病院グループ合計) ※有給
応募資格 平成28年3月に初期臨床研修修了見込者
選考方法・申込情報
選考方法 3コースすべて書類選考および面接(面接日:平成27年12月12日(土)午前)
 ① 内科系シニアレジデントコース
 ② 外科シニアレジデントコース
 ③ 専門科シニアレジデントコース
提出締切日 他大学・他病院で初期研修を行った研修医の方
平成27年12月5日(土)
(注)応募書類受付後、面接日程をご連絡いたします
申込方法 必要書類(当院所定の様式)へ必ず自筆で記入の上、書留郵便で申込窓口へお送りください(※当日消印有効
【必要書類】
  • シニアレジデントコース研修申込書PDF版
  • 履歴書PDF版
  • 医師免許証(写)
  • 保険医登録票(写)
  • 現在の施設長の推薦状
  • 初期研修修了(見込)証明書
※診療部長の了承を得た後に応募書類を提出してください。
宿泊について
申込方法 当院の採用試験当日又は前日に宿泊をご希望の方
採用試験のため宿泊をご希望の方は、研修医宿泊施設を無料でご利用いただけます。
研修申込書等必要書類と一緒に宿泊施設申込書(以下よりダウンロード)をご提出ください。
採用試験当日の宿泊及び前泊が可能です。
【必要書類】
問い合わせ
資料請求
書類提出
問合せ先
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
埼玉医科大学病院 臨床研修センター事務室
TEL:049-276-1862
FAX:049-276-2149
E-mail:
埼玉医科大学大学院に関する問合せ先
資料請求
書類提出
問合せ先
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
埼玉医科大学 大学事務部 教務課
TEL:049-276-1108
シニアレジデントの処遇
身分 埼玉医科大学病院常勤職員(資格:助教、職位:医員)
給与 1年目:月額260,000円
2年目:月額270,000円
3年目:月額280,000円
4年目:月額290,000円
*各年共に宿日直手当10,000円/回(その他手当、ボーナス別途支給)
勤務 当院、就業規定に準ずる
産休・育休の取得率 100%
勤務施設 当院および関連施設
研修医室(内科・外科ローテに限る) 専用机(LAN配線)、ロッカー完備、電カル、共用PC(インターネット接続可能)5台を設置
各種保険
  • 公的医療保険:加入
  • 公的年金保険:加入
  • 労働者災害補償保険:加入
  • 雇用保険:加入
  • 医師賠償責任保険:個人加入(義務)
健康管理
  • 雇用時に健康診断
  • 定期健康診断
  • 特定業務従事者健康診断 を実施
その他 白衣貸与(クリーニングは病院負担)

病院見学

埼玉医科大学病院では、シニアレジデントコースを希望する方に対して病院見学を実施しています。
当院の診療科や施設を見学することや、当院の指導医からシニアレジデント研修プログラムについて、先輩医師から研修内容を聞くことが可能です。

見学について 見学は随時可能です。但し、見学申込書を必ず見学希望日の2週間前までにお送りください。
なお、担当する診療科の医師などの都合により、ご希望の日に見学ができない場合がありますので、予めご了承ください。
見学対象者 初期研修修了予定医師、または修了した医師
持ち物 白衣、名札(勤務先でお使いのもので可能)をご持参ください。
宿泊希望の方 遠方からの見学希望者は、空室があれば研修医宿泊施設を無料で利用して頂けます。病院見学前日と当日の2日間宿泊できます。
見学申込書に記載欄がございますので、宿泊ご希望の方は、ご記入の上お申し込みください。
詳しくは、臨床研修センター(TEL:049-276-1862)までお問い合わせください。
申込方法 当院所定の見学申込書をダウンロードの上、必要事項を記入し、見学希望日の2週間前までに見学申込先へE-mailまたは郵送(必着)で申し込みください。
【必要書類】
申込および
問い合わせ先
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38番地
埼玉医科大学病院 臨床研修センター
TEL:049-276-1862
FAX:049-276-2149
E-mail:

シニアレジデントボイス

山寺彩先生

シニアレジデント(1年目)・山寺 彩 先生

氏 名 :山寺 彩
出身地 :山梨県
出身大学:福島県立医科大学
研修科目:消化器・一般外科

神垣多希先生

シニアレジデント(1年目)・神垣 多希 先生

氏 名 :神垣 多希
出身地 :千葉県
出身大学:埼玉医科大学
研修科目:産科・婦人科

塩野文子先生

シニアレジデント(3年目)・塩野 文子 先生

氏 名 :塩野 文子
出身地 :山形県
出身大学:埼玉医科大学
研修科目:呼吸器内科

山崎太郎先生

指導医・山崎 太郎 先生

氏 名 :山崎 太郎
出身地 :栃木県
出身大学:埼玉医科大学
診療科目:小児科
専門分野:血液

吉岡浩之先生

指導医・吉岡 浩之 先生

氏 名 :吉岡 浩之
出身地 :東京都
出身大学:埼玉医科大学
診療科目:整形外科・脊椎外科
専門分野:足の外科、関節リウマチ、小児整形外科