ここから始まる夢の一歩[学生のリアルVoice]

  • HOME
  • 大学概要
  • 本学の特色
  • キャンパスライフ
  • 学生サポート

支えたい、癒したい、寄り添いたい …… 一人ひとりの想いや理想を胸に、
みんなで「看護師になる」という同じ夢に向かって歩んでいます。

リアルVoice01
患者さまにしっかり向き合うために、
確かな知識と技術を身につけていきたい。
短大では「教わる」だけでなく「自ら学ぶ」姿勢が大切です。専門的な講義の内容を理解するのは難しいけれど、だからといって曖昧なままにしてしまっては、将来患者さまに迷惑をかけてしまうかもしれません。そう考えると、一見些細に見えることでも妥協するわけにはいかないんです。また、看護師は何をするにも「根拠」が求められます。例えば患者さまの体を拭くときにも、無自覚に行うのではなく、解剖生理学やその人の病状を踏まえて体の拭き方や動かし方などを考えなければなりません。3年間で学ぶことはとても多くて大変ですが、「看護師になりたい」という明確な目標があるから、難しいことも楽しみながら乗り越えていけるんだと思います。
北野貴子 看護学科2年
リアルVoice02
看護について学ぶということは、
一人の人間としての成長につながる。
患者さまとの接し方などは授業や演習で学んでから実習に行くのですが、やはり学生同士でシミュレーションするのと実際に病院で患者さまと向き合うのは違います。初めて実習に行ったときには、緊張してしまってなかなか声をかけられず……患者さまに不安感を与えてしまいました。次の実習ではしっかり目を見て笑顔であいさつし、安心して入院生活を送ってもらえるようにしたいです。患者さまの不安感や不快感を軽減できるような看護の基本は、相手を思いやり、それを行動や言葉にして表すこと。これって看護の現場に限らず、日常的に人と接する際に役立つことだと思います。埼玉医科大学短期大学で看護について学びながら、人としても大きく成長したいです。
長谷川南 看護学科2年
リアルVoice03
慣れ親しんだキャンパス内での実習で、
看護の知識と技術を確認、実践できる。
1・2年次で身につけた幅広い知識や看護の基礎技術を再確認し、肉付けしていく場が、3年次のカリキュラムの大半を占める臨地実習です。実際にご高齢の患者さまに会って腕に触れてみると、皮膚の薄さや関節の曲がりにくさなどに驚かされます。そうした実体験を通して人への理解が深まるとともに、さらなる知識欲がわいてくるので、実習後にキャンパス内の図書館に寄ることもしばしば。また、こうして数週間にわたって一人の患者さまと関われるのは、学生の間だけ。とても貴重な時間です。働き始めたらもっと忙しくなりますが、どんなに忙しくても心にゆとりを持ち、患者さまやご家族、周りの人たちに手をさしのべられるような看護師でありたいです。
酒本陽平 看護学科3年

ページトップへ ▲