下出崇輝先生

初期研修医(2年目)・下出 崇輝 先生

氏 名  :下出 崇輝
出身地  :北海道
出身大学 :埼玉医科大学
研修コース:研究マインド育成自由選択プログラム

当院を選んだ理由

当院は、埼玉県北西部を中心に県全域をカバーする特定機能病院であり、急性期病院かつ地域医療基幹病院として機能しています。
特色としては、当院は大学病院でありながら、初期研修医が各々の将来の専門性に関わらず日常診療で頻繁に遭遇する症例が数多く経験できる点、また当院の所在する地理的条件により、最初の診断から最終転帰まで一貫した診療を経験することが可能という点が挙げられます。

私は現在定められている臨床研修制度の目標とするプライマリ・ケアや全人的医療の研修を行うためには当院が最適と考え、また初期研修と同時に大学院に入学し、臨床/基礎研究も行える研究マインド育成自由選択プログラムがあることも非常に魅力的に感じ、同プラグラムに志願し、現在研修しています。

研修中の感想

私は現在、精神医学専攻の社会人大学院生として日々研修業務を行っています。
当院は幅広い診療科と多くの県内外の協力医療機関を有するため、充実した臨床研修が可能です。私は埼玉医科大学3病院を自由にローテート出来る利点を生かし、当院の内科や消化器・一般外科、また国際医療センターの救命救急科や心臓内科といった緊急性の高い症例が数多く経験できる診療科を研修でき、また現在は感染症科・感染制御科研修において院内感染防御のICTラウンドに参加し各病棟の感染対策を評価することや、細菌培養やPCRの手技を実際に自分で行い、たくさんの種類の細菌についてのレポートを作成する等、大変貴重な経験を積ませていただいております。

研修先のどの科でも優秀な指導医から熱く、アカデミックな指導が受けられます。

また現在の臨床研修制度では地域医療研修が必修となっており、当院の研修プログラムでは、北は北海道から南は長崎県五島列島まで様々な数多くの施設で地域医療の経験が可能となっております。
私はその中で千葉県銚子市のたむら記念病院という市中病院を希望し、1ヶ月間研修させていただきました。私は海の近くで医師として働くのが昔から夢であったので、太平洋を眺めながら、地域に根付いた現場でプライマリ・ケアを重視する地域医療を研修できたことは大変いい思い出です。
血液透析センターの回診や1・2次救急医療、一般病棟業務、療養型病床業務等充実した1ヶ月を過ごすことができました。地域医療研修とは別に地域保健研修も選択し、埼玉県の様々な場所で実際に検診・健診業務を行うことで人々の健康を守る予防医学を研修することもできました。

さらに先述したとおり、私は研修医でありながら大学院生なので、当初は研修業務と大学院の講義や研究と両立可能か大変心配でした。しかし、いつでも気兼ねなく行かせていただけるため、臨床研修業務と大学院の学業の両立が高いレベルで可能となっており、非常に充実したストレスのない研修医生活を送らせていただいています。
また各科では私の専攻分野である精神科領域とかかわりの深い症例を教えていただき、実際に受け持ち患者として診療に関わらせていただくなど将来を見据えた研修も各診療科の先生方のお陰で行うことができています。

目指す専門分野

神経精神科・心療内科は非常に幅広い専門分野が存在し、私自身興味のある分野がたくさんあり、まだ特定の専門分野が絞り切れていません。当院の神経精神科は診療規模、医局規模も大きく、全国的にも珍しい精神科救急入院料(いわゆる“スーパー救急”)算定病院に指定されており、またこどものこころクリニック、ジェンダークリニック(グループ施設)も有する等多彩な領域をカバーしております。

多彩な症例を経験しながら、じっくり自分のやるべき専門分野を探しつつ、近い将来優秀な精神科医になることを目指し、研修、研究と日々精進していきたいと考えています。

※所属や学年等は取材当時のものです