吉岡浩之先生

指導医・吉岡浩之先生

氏 名 :吉岡 浩之
出身地 :東京都
出身大学:埼玉医科大学
診療科目:整形外科・脊椎外科
専門分野:足の外科、関節リウマチ、小児整形外科

研修時代のエピソード

あの当時は研修医制度がなかったので、埼玉医科大を出てからそのまま医局へ入りました。
入局後、いきなり「先生」と呼ばれる身分です。いきなり「出来るでしょう?」って言われても出来る訳がないですから、そのギャップを埋めるのが大変でした。
特に、血管確保が一番苦労しました。他には縫合処理を徹底的に救急外来で叩き込まれ、勉強というより、体を動かしてものすごい指導を受けながら、やらされたという感じです。
自分では対処できないとき、指導医を呼んでも状況を上手く説明できず、辛かったなあ……。何度となく現場から逃げ出したいと思いましたね(笑)。

救急患者はこちらの都合に合わせませんから、医師はどうやって平常心で対処するかを研修医の間に訓練しておかないと苦労します。プロ野球の2軍選手と同じ心境です。

そして、3、4年目でよく見かける疾患の対処方法の組み立てができ、5、6年で手術の技量の手応えを実感するようになりました。

整形外科等を選んだ理由

整形外科を選んだのは、父親と同じ診療科だからという訳ではないですが、人が亡くなる場面を避けたいという理由からです。

私の専門分野の「足の外科」は、Y客員教授の話に薫陶を受けたのがきっかけで、専攻するようになりました。
Y客員教授は内反足といって小児の典型的な疾患で有名な先生です。「足の外科」は小児の分野も多いので合わせて「小児整形外科」も専門としています。

「関節リウマチ」は、医局の織田弘美教授がその分野の専門医です。母親がリウマチを患い始めたのをきっかけにリウマチを研究するようになったのが経緯です。リウマチに伴う足部の変形が多く、それを含めて勉強しました。

いまは足を中心に全身的なリウマチや小児を診ています。

当病院の魅力(イチオシ)

整形外科の領域で言うと、需要は大きいし、スポーツ医学、脊椎、リウマチ等の疾患の幅が広いです。さらに、いろんな専門分野へ進むことができるし、将来的にポテンシャルがある領域でしょうね。
因みに、生理学・医学のノーベル賞を受賞した山中先生も整形外科出身です。

今後、高齢者のQOL(Quality of Life:生活の質)という視点では、関節、筋肉、腰などの運動器の維持というのが重要なファクターとなります。
整形外科医がプロフェッショナルとして、各科と協力してQOLを進めるための要となり、ニーズの高さはあると思います。

手術がすべてではないし、関節部分の老化のメカニズムをどう解明していくか、人間の一生は限りがあって、限りのある中でどうやって生活を維持させるのか、整形外科の役割が大切になります。
そういった意味でいろいろな事が出来る分野で面白いと思います。

研修医へのエール

医師の国家資格を取得したら終わりではなく、医療は国民に還元するのがミッションですから、私と同じように臨床研修でもまれて力を付けてください。

病院見学時にも聴講できる「ランチョンセミナー」は、研修医に一般的な症例をテーマにしているので分かりやすいし、参考になります。
私も講師として、外傷や骨折の応急処理の方法についてレクチャーしました。見える部分の処置は患者にも分かってしまうので、変形している部分を少し抑えたり、固定すべき患部を固定したりするような初期対応がポイントです。