汐見玲奈先生

初期研修医(1年目)・汐見 玲奈 先生

氏 名  :汐見 玲奈
出身地  :埼玉県
出身大学 :埼玉医科大学
研修コース:総合医育成広域連携病院自由選択プログラム

当院を選んだ理由

私は埼玉医科大学の卒業生であり、母校で研修することを選択しました。その理由は2つあります。
1つ目ですが、当院は大学病院でありながら地域に根差した医療を行っているため、Common diseaseから専門性のある分野まで様々な疾患を経験することができることです。私は高齢者の医療に携わりたいと考えております。そのためには特定疾患の知識を増やすことも大事ではありますが、それだけではなく一般的な疾患であるCommon diseaseを診られるようになる必要があると考えます。市中病院でCommon diseaseを診て大学病院では特殊な疾患を診るというのが一般的ですが、当院ではこの両方を経験できます。
2つ目ですが、学生のBSLで実習を行った際、先生方が教育に熱心であったということです。私たちは研修医になった時点では臨床の知識は乏しく、治療方針を立てるのも困難です。ですから研修医の私たちは、指導医による指導が大切になってきます。熱心な指導医の下で気兼ねなく質問できる環境で研修生活を送ることにより、自分の研修生活を充実させることができると思いました。
以上の2つの理由で私は母校の埼玉医科大学病院で研修することを選びました。

研修中の感想

どの科で研修を行っていても、たくさんの疑問点に遭遇します。その際、私は本などで調べ、それでもわからなかった時に指導医に質問するようにしています。そうするとどの指導医も快く説明をしてくれ、私が質問したことに答えてくれるだけでなくそれに関する文献を見せて下さる、または専門書を貸してくださるなど、私が思った以上の答えがかえってきます。

私は研修先を選ぶ際に市中病院なども考えていたのですが、こういった丁寧な指導をしていただけるのは大学病院だからこその利点であると考えております。

目指す専門分野

私は高齢者医療に携わりたいと思っております。高齢者医療では幅広い分野の知識が必要になると考えられます。ですから3年目に入局し専門分野に入る前に、さまざまな科の知識を習得したいと考えております。その点当院では先ほども述べましたように、Common diseaseから専門性のある分野まで様々な疾患を経験することができることが私の将来の糧となると考えております。
また、私は総合医育成広域プログラムにて研修を行っております。このプログラムでは精神科・外科・小児科・産婦人科・麻酔科の5分野での研修が必須となっております。自分の好みばかりで研修プログラムを組むと偏りが出てしまうため、このプログラムでローテートすることにより「バランス良く‘良医’になれる基盤を築く」ことができると考えます。
提携している他大学で研修を行うこともできますし、地域医療研修施設も充実していますので、地域に根差した医療を行いたいと考えている私にとって、とても魅力的なプランで研修を行うことができます。

メッセージ

当院の上級医の出身大学は様々であり、外部から来た研修医も指導医の先生方が分け隔てなく指導されていて研修しやすい環境であると考えます。研修医はそれぞれの科をローテートする期間がとても短いため、その科にいかに早く 慣れ、科で知識・技術を習得するかが重要であり、それには環境が大事であると考えます。

当院はアットホームな環境であるので皆さんもすぐ溶け込めると思います。
ぜひ一緒に研修しましょう。

※所属や学年等は取材当時のものです