教育理念・目的・目標

  • HOME
  • 大学概要
  • 本学の特色
  • キャンパスライフ
  • 学生サポート

本学は、医療技術に関する高度の理論と技術を教授研究し、あわせて豊かな教養と人格を備えて、ひろく国民の保健医療の向上に寄与することのできる技術者を育成することを目的とする。

看護学科

教育理念

看護学科の教育は、優れた看護専門職業人の育成を目指している。看護専門職には生命に対する深い畏敬の念とそれに基づく確かな看護観、教養ある社会人としての豊かな人間性と良識を持って積極的に社会に貢献する姿勢が望まれる。また科学技術や医療の著しい進展に対応しうる絶え間ない努力が求められている。すなわち看護の学問的研究を推進する能力、新しい知識と技術に裏づけられた看護実践能力が求められる。

さらに本学は高度医療機関で地域医療の中核的役割を担っている埼玉医科大学病院に併設しているため、学んだ成果を地域に還元することを自らの社会的役割として自覚できる人材を育成しなければならない。

以上の観点から教育目的・目標を次のように設定している。

教育目的

看護専門職として、看護に関する専門的知識と技術の教育研究活動を通し、生命に対する深い畏敬の念とそれに基づく確かな看護観をもち、また教養ある社会人として、豊かな人間性と良識をもって積極的に社会に貢献できる看護師を養成する。

教育目標

(1)幅広く豊かな教養を身につけた社会人になる。
これは豊かな感受性と幅広い教養を身につけるだけではなく、科学的に問題を解決する能力を持つことや、倫理的判断能力があること、自らの社会的役割を認識して自主的に行動し、社会的責任を担う能力を持つことが含まれる。
(2)社会の変化に対応しつつ、生涯に亘って社会に貢献できる看護の専門職業人になる。
これは看護を実践するための専門的な知識や技術を修得することはもちろんのこと、社会における医療や看護の役割を認識し、その責任を果たす能力を身につけることが含まれる。また看護の専門職業人として研究的態度を培い、看護の発展に寄与するため生涯に亘って学習を継続していく姿勢を身につけることを意味する。
(3)看護の専門家として地域の医療水準の向上に貢献できる人となる。
本学の社会的役割は優秀な人材の育成によって、地域の医療水準の向上に貢献することである。この理念に沿って、地域の医療に関心と情熱をもって対処する姿勢と実践能力を身につけることを意味する。

卒業時の特性

  • 1. 社会の変化に対する適応能力を培う。
  • 2. 人間を総合的に理解できる能力をもつ。
  • 3. 看護者として自己成長ができる基盤を身につける。
  • 4. 専門的な知識・技術・態度を統合して看護実践できる能力をもつ。
  • 5. 科学的な思考ができる能力をもつ。
  • 6. 保健医療福祉チームメンバーとしてその役割を果たす能力の基盤をもつ。

ページトップへ ▲

専攻科(母子看護学専攻)

教育理念

埼玉医科大学短期大学の教育の基本姿勢は、一般社会人としての幅広く豊かな教養と良識を持ち、生命に対する深い畏敬の念と人類愛を持って、積極的に社会に貢献できる人材を育成することである。母子看護学専攻の教育は医療全般にわたる広範な視野と高い見識を持ち、急速かつ多様に変化しつつある社会状況を的確にとらえ、対象者および家族・地域に対して母子看護専門職としての社会的役割を担う人材を育成することである。

さらに、本学は高度周産期医療機関であり地域医療の中核的役割を担っている埼玉医科大学病院に併設しているため、高い専門性を活かし専門的指導的役割を果たせる人材を育成しなければならない。

以上の観点から教育目的・目標を次のように設定している。

教育目的

看護基礎教育を基盤として、母子看護学に関する教育研究活動を通し、専門的知識と技術を深く身に付け、社会に貢献できる助産師を養成する。

教育目標

  • 1.広範な視野と高い見識を持った社会人になる。
  • 2.多様に変化する社会状況及び価値観を的確にとらえ、高い専門性と指導的役割を担い生涯に亘って社会に貢献できる母子看護専門職業人になる。
  • 3.母子看護専門職として周産期医療の水準・向上に貢献できる人となる。

修了時の特性

1. 広範な視野と高い見識を培う。
  • (1)生命に対する深い畏敬の念と人類愛を持つことができる。
  • (2)倫理観を持った行動ができる。
  • (3)社会情勢の変化を的確にとらえることができる。
  • (4)生涯学習を行い自己研鑽することができる。
2. 高い専門性を持った実践能力を培う。
  • (1)女性の一生と家族のライフサイクルの健康を支援することができる。
  • (2)高度周産期医療に対応する知識・技術を高めることができる。
  • (3)科学的思考を持ち総合的に判断することができる。
  • (4)社会資源を活用し、他職種と協働・連携できる。
3. 地域の医療水準の発展に貢献する姿勢を培う。
  • (1)保健医療福祉チームの一員として連携・協働して医療水準の向上に貢献することができる。
  • (2)自律的に生涯学習を継続することができる。
    • ①臨床場面で得た課題を研究する能力。
    • ②研究成果を臨床に活かす能力。

ページトップへ ▲