アドミッションポリシー

  • HOME
  • 大学概要
  • 本学の特色
  • キャンパスライフ
  • 学生サポート

看護学科

1.看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を備えていることが望ましい。
  • (1)特に「読む・書く」能力および論理的思考能力を必要とする科目 (国語総合、コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ等)を履修している。
  • (2)科学的判断・問題解決能力を習得できる科目 (数学Ⅰ・数学A、化学基礎、生物基礎等)を履修している。
  • (3)人間・健康・生活・社会(環境)に関心が持てる科目(現代社会等)を履修している。
  • (4)倫理観を養う科目(倫理等)を履修している。
  • ※赤字:本学試験科目
2.豊かな感性、表現力および他者との協調性や コミュニケーション能力を備えていることが望ましい。
  • (1)ボランティア活動を積極的に実施している。
  • (2)生徒会活動や部活動に自分の役割をもって参加している。
  • (3)総合的な学習の時間で主体的に課題に取り組む学習態度を養っている。

専攻科・母子看護学専攻

1.助産学を学ぶ上で必要な看護学の基本的知識を備えている。
  • (1)科学的思考の基盤・人間と生活・社会の理解、人体の構造と機能・疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度に関する専門基礎分野を履修している。
  • (2)専門分野の知識と技術および倫理規範について履修している。
2.看護師として豊かな感性、表現力および他者との協調性やコミュニケーション能力を備えている。
  • (1)入学に至るまでの学生生活や職場において、自分の役割を自覚し責任を果たしている。
  • (2)倫理観に基づいた行動がとれている。
  • (3)総合判断能力と自己研鑚能力を備えている。

3つの方針

アドミッションポリシー看護の対象となる人々の信頼を得られる看護師・助産師の育成を目的としているため、専門的な知識・技術と同時に高い倫理観や人の痛みがわかるような人間愛を兼ね備えた医療人を目指す学生の入学を希望している。

カリキュラムポリシー豊かな教養と看護の専門的知識を身につけ、地域の保健医療に貢献できるよう、教養教育の充実、双方向型教育、早期からの臨地実習、臨床指導教員の配置などきめ細かな学習支援を心がけた教育を実施している。

ディプロマポリシー人間を総合的に理解し看護を実践するために、科学的な思考力や知識と実践を統合できる能力、及び看護者として自己成長できる能力を身につける。そして社会の変化に対する適応能力を修得することを卒業時の目標とし、国家試験受験科目を含め所定の単位を修めた学生は、卒業が認定され短期大学士(看護学)の学位が授与される。

ページトップへ ▲