日高・川角キャンパス分館(学内)
総合医療センター分館(学内)

新着ニュース    【無線LANの設定手順】(学内限定)      「図書館費での購読雑誌の希望調査」結果報告(学内限定)
            学外からのメディカルオンラインへのアクセスについて(学内限定)             
EBMツール
電子ブック
文献検索
OVID MEDLINE, EBM Reviews (学内専用)
  • MEDLINE:米国国立医学図書館作成の医学分野および関連領域の文献を検索できるデータベース
  • EBM Reviews:EBMの実践に必要な情報を提供するデータベース。コクランライブラリーのシステマティックレビュー、ACP Journal Clubの構造化抄録などを収録
  • 同時アクセス数:5
  • 更新頻度:MEDLINEは毎日、EBM Reviewsは年4回
PubMed
  • MEDLINEの一般公開版。世界の主要医学系雑誌などに掲載された文献を検索できる
  • 学外からも検索および本学での所蔵確認が行える
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:毎日
PubMed via PICO
  • PubMedをPICO(Patient/Problem, Intervention, Comparison, Outcome)で検索
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:毎日
Scopus (学内専用)
  • 科学・技術・医学・社会科学・人文科学の抄録・引用文献データベース
  • 被引用数、雑誌の評価(SJR, SNIP)、著者の評価(h-index)も分析できる
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:毎日
CINAHL (学内専用)
  • 看護学の文献データベース
  • 全米看護連盟、米国看護協会発行の看護系雑誌や出版物などを収録
  • 同時アクセス数:1
  • 更新頻度:毎週

医学中央雑誌Web版 (学内専用)
  • 医学・歯学・薬学・看護学・獣医学などの関連分野について、国内の定期刊行物の文献情報を検索できる
  • 同時アクセス数:8
  • 更新頻度:月2回
JDream3-JMED, MEDLINE, JST (学内専用)
  • 科学技術や医学・薬学などについて、国内外の文献を検索できる
  • アクセス方法:「IP接続でログイン」をクリック後、「お名前」に任意の名前を入力
  • 同時アクセス数:6
  • 更新頻度:JMEDは月4回、MEDLINEは週1回、JSTは月4回
最新看護索引Web (学内専用)
  • 国内発行の看護・周辺領域に関する定期刊行物の文献情報を検索できる
  • 同時アクセス数:10
  • 更新頻度:月1回
メディカルオンライン (学内専用)
  • 国内医学関連雑誌から文献を検索・閲覧できる。薬・医療関連製品・判例の情報も収録
  • 大量ダウンロードは禁止されています。ペナルティは全学のアクセス停止ですのでご注意願います
  • 全文FAX送信の場合、FAX送信先は自由に指定できます。費用は発生しません
  • 国内の医学・医療関連書籍を閲覧できます(約2,300冊)。
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:月1回
MedicalFinder (学内専用)
  • 医学書院の雑誌50誌を検索・閲覧可能
  • 医学・看護・リハビリテーション分野を中心に学術専門誌に掲載された論文が収録されています
  • 概ね2000年以降の論文本文を閲覧できます
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:雑誌の刊行に合わせて

CiNii Articles
  • 国内の学協会・大学などで発行の学術雑誌・研究紀要、国立国会図書館雑誌記事索引を検索できる
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:毎週
NDL-OPAC
  • 納本制度により国内発行の出版物が広く収集されている
  • 戦後に発行された資料の大半を検索できる
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:毎週(一部毎月)
Google Scholar
  • 学術資料の検索に特化している
  • 論文、書籍、要約、記事など
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:不明
厚生労働科学研究成果データベース
  • 厚生労働科学研究費補助金等で実施した研究報告書の概要版・本文を閲覧・検索できる
  • 同時アクセス数:無制限
  • 更新頻度:例年9月〜10月末に前年度報告書が公開

雑誌の影響力調査(Impact Factor)
研究業績の評価・分析
現行法規・判例検索
文献管理ツール
その他電子資料    上記ツールの説明(ポップアップと同内容)
上記バナーのうち緑色の枠のものは、本学の教職員であってもご自宅などの学外環境からはアクセス不可となります。
学外からアクセス可能な電子ジャーナルについてはこちらをご覧ください。