埼玉医科大学総合医療センター

薬剤部

調剤室について

医師の発行した処方箋に基づき,患者さんのお薬を調製(調剤)する部署です。

外来を受診される患者さんへ

    1) お薬のお渡しについて

    準備が整いましたら薬剤部『お薬お渡し口』の上のプラズマディスプレイにお薬引き換え番号を表示いたしますので,窓口に引換券を提出し,お薬を受け取りください。

    2) 注意事項

    お薬の一包化(一回量包装調剤)錠剤の粉砕,軟膏剤の混合等を必要とされる患者さんのお薬の調剤には時間がかかることがあります。手帳シールの希望,お薬について詳しい説明を希望される方には「お薬説明コーナー(薬剤部時間外窓口)」にて説明をいたしますので,薬剤師にお尋ねください。

私たち薬剤部員の安全・安心な調剤への取り組み

調剤過誤撲滅のためのPDA(Personal Digital Assistant)の利用

 医薬品の梱包や包装にあるバーコードと処方データとの照合により,正確な取り揃えを実現しています。

作業空間の5Sの推進

 5Sとは整理・整頓・清潔・清掃・躾(しつけ)です。効率的で効果的な業務が行うことができるよう日々,調剤室内の環境作りを行っています。

患者さんのお薬待ち時間を短くする努力

処方箋調剤の進捗状況をモニター等で把握することにより待ち時間の短縮を心掛けています。

患者さんとのお薬交付時の協働確認

 当院では病院全体でチーム医療を実現し,医療安全に取り組んでいます。患者さんもチーム医療の一員であり,最終確認者です。一緒にお薬交付内容の確認のご協力をお願いします。

薬薬連携の強化

 薬薬連携とは,病院薬局と保険薬局との連携のことです。院外処方箋の普及により,地域の保険薬局との連携を強化しており,定期的な情報交換や勉強会を行っており日々の疑問や問題解決に取り組んでいます。

明るい職場つくりと薬剤師としての資質の向上

安心・安全なお薬を提供するために明るく働きやすい環境作りと,研究や勉強に努めています。