学科紹介

  • HOME
  • 大学概要
  • 本学の特色
  • キャンパスライフ
  • 学生サポート

1・2年次は幅広い基礎教養科目と看護の専門基礎知識を学び、医療従事者に求められる柔軟な考察力や総合的な判断力、人体と疾病の知識を身につけます。
3年次には臨地実習で実践を通して知識や技術を確認、習得し、国家試験合格をめざします。

教育理念

看護学科の教育は、優れた看護専門職業人の育成を目指している。看護専門職には、生命に対する深い畏敬の念とそれに基づく確かな看護観、教養ある社会人として豊かな人間性と良識を持って積極的に社会に貢献する姿 勢が望まれる。また、科学技術や医療の著しい進展に対応しうる絶え間ない努力が求められている。すなわち、看護の学問的研究を推進する能力、新しい知識と技術に裏づけられた看護実践能力が求められる。 さらに本学は、高度医療機関であり、地域医療の中核的役割を担っている埼玉医科大学病院に併設しているため、学んだ成果を地域に還元することを自らの社会的役割として自覚できる人材を育成しなければならない。

看護学科長メッセージ

埼玉医科大学短期大学看護学科は埼玉医科大学附属看護専門学校を前身として平成元年に開設しました。平成9年には専攻科{地域看護学専攻(現在は保健医療学部へ移行)・母子看護学専攻}も開設し、これまでに数多くの卒業生を看護の現場に送り出しています。卒業生はそれぞれの職場において患者や家族の皆様から高い評価を頂いております。

本学科の指導体制の特徴は、主たる実習病院である埼玉医科大学病院をはじめとして、老人施設や保育園、訪問看護ステーション等の施設が集中して揃っており、カリキュラム総時間数の約3分の1を占める看護の臨地実習に適した環境が整っていることです。さらに臨地実習での学習を特に重要視している本学科では、原則として1教員が1病棟を担当し、本学の教育内容を熟知した臨地実習指導者との連携を密にし、学生が安全に実習できるような指導体制をつくっています。このような環境の中で学生は安心して学習することができます。

また3年間で看護師の国家資格取得を得るための専門教育を行いながらも、カリキュラム上、また課外活動等をとおして豊かな人間性を培い人間的成長を目指して学習できるように、教員一人一人が師弟同行の理念のもとに、学生とともに学び、学生の個別性を大切にしながら教育を行っています。

看護学科長 久保かほる

教育目的

看護専門職として、看護に関する専門的知識と技術の教育研究活動を通じ、生命に対する深い畏敬の念とそれに基づく確かな看護観を持ち、また、教養ある社会人として、豊かな人間性と良識をもって積極的に社会に貢献できる看護師を養成する。

教育目標

幅広く豊かな教養を身につけた社会人になる豊かな感受性と幅広い教養を身につけるだけではなく、科学的に問題を解決する能力を持つことや、倫理的判断能力があること、自らの社会的役割を認識して自主的に行動し、社会的責任を担う能力を持つことが含まれる。

社会の変化に対応しつつ、生涯に亘って社会に貢献できる看護の専門職業人になる看護を実践するための専門的な知識や技術を修得することはもちろんのこと、社会における医療や看護の役割を認識し、その責任を果たす能力を身につけることが含まれる。また看護の専門職業人として研究的態度を培い、看護の発展に寄与するため生涯に亘って学習を継続していく姿勢を身につけることを意味する。

看護の専門家として地域の医療水準の向上に貢献できる人となる本学の社会的役割は優秀な人材の育成によって、地域の医療水準の向上に貢献することである。この理念に沿って、地域の医療に関心と情熱を持って対処する姿勢と実践能力を身につけることを意味する。

ページトップへ ▲

三つの方針

ディプロマポリシー看護学科の課程を修め、授業科目区分ごとの所定の単位101単位以上の単位を修得したうえで、下記のような知識・技術・態度を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  • (1)社会の変化に対応できる能力
  •   ①社会情勢の変化に関心を持つ。
  •   ②社会の変化に対応する。
  • (2)人間を総合的に理解できる能力
  •   ①他者を尊重し共感的に理解する。
  •   ②人間を多角的な視点で理解する。
  • (3)科学的な思考ができる能力
  •   ①論理的に思考する。
  •   ②物事を系統的に考える。
  • (4)専門的な知識・技術・態度を統合して看護実践できる能力
  •   ①専門的知識を活用し、健康状態をアセスメントする。
  •   ②あらゆる健康レベルに対応した看護を計画・実施・評価する。
  •   ③高い倫理観をもち、他者の尊厳と権利を擁護する。
  • (5)保健医療福祉チームメンバーとして地域に貢献する能力
  •   ①継続看護(支援)の重要性を理解する。
  •   ②保健医療福祉チームの一員としての役割を自覚し遂行する。
  •   ③地域の医療水準の向上に貢献する。
  • (6)看護者として自己成長ができる基盤を身につける能力
  •   ①自分自身を客観視する。
  •   ②主体的に行動し、建設的な人間関係を構築する。
  •   ③自分が置かれている立場・役割を認識し行動する(リーダーシップ・メンバーシップ)。
  •   ④継続的に学習し、新しい知見を得る。
  • カリキュラムポリシーディプロマポリシーを学生が修得できるように以下の教育内容と教育方法を取り入れた授業を実施し、学修成果の評価を行う。教育内容については、科目構造図と学科進度表に示し、順次性に配慮し体系的かつ効果的に教育課程を編成する。

  • (1)教育内容
  •   ①3年間で101単位以上を履修する。
  •   ②指定規則にある「基礎分野」、「専門基礎分野」、「専門分野Ⅰ」、「専門分野Ⅱ」、「統合分野」の区分を用いず
  •    に、教育内容を示す「科学的思考の基盤、人間と生活・社会の理解」、「人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復
  •    の促進、健康支援と社会保障制度」、「看護の基本」、「ライフサイクルと生活の場に応じた看護の方法」、「看護
  •    の総合」という名称にして、「ライフサイクルと生活の場に応じた看護の方法」に在宅看護学を含めている。
  •   ③各ディプロマポリシーを修得するための教育内容は以下のとおりである。
  •     ディプロマポリシー(1):「科学的思考の基盤、人間と生活・社会の理解」、「健康支援と社会保障制度」、
  •      「看護の総合」
  •     ディプロマポリシー(2)(3):「科学的思考の基盤、人間と生活・社会の理解」、「人体の構造と機能、疾病の
  •       成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度」、「看護の総合」
  •     ディプロマポリシー(4)(5)(6):「看護の基本」、「ライフサイクルと生活の場に応じた看護の方法」、「看護
  •       の総合」
  •   ④看護専門職の責任を自覚し、自ら学ぶ力を高めるために早期から臨地実習を設定する。
  • (2)教育方法
  •   ①講義・演習は、学生の主体的な学びを促進するために、双方向型教育を実践する。また、参加型授業形態の工夫と、
  •    してグループワーク、プレゼンテーションを取り入れる。
  •   ②臨地実習は、実践の機会を多く持てるように、指導教員および臨地実習指導者が連携する。
  •   ③シラバスに、卒業認定・学位授与の方針に基づく学習の到達目標、授業内容、評価方法、予習・復習の内容と学習
  •    時間の目安を具体的に記載する。
  •   ④授業評価アンケートを実施し、授業内容や教授方法の改善、組織全体として授業が円滑に運営されているかを検証
  •    する。
  • (3)学修成果の評価
  •   ①授業科目の到達目標に応じて到達基準を明確化し、その到達状況を適切に評価する。
  •   ②授業科目の学修成果は、授業内容に応じて筆記試験、レポート、実技試験、学習態度などを総合して評価する。
  •   ③学修成果はフィードバックを行ない、学生が自身の学修成果と課題を把握できるようにする。
  •   ④GPAを用いてフィードバックを行ない、学生が自身の学修成果と課題を把握できるようにする。
  •   ⑤毎年アセスメントテストを実施し、学生・教員の双方が学修成果を確認する。
  • ページトップへ ▲

    カリキュラム

    • STEP.1【基礎分野】科学的思考の基礎・人間と生活・社会の理解

      多分野にわたる基礎教育を通して幅広い視野と柔軟な考察力、総合的な判断力を養い、真の医療技術者を育成します。

    • STEP.2【専門基礎分野】人体の構造と機能・疾病の成り立ちと回復の促進/健康支援と社会保障制度

      人間の構造や疾病、保健、医療、福祉についての知識を習得し、広い視野から看護を考えるための基礎的能力を養います。

    • STEP.3【専門分野】看護の基本/ライフサイクルと生活の場に応じた看護の方法/看護の総合

      専門職として看護の役割と機能を理解し、あらゆる状況に応じて看護を実践するための基礎的知識、技術、態度を習得します。

    1年次
    • 社会学
    • 教育学
    • 統計学
    • 物理学
    • 化学
    • 生物学
    • 情報科学
    • 英語Ⅰ(コミュニケーション)
    • 体育実技Ⅰ(健康スポーツ)
    • 解剖学
    • 生理学
    • 生化学
    • 微生物学
    • 薬理学
    • 病理学
    • 疾病総論
    • 疾病治療論Ⅲ
    • 健康と栄養
    • 健康と運動
    • 看護概論
    • 看護の方法Ⅰ
    • 看護の方法Ⅱ
    • 看護の方法Ⅲ-1
    • 基礎看護実習Ⅰ
    • 成人看護概論
    • 老年看護概論
    • 精神看護概論
    • 小児看護概論
    • 母性看護概論
    • 看護倫理
    • コミュニケーション論
    • 生涯発達論
    • 生活習慣と看護
    • 社会活動
    2年次
    • 哲学
    • 心理学Ⅰ
    • 心理学Ⅱ
    • 論理学
    • 文学
    • 法学
    • 英語Ⅱ(リーディング)
    • ドイツ語
    • 体育実技Ⅱ(生涯スポーツ)
    • 疾病治療論Ⅰ
    • 疾病治療論Ⅱ
    • 疾病治療論Ⅳ
    • 成育医療論
    • 公衆衛生学
    • 社会福祉
    • 関係法規
    • 看護の方法Ⅲ-2
    • 看護の方法Ⅳ
    • 基礎看護実習Ⅱ
    • 成人看護Ⅰ
    • 成人看護Ⅱ
    • 成人看護技術Ⅰ
    • 老年看護Ⅰ
    • 老年看護Ⅱ
    • 精神看護Ⅰ
    • 精神看護Ⅱ
    • 在宅看護概論
    • 在宅看護
    • 小児看護Ⅰ
    • 小児看護Ⅱ
    • 母性看護Ⅰ
    • 母性看護Ⅱ
    • 看護管理
    • 災害・救急看護
    • 国際医療福祉事情
    • 看護学セミナー
    3年次
    • 成人看護実習Ⅰ
    • 成人看護実習Ⅱ
    • 成人看護技術Ⅱ
    • 老年看護実習Ⅰ
    • 老年看護実習Ⅱ
    • 精神看護実習
    • 在宅看護実習
    • 小児看護実習
    • 母性看護実習
    • 看護研究
    • 総合実習

    ページトップへ ▲

    年間スケジュール

     
    4 April
    5 May
    6 June
    7 July
    8 August
    9 September
    10 October
    11 November
    12 December
    1 January
    2 February
    3 March
    1年次
    • 入学式
    • 新入生ハイキング
    • 前期授業開始
    • 防災訓練
    • 健康診断
      • 基礎看護実習Ⅰ(病院見学)
      • 前期授業終了
      • 前期試験
      • 夏季休業
      • 後期授業開始
      • 遙光祭(大学祭)
      • 戴帽式
      • 基礎看護実習Ⅰ
      •  (病棟実習4日間)
      • 冬季休業
      • 後期授業終了
      • 後期試験
      • 春季休業
       
      2年次
      • 前期授業開始
      • 防災訓練
      • 健康診断
       
      • 前期授業終了
      • 前期試験
      • 夏季休業
      •  
      • 基礎実習Ⅱ(病棟実習2週間)
      • 後期授業開始
      • 遙光祭(大学祭)
       
      • 冬季休業
      • 後期授業終了
      • 後期試験
      • 春季休業
      • 海外研修
      • (国際医療福祉事情の科目履修者)
       
      3年次
      • 実習全体オリエンテーション
      • 前期領域別看護実習開始
      • 看護研究開始
      • 防災訓練
      • 健康診断
       
      • 前期領域別看護実習終了
      • 夏季休業
      • 後期領域別看護・総合実習開始
      • 遙光祭(大学祭)
      • 後期領域別看護・総合実習終了
      • 国家試験補習講義開始
      • 看護研究論文提出
      • 冬季休業
      • 国家試験補習講義終了
      • 看護師国家試験
      • 卒業式
      • 謝恩会
      • 看護師国家試験合格発表

      ページトップへ ▲

      アドミッションポリシー

    • (1)ディプロマポリシーに定める知識・技術・態度の修得を目指し、カリキュラムポリシーに定める教育を受けるための
    •   条件として、①~④を身につけるための科目を履修していることが望ましい。
    •   ①「読む・書く」能力および「論理的思考」能力を必要とする基礎学力
    •     科目:国語総合、コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ等
    •   ②科学的判断・問題解決能力
    •     科目:数学Ⅰ・数学A、化学基礎、生物基礎等
    •   ③人間・健康・生活・社会(環境)への関心
    •     科目:現代社会等
    •   ④倫理観
    •     科目:倫理等
    • (2)保健医療福祉の分野で活躍、貢献したいという目的意識をもっている。
    • (3)豊かな感性、表現力、他者との協調性やコミュニケーション能力を身につけるために、下記①~③のような活動をして
    •   いることが望ましい。
    •   ①課題への積極的・主体的な取り組み(総合的な学習時間など)
    •   ②生徒会活動や部活動
    •   ③ボランティア活動
    • ページトップへ ▲

      GPA制度について

      本学ではグレード・ポイント・アベレージ(履修科目の成績の平均値「GPA」)を算出する制度を実施しています。
      学習意欲及び自己管理意識を高めることで教育の質を保証し、適切な就学指導を行うことを目的としています。

      グレード・ポイント(各評価に与えられる数値(評価点「GP」)は、次表のとおりです。

      評価 GP
      (
      評価点)
      評価基準 参 考
      (100
      点満点での目安)
       到達目標を達成し、極めて優秀な成績を収めている 90点以上
       到達目標を達成し、優秀な成績を収めている 80点以上
       到達目標を達成している 70点以上
       到達目標を最低限達成している 60点以上
       到達目標を達成していない 60点未満

      GPAの算出方法 GPAの計算式は、次の計算式によるものとし、算出された数値の小数点第3位以下は切り捨てます。

      GPA計算式

      Sの修得単位数×4+Aの修得単位数×3+Bの修得単位数×2+Cの修得単位数×1+Dの修得単位数×0
      GPA対象科目の履修総単位数

      GPA対象科目 学則第14条に規定する卒業要件に関わる授業科目とします。
       次に掲げる授業科目については、GPAから除きます。
       (1) 既修得単位認定科目(他大学で修得し、本学で単位認定された授業科目)
       (2) 学長が指定する授業科目

      成績評価の厳格化及び成績不振者への指導 学修の成果に係る評価及び卒業の認定に当たっては、客観性及び厳格性を確保するため、学生に対してその基準をあらかじめ明示するとともに当該基準に従って適切に行うものとします。
       成績不振者となった学生に対しては、アドバイザーから注意及び指導し、並びに必要に応じ保護者への説明を行います。なお、成績不振者とは、学年度末(単位認定会議終了後)のGPA1.9未満の学生が対象です。

      成績通知及び成績証明書 成績通知には、GPAを記載します。また、 成績証明書には、GPAの算出方法等も併せて記載します。

      ページトップへ ▲